スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 7675人登録
  • 4.35評価
    • (1548)
    • (947)
    • (365)
    • (54)
    • (16)
  • 915レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2010年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765572

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本もきっと誰かにとっての「辻村ブランド」になるのだろう。

    学校と家庭が世界のほとんどを占める十代前半にとって、この二つに居場所を見いだせなければ、これほどつらいことはない。
    そんな時、息苦しい密閉空間に小さな窓を開いて風を通してくれるのが物語の存在だ。
    生きるか死ぬかの瀬戸際(比喩ではなく)に、あの本の続きが読みたい、次号の漫画が待ち遠しい、来週のアニメが気になる、やりかけのゲームをクリアしなければ、などが明日へのモチベーションになるというのは決して大袈裟な話ではないことを僕は知っている。

    古いかさぶたを剥がされ、むき出しの柔らかい部分をなぞるようなひりひりとした感触。
    そのかさぶたを集めて作った甲冑をまとい、血を流しながら行軍する赤羽環。
    暗く冷ややかな泉を湛えつつ空を仰ぐ狩野荘太。
    封印しながらも大切に抱えていた箱から、ようやく鋏を取り出す長野正義。
    はじめからわかっていた森永すみれ。

    苦手だと思っていた人々はいつしか気になる存在になり、やがて愛おしくなっている。どうでもいい人ならば最初から心に引っかからない。そういうものだろう。
    大人になったいまでは、アクロバティックな綱渡りを繰り返しながらもぎりぎり魂は売っていない(いや悪魔と契約はしているのか?)黒木がかわいく思える。
    千代田公輝はずっと格好良かった。

    何かを生み出す人(クリエイター)はそれだけで偉い。
    感想を言ったり、批評したり、あるいはケチを付けたり、そんな人達よりも圧倒的に偉い。
    脳みそを絞り、体を動かし、0を1にする。
    それだけで尊敬に値する。

    何の意図もなく書いていた物語でも、どこかの誰かの力になっている。もし作者がそれを知り肌で感じた時、その何倍の力を生み出すのだろうか。
    その力がリングのように巡って広がっていけばいい。
    世界は家と学校の往復だけじゃない。
    スタートダッシュは負の感情でもいいから、はやく大気圏を突破して太陽の光をエネルギーに代えてほしい。

    僕は誰に向かって言っているのだろうか。
    それでも、どこかの誰かに届いてほしい。

    (物語はもちろん素晴らしいが、ミステリとしても一級品だと思う。最終章の伏線回収は言うに及ばず、その他さまざまな「正体」を示唆する描写や表現の細かさに、上下巻を読み返してみて驚く。
    あと『とっても!ラッキーマン』を急に読みたくなったのは僕だけだろうか。)

  • よかった!の一言につきます。
    淡々と読み進めた上巻、あらゆるところに散りばめられた伏線を
    下巻では見事に回収され、その素晴らしさに一気に読みぬけました。
    さすが!!辻村さん。

    コウちゃんの環に対する、無償の愛っていうのかな、不器用なんだけど必死なところがなんとも愛おしい。環のコウちゃんへの思いも、これもまた不器用なんだけど一途で、後半は読んでいて涙がポロポロこぼれてきました。

    スロウハイツの住人もみんな素敵で、スーと環の関係もすごく好き。
    こんな女友達っていいなぁと思う。

    愛がいっぱいつまった本でした。人を愛するってことはなんて素敵なことなんだろう♫とあらためて感じました。
    下巻を読み終わったうえで、もう一度上巻から読み直したくなります(#^^#)

