A2Z (講談社文庫)

  • 2795人登録
  • 3.54評価
    • (258)
    • (333)
    • (754)
    • (45)
    • (22)
  • 371レビュー
著者 : 山田詠美
  • 講談社 (2003年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736237

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 詠美
山田 詠美
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

A2Z (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 夏美の感情は少し理解しにくく、主人公ではない一浩の方が何故か入り込めた笑
    あんな夫婦、なりたいような、なりたくないような…
    恋愛小説は初めて読んだけど、ちょっと期待と違った。また、数年後に読んでどう思うかかなー。
    それにしてもa2zの英語は要らない。

  • こういう自由なカタチもあっていいんじゃないかなあと思う。人は恋する生き物で、一生のうちのちょっとの期間だけ色んな人と恋が許されて、残りの人生一人の人とだけずっと向き合うなんて本当は難しいのかも。

  • 途中までは何となく読みにくく、あのアルファベットもいらないなー、と思いながら読みました。でもだんだん一宏と夏美の関係が心地よく感じてしまって。こういう夫婦の形もありだな、と思い始めてしまいました。不倫、というにはちょっと違う、単純に興味を持ったから、好きになった、みたいな存在っていいんじゃないのかな、ありえるんじゃないのかな、と思いました。

  • 恋に溺れて馬鹿になっている姿が、幸せそうなのにずっと切なさが付き纏っていて、読みながらなんだかずっと悲しくて泣きそうだった。なんなんだろう。

  • 文章のかんじが苦手だったけど最後は切なくてよかった。
    慣れが必要な文章だったのか?

  • 仕事、夫婦、恋人と自分との関係をこんなふうに書いた小説があったなんて。夫に恋人がいても身についてしまっている夫婦間の小さな気遣い。自分がいかに現状の関係の上で傲慢か気づかされた。世間的にどうのではなくあくまでも二人の関係を気づいている主人公夫婦は素敵だった。山田詠美の良さがこの年にしてやっとわかった作品だった。

  • 設定はW不倫なのに、大人の恋愛だから?さらりとしすぎだと思いました。
    一浩はマザコン、夏美の潔さは計算に裏打ちされたものに感じられ、どのキャラにも感情移入ができず★2つにしました。

  • 恋愛ものの感想は、、自分の恋愛体質を赤裸々に告白するのと似てるので。。
    深くは突っ込まない程度にʬʬʬ

    文芸編集者・夏美は、年下の郵便局員と恋に落ちた。
    同業者の夫・一浩からは、恋人の存在を打ち明けられる。

    あっけらかんと恋人の存在を打ち明ける夫にポカーン。
    でも別れてくれという告白では無い。
    友達夫婦。仲間夫婦。というスタイルというべきか。。

    同業者の夫かぁ。。
    仕事が特殊であればある程、同業者とは結婚したくないなぁ。。

    大変なとこも分かってはもらえそうだけど。
    自分の甘さも分かってしまうと思うし。

    ある程度、その辺りは分からないからこそ良いような気がするんだよね。。

    だから、主人公の夏美が全く別の世界の年下の男の子に恋に落ちる気持ちも何となく分かる。

    色んな愛の形。大人の恋です。

  • 長く一緒にいる相手を「空気みたいな存在」と表現することがあるけど、夏美と一浩の夫婦もそんな感じなのかな。でも、愛情の質が変わったことに対して悪足掻きをしているような印象を受けた。お互いに必要としていて、別れる気なんてないのに、別の若い恋人に惹かれてしまう。慣れ親しんだ相手とは違い、新しい恋は新鮮だけど、恋人との間の愛情の質もいつしか変わるもの、それをAからZまでの単語を使って表現していたのが面白かった。
    山田詠美さんは初読み。恋愛小説が好きで読書歴も長いのに、どうして今まで読まなかったのか不思議。
    恋愛における甘く浮き立つような気持ちがストレートに伝わってきて、読みやすかった。別の作品も読んでみたい。

  • アルファベットのAからZまでの言葉を並べ、1つの恋愛の始まりから終わりまでをたどる。

    主人公は35歳の女性で、働き盛りの文芸書籍の編集者。同業者の夫には愛人がいて、自分にも年下の恋人がいる。どろどろぐちゃぐちゃ、もしくは安っぽい絵空事のドラマになりそうな特殊な設定だが、これほど嫌味なくさらりと書けるのは、作者ならではだろう。
    何より主人公のキャラクターが魅力的。
    恋愛も仕事も夫婦関係も、常に純粋にいいものを追い求める。世間一般の形式的な枠には収まらずに突き進むところは、大人なのか子どもなのか。夫が愛人と別れたら、バランスが崩れてしまうのも、妙に納得できた。