  • 前半少し重いのは辻村深月作品の特徴だろうか。
    文庫で言うと上巻の終わり、下巻の始まり辺りから急に読むほうが勝手にスピードアップする。
    一般道から首都高速に乗り、そこから彼女の故郷である山梨へ向かう中央高速に入ったかのように。
    60.70.80.90キロ、加速は増してぶっちぎり150キロのスピード感で先が読みたくなる。
    そして最後は何とも言えない爽やかな読後感と感動の涙。
    涙はもちろん、ラストに近づくに連れて徐々に溢れ出してくるのだが。
    今回もこう来たかと……。分かっていても瞼の裏が熱くなり始める。
    この本で言えば、十章「姉を語る」から最終章「死にたかった」とエピローグまで。
    普段、面白かった本でもすぐに読み返したりはしないが、これは十章に戻って、また最終章とエピローグへ、それを読んでさらにまた十章へ。
    何度繰り返したか分からない。というよりも毎晩のように読み返した。
    同じスタイルで。それでも涙が零れる。
    この本は、もう”素敵な物語”としか表現のしようがない素晴らしい小説である。
    本を読んだ後に幸せな気持ちになれる数少ない傑作だと思う。
    辻村深月さん、あなたは天才だ。
    ちなみに「名前探しの放課後」も十章からエピローグまで、時々読み返します。
    こんな作品をどんどん書いてください。

  • こんなに豊かな感情を内に秘めて人は生きているのだったか。
    上巻の素っ気なさにまんまと騙されていた。
    こんなに純粋で深い恋の物語だったなんて。
    いや、恋ではなく愛かもしれない。
    (こんなありふれた言葉しか出てこない自分が情けない。この言葉がこの本の価値を下げませんように)
    自分の想いが届かなくても、相手が知らないままでも、そんなことよりも一心に願うのは相手の幸せであり、笑顔だけ。
    コウちゃんの回想を読んで、嬉しくて涙が出た。
    なんて素敵な物語なのか。
    こういう物語があるから夢見る夢子さんをやめられないのかもしれない。(本のせいにするなと怒られてしまうかな)

    上巻のレビューに書いた「心温まる兆しはない」の言葉は撤回します。
    薦めてくれた先輩に感謝。

  • 好きな人のために生きている。
    好きな人がいたから生きた。
    決して、想いを伝えることはなく、
    遠くから、近くから、そっと見守ることしかできなかった。

    『スロウハイツの神様』(辻村深月)は、そんな不器用な人たちの恋のお話だ。


    大きな声で言いたい。
    お願いだから、上を読んだらすぐに下を読んで欲しい。
    上巻はこれといった大きなイベントもなく、展開もなく終わる。
    不満気に下を読んだらどうか。
    こりゃおどろいた、と散りばめてあった話が、一気に一つにまとまるのであります。
    下のスピード感は半端ないです。


    最後の、コーキの「お久しぶりです」。
    この言葉に、この物語の全部が詰まっているような気がしました。
    すごく感動した!


    何かに一途に打ち込むことって、私はこれまでなかったし、
    今後も縁が無いものだとおもってました。
    しかし、夢を追う彼らを見て、彼らがすごく格好よくって、
    すごく、羨ましい。
    彼らのように、追われるように、ひたむきに、
    頑張ることも悪くないなぁと思いました。



    それと、理帆子さんがでてきました。
    大人の理帆子さん、いい働きをしています。
    彼女は、もう、少し・不在じゃないのでしょう。

  • 伏線の回収されっぷりが気持ち良い。コーキの天使ちゃんと神様と。不器用で、まっすぐで、強く、優しい人たち。

    下巻まで読んで良かったです。

  • すごいもん読んだ!!!と,読み終えたときに思わず言ってしまいました。最後の最後で,全てがつながる。読んでいる途中から,それまでの伏線の多さに驚いてばかりいました。後半の駆け抜けるような展開。でもキャラクター1人1人のストーリーや心情が丁寧に描かれていて,息が止まりそうなくらいドキドキしたり,切なすぎて泣きそうになったり。正義の言葉を借りて言えば,本当に退屈しません。とても楽しかった。登場人物の誰かが自分の友達で,その話を聞いているような感じがしました。物語が終わっても,みんなのその後をつい想像してしまいます。そして,心から応援したい!

  • 私が読んだ本の中で一番、とびきり、大好きな本。
    一度読んでから是非とももう一度読んでほしいなと思います。
    実はたくさんの伏線があって、再読するとそれに気が付いて「ここでも実は!」という場面が多々ありました。

    最終章はもう何度読み返したか分かりません。全ての愛情がこの章に込められているような気がします。愛は執着、その言葉がずっしりと心に響きました。愛の形は人それぞれだけど、確かに執着しない愛は少ないかな、と思います。

    コウちゃんは相変わらずかっこいいなあ。

  • 私は本を読むのが好き。映画を観るのも好き。絵画や音楽も好き。大切にしている作品もいっぱいある。
    だけど、ある作品(本であったり、映画だったり、絵だったり、歌だったり)によって、自分の人生を左右された憶えはほとんどない。もちろん、『あの年齢』のときに『あの作品』に触れていなければ今の自分は存在していないという、そんな思い出がある筈もない。
    作品に触れて感じるのは「好きか嫌いか」「面白いか(印象的だとか、魅力的だとか、興味深いとか、感動したとか、そんなものみんな含めて)否か」それだけ。
    理由を考えてみる。私の感性が鈍いのだろうか。冷めているのかもしれない。そしてもうひとつ。それは、私が何かに救いや心の拠り所を求めなければならないほどの辛い思いをしてこなかった。家族やまわりの環境に恵まれ、平凡ながらも幸せな日々を送ってきた証なのかもしれない。この本を読んで、ふとそんなことを思った。

    構成・展開もうまく、良い作品だ。
    丁寧に綴られ、そしてクライマックスに近づく第12章~最終章では、コウちゃんと環の互いをそっと思いやる深い想いに、心が震え、胸が熱くなった。
    いつか再び、今度はもっとゆっくり読みなおしてみよう。
    この本を読むきっかけをくれたのはブクログのお陰。感謝!

  • 「なんなんだこの本は!!!」
    というのが読み終わった直後の感想。

    悔しい。本当に悔しい。

    この本でこんな感動が待っていたなんて(>_<)!!

    涙が止まらなかった。

    人はこんなにも誰かを思いやることが出来るんだって温かい気持ちになれた。

    感動させられて、涙が止まらなくなって、切なさと優しさ・温かさをくれた本でした。

  • すっごい良かったです!!
    ってかこういう話だったんだ ってびっくりしましたけど・・・
    こんなに泣ける話なの?聞いてない~(ノ◇≦。)

    これは、伏線たっぷりで、読み終わってすぐにもう1度読みたく
    なるタイプのお話ですね~。
    「あ~、あの時のあれはそうだったの!!」
    「その時も??」みたいな楽しさが満載です。

    みんな素敵だわ~。
    残虐な事件から始まり、辛い出来事や悲しい出来事もたくさん
    書かれています、でもこれは優しさのいっぱい詰まったお話でした。

  • あーーもーーーーーー
    すごいよ、辻村深月!!!

    いっぱい書きたい事あるけど、最後の公輝の回想でもう・・・!
    なんてすごいんだ、
    コウちゃんも環も一体どんな想いを抱えて生きてるんだ、
    どんなにしんどい生き方してるんだ・・・

    ファミリーポートレイトにしろスロウハイツにしろ、本を愛していて、本に生かされて、
    本と、物語と共に生きてきた人にしかわからないこの何とも言えない想い、
    創り出す人にしかわからない苦しみ、
    でも創り続けるしかないこの人たちは自分を削ってあたし達を救ってくれてる。

    正義の強さも狩野の優しさもすみれの弱さも環の欺瞞も
    コウちゃんの苦しみも黒木の鋭さも、全部不完全でいい、だからもたれあう。

    すごい、すごいよ。
    こういう本にあたしは生かされている、
    だからあたしはここまで生き長らえている。

    「その時に、死ななくてよかった。
    チヨダ先生の本を読んで、生きててよかった。」

    その通りです。
    ほんとうに。

  • 好きだ!これ!
    と、読み終わって思った。

    上巻を読んで「夢」がテーマかなと、思ってた。下巻で「愛」が絡んで、乗っかったかんじ。幸せな気分になった。

    あんまり、同じ作家を追って読んだことはないけど。環がそうだったように、これからは辻村深月にはまりそうだ。というか、はまりたい!こんな幸せな気分になれるなら、今すぐ全巻揃えたい。