    作品全体には、山田詠美ならではの物事の本質をつく言葉があちこちに散りばめられている。漠然としか理解できていない様々な思いを、相変わらずずばりと表現してくれるところが小気味よい。

    ただし、これは子どものいない夫婦だからこその関係だ。こういう生き方を否定はしないけれど、一般人の私は主人公のように生きたいとも思わないし、こんな夫婦でありたいとも思わないな、やっぱり。

  • 夫婦でお互いに恋人がいる。
    それをお互いに知っても
    あんな風に過ごせるだろうか?
    ちょっと現実味のないお話でした。
    初めての作者でしたが,内容的には面白く
    あっという間に読めました。
    この夫婦は,それぞれが好き勝手なことしてたけど
    お互いを認め合い,尊敬してるところがすごい。
    夫婦のあり方を考えさせられました。

  • 結婚は契約である。
    でも、関係を表すなかで"夫婦"というものは、必ずある。
    不倫が善か悪か、という話ではなく、夫婦について考えたいときに読みたくなる一冊。

  • 読みにくい文章だった。A〜Zが各章に入っているのが工夫したところなんだと思うけど、それって、必要だったかな?と。人の心情を書くのもあんまり上手くないし、最後は適当に成生と別れさせるし、浅い小説。

  • 不倫の話なのに、なぜだか素敵な夫婦の話のように感じられた。
    ラストなんて、特に素敵!!

    山田詠美さんの作品、もっと読んでみたくなった。

  • たった二十六文字で、関係のすべてを描ける言語がある。文頭に惹かれてレンタル。要約すると様々なかたちの割り切れない恋愛が存在する、大人には。って本。
    旦那・不倫相手・愛すべき仕事をする男性。あの人なら、誰を選ぶのだろう。

  • 不倫というテーマなのに、読んでいてイヤな気持ちにならなかったのはきっと共感できる部分もたくさんあったから。楽しいけど何処か割り切ったような、情けないような大人ならでわの恋物語。
    結婚して少し経った今、読むことができてよかった作品でした。

    少し言葉使いが荒いなと思う部分もあったけど、それがまた大人のきれいだけじゃない恋愛小説らしさかもしれません。

  • 友人みたいな夫婦がお互い離婚し合い戻って来る物語。
    恋愛の身勝手さや、大人の大人になりきれない感が描かれている。

  • 浮気相手も一人の人間だということを忘れて、ときめき、夢中になり、浮ついた気持ちで接していた。最期に、それら全てが激しい後悔に変わり、主人公は現実の世界に戻る。夫婦揃って、恋をしている人間の愚かな部分を見せつけてくれる。恋はしているけど、愛してはいない。恋愛初期の「会いたい」気持ちの強さと楽しさが鮮やかに描かれている分、その気持ちが消えたときの虚しさがすごい。

  • 「ぼくは勉強ができない」を読んで、秀美くんのお母さんが登場するという本書も手に取ってみました。

    なんていうか、表現がすごく良い。
    一応世間一般的には不倫というテーマにも関わらず、ユーモアがあって清々しい。
    夏美が魅力的過ぎる!
    大人になった今だからこそ読める小説だなぁと思いました。

  • 恋は落ちるもの。
    愛は育てるもの。
    上手く言ったものだなと、感心します。
    女はどこまでも現実的な生き物です。
    だけどたまには夢も見たくなる。

    月がクロワッサンみたい…は結構お気に入りのフレーズです。

  • 読了。
    A2Z
    山田詠美

    前から気になっていた山田詠美初。大人な恋物語で、正直すごい好きな作家さんに出会えたと思った。
    主人公の女性は浮気をしていて、夫も浮気をしていて、それでお互いに気づいているのに一緒に過ごす時間は変わらなくて。恋ってなんだ、愛ってなんだ、を山田詠美なりに考えて書いたんだと思う。男のシーンが1章ごとに交互に変わる書き方も面白かったし、最後の比喩がものすごくきれいな終わり方。
    恋の死について語り合うのは、大人になろうとしてなり切れない者たちの、世にもやるせない醍醐味だ。

  • さんかいめ。

    大人だからこそ、本気で真剣に恋に落ちる。
    通う恋。
    帰る場所がある愛。


    山田詠美の文章には、ほんと、震える。
    「寂しさは、恋を容易にするよ。」

全371件中 1 - 25件を表示

A2Z (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

A2Z (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

A2Z (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

A2Z (講談社文庫)のKindle版

A2Z (講談社文庫)の単行本

ツイートする