  • 上下巻読み終えての感想は・・・上巻の最初の方は正直たいくつな話だな?って思いながら読んでました。でもダラダラ読んでいくうちに、半ばあたりから『お!』と思うくらい面白くなってきた。後はもう下巻まで一気読み。なにこれ!なんて素敵なお話なんだろう!コーキ視点の話で思わず涙><上巻での伏線の数々が下巻で全て回収!感動ものだ。環のコーキを想う気持ちが、コーキの環を想う気持ちが心に染みて、読み終えた時はしばしボー然。こんな素敵な本と出会えてよかったと思った。

  • 展開は予想の範囲内だし相も変わらずコウちゃんと黒木さんだけが癒し。でも、環のスーの友情のあり方がよかった。環のコウちゃんへの、畏敬と恋が綯い混ぜになった想いが、コウちゃんを掬いあげるところがとてもよかった。実はこうだったんだよ、系の話なのに面白い。あらすじ書きで伝わるならそれは小説にする程のことではない、みたいな文を前どこかで読んだけど、スロウハイツの面白さはまさしくそういう、あらすじで伝わらない面白さ。

  • ああ、もう良すぎてどうしよう。心臓バクバク、胸がドキドキ(あれ?一緒かな)。上下巻を読み終わるとあらゆる文章の無駄の無さに驚かされる。全てが温かく奇跡的に繋がってる。すごい。当たり前すぎてなかなかいわないけど、創作者って本当にすごい!と思いました。それはもちろん辻村さんに対しての言葉であり、スロウハイツの住人達に対しての言葉でもあり。 久しぶりにこんなにのめり込んで夢中になりました。普段再読はめったにしませんが、この物語は絶対します。

  • 上下巻読了。
    上巻はまったり読んでいたけれど、下巻に入ってぐいぐい引き込まれた。
    好きなことに没頭出来る幸福。
    実を結べない苛立ち。
    一線を越えられた者と越えられない者。
    消化出来ない心の陰。
    痛ましくもある虚勢。
    若者の心の動きを丁寧に描いているので、時には共感し、苛立ちながら読み進めました。
    そして最終章にはやられました。
    張られていた伏線が、隠されていた真実を明らかにしたとき。
    涙無しには読めなかった。
    ああ、あれはそういう事だったのかと。
    素敵な作品です。
    これは再読したい。
    チヨダ先生の『V.T.R.』も読んでみたいです。

  • 「ラストスパートがハンパない」

    <マイ五ツ星>
    記憶力:★★★★★

    <あらすじ>-栞&ウラ表紙より
    人気作家チヨダ・コーキの猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人事件。
    これを境に筆を折り、闇の底にいた彼を、少女からの128通の手紙が救う。
    事件から10年、アパート「スロウハイツ」では、オーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちがそれぞれの夢を持って共同生活を送っていた。だが、新たな住人となる謎の少女の出現で、彼らの時間は思わぬ方向へ動き出す……。

    <お気に入り>
    …彼が「大丈夫です」と大袈裟なガッツポーズを組んだ。痩せた腕でやっても、笑い出しそうなほどかっこ悪い。だけど、それは、自分たちに拍子抜けするほどの安心感と存在感を与えてくれる、この上なくかっこいい仕種だった。
    「大丈夫。みんなでやれば、絶対に終わります」
     これが、うちの手塚治虫なんだよな。

    <寸評>
    なんとあたたかい物語を書くのだろう。

    著者・辻村深月さんの作品は、巧妙に張り巡らされた伏線や他作品とのリンクなどのミステリ要素が楽しめるのはもちろんであるが、読んだ後は、いつも包み込まれるような愛を感じる。
    “上手さ”だけでない“心”がある。

    文庫5作目となる『スロウハイツの神様』は、前4作とは異なり、登場人物が死傷するような事件はない。脚本家として成功を収めつつある環をオーナーに、児童漫画家を目指す狩野、映画監督志望の正義、画家の卵のスーなど、それぞれの夢を持ったクリエーターたちが、共に生活する「スロウハイツ」を舞台に、憧れであるカリスマ作家チヨダ・コーキを間近に見る幸福と刺激の中で、時に苦悩し、時に衝突し、時に協力し、それぞれの成長を遂げてゆく、若者たちの物語である。

    まさに現代の“トキワ荘”で、六者六様(?)の、創作への思い、熱意が交錯する。
    読者はそれぞれ“お気に入り”に出会い、時に自分を重ねて期待し、失望し、熱くなり、悲しみを共有する。
    そして、根底では常に愛がスロウハイツをまるごと包んでいたことを知ったとき、読者はあふれる涙を抑えられないだろう。

    今回も、定番となったお得意の“他作とのリンク”も健在で(ただし本作が初読みでも何ら問題はない)、また謎解きの好きなミステリーファンの要求にも堪え得る“伏線→回収”も見事である。
    だが、それだけではない。ミステリーファンならずとも、あたたかい物語が好きな方にも満足いただける作品である。

    物語はあくまで淡々と進む。大きな事件というものは無く、「スロウハイツ」の名のままに。だが、その中にはたくさんの宝石が隠されている。ものすごいラストスパートとともに読み終えた時、きっとそれら一つ一つが、まばゆい、そして優しい光でキラキラと輝いているはずである。

  • 上を読んだときと下を読んだときとでは、環の印象が全く違った。
    環みたいな、人を見下した態度はどうなんだろうと思ったけど、環には環なりの苦労と弱音を吐かず耐えるだけじゃなくコーキを好きだというぶれない強い気持ちを持ってたからこそ、他人にもあれだけの態度が取れるんだなーと。
    死にたかった時、環はコーキの文字に支えられ、コーキは環の文字に支えられて生きてきたんだなーと思うと切なくてドキドキした。
    二人の想いと努力が、お互いに遠慮なしで伝わればいい。
    ところで、一番喰えないのは黒木でも莉々亜でもなく間違いなく狩野だと思う。
    ひっそり2年も環になにも言わず桃花と付き合ったり、コーキのレディマディを越える小説を書いてたり、一緒に住んでるのに自分のことを語らなさすぎて怖すぎる!!

  • なんて素敵な読後感だろう。
    爽やか~。
    こうちゃんの回想のとこで、もう、わぁ~っ!!ってなった。わぁ~!!!!って。
    やっぱり、嘘つけない人なんだね。
    あぁ~、良かった!

  • 初めての辻村作品。夢を目指している若者のお話に一見思えるが、私には『愛』をテーマにした、愛に溢れた物語に感じた。それぞれの登場人物が、それぞれなりの様々な愛情を分けたり与えたり受けたりしながら仲間と住んでいるお話。その愛を偽善ととることは、とても荒んでいるように思う。それは主観的な正義を振りかざす政治家のようにダサいことだと思う。
    一つ分からなかった所があって、正義がなぜ幹永舞の正体を分かったかのか?Can ableのところ。。。他の方のレビューに、辻村さんは登場人物の『名前』に伏線をはったりすると書いてあり。。。あっ!なるほど!やられた!もう一回読もう!と思いました(笑)
    そしてこの本のメインストーリーである『コウちゃん』の復活までのお話。伏線の回収も全てしてくれますが、
    ここがね、もうね、たまらないんですよ。胸が苦しくなるくらいに。愛に溢れていて。カフェで号泣です。
    もちろん環も正義もスーもエンヤも狩野も黒木も拝島もリリア(こいつは自己愛)も、愛に溢れる人物だけど、コウちゃんは別格。そう。『トキワ荘』に一人だけいた手塚治みたいな感じ。
    最後はね、それぞれがそれぞれらしく終わります。うん、面白かった!オススメです!

  • (読み続けるのを)どうしようかな
    と 思いつつ 20ページほど読み進めた頃
    から
    おっ これは…
    と なってきた

    そして 80ページを過ぎた当たりからは
    それはそれは 楽しく
    文字通り 時間の観念を忘れて
    ページを繰るのも忘れてしまうるぐらいの
    読む楽しみを満喫させてもらった

    不器用は素敵だね
    うまく自分のことを表現できないことは
    こんなにも素敵なんだよ

    こんなこと
    小説でしか表現できないことかもしれない
    と 感じてしまいました

  • 辻村深月『スロウハイツの神様』を読了。辻村深月の作品はこれが初めてだった。

    正直、ここまで感動させられるとは思っていなかった。危なく涙がこぼれそうになってしまった。

    オレはドラマとか映画みたいな、映像化作品には比較的感情移入しやすいのだが、活字で泣きそうになるというのは初めてだったから自分でも驚いた。かなりいい作品である。

    メインの登場人物はスロウハイツの住人たち。小説家に脚本家、漫画家の卵に映画監督の卵、画家の卵等々。一人ひとりの物語がすごくいい。中には壮絶で生々しいものもあるが、それもまた感動できる。

    文庫は上下巻構成だが、上巻の本当に何気ない台詞すらも伏線になっていたりして、それらが下巻で解き明かされていく感じが堪らない。こういうところに少しミステリらしさを感じた。

    『スロウハイツの神様』は青春ミステリも悪くないと思わされた作品。それどころか、心が洗われるようですごくよかった。

  • とても感動した。物語から、解説まで。泣きじゃくる類のものではなかったけれど、それは感動の度を下げる目安ではない。この作品をとても好きだと言う人が沢山いることがとても納得できた。

    加々美莉々亜の正体と思惑。鼓動チカラの正体と利用価値。ダークウェルの原作者の正体とその成り立ちの情けなさ(笑)スーの自身の依存癖はの共存の道筋。正義のデビュー作で断ち切ったことで守ったもの。狩野の夜の校舎の屋上で見上げた空、浮かんだ月、包み込むような雲の柔らかいうつくしさ。環のこれまで、そこにあった書くことへの一番核になったもの、それが連れて行ってくれるこれからの彼女の片鱗。そして千代田公輝のありったけの祈り。

    物を作るのは苦しい。作らない苦しさよりましなだけで。自分の中をかき回し、あらゆる考えを飲み込んで、託された世界を、物語を、命のぬくもりを、ただ必死に触れられる何かへつないでいく。
    作家は神様じゃない、物語を託された奴隷のようなもだと思う。自分でその地面を選んだ。縛り付ける鎖は自分の真実だけだ。
    いろんな作家がいるけれど、人格破綻者もそれはそれはいるだろうけれど、そんなの当り前だ、世界を愛しているのに、愛されていることを知っているのに、自分以外ではいられない。愛の下敷きのない作品はない。私はそう思って生きてきて、この物語に出会えてよかった。

  • 辻村深月はやってしまった。

    拍手。


    すばらしいです。



    ありがとう。本当にありがとう。

    僕はとても、大好きでした。

    彼女がなかの人物たちに与えた答えも、それに至る描写も、明かせない過去も。

    大好きでした。

    涙が出ます。

    正直、大枠は読めるかもしれない。
    でもそれがわかったからと言ってなんだろう。
    テレビも、ケーキも、そしてあの空も。

    すべてに意味がある。

    世界は自然に、成り行きでできているのではない。
    誰かが強い意志を持って為したことが現象を生み、その折り重なったものが世界をつくる。

    本当に本当にありがとう。
    私はこの作品があるから、いつまでも、上を見て生きていけます。

全915件中 1 - 25件を表示

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)に関連するまとめ

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)の作品紹介

莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)のKindle版

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)の新書

ツイートする