文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

  • 1757人登録
  • 3.69評価
    • (117)
    • (235)
    • (192)
    • (46)
    • (7)
  • 229レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2012年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (466ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062773515

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずっと気になってたタイトル。作家に疎い私でも京極さんの名前は把握してたし、凄い文才のある作家だって事も感じてた。でも如何せん書店の陳列棚に鎮座する文庫本でも圧倒される分厚さに尻込みしちゃってなかなか手に取る事が出来なかった御方。このボリュームならばと・・・。
    本作は会話が中心からか、いや、中断する時間が惜しい位に引き込まれて飲みの誘いを断ってでも読書を優先したのは初かも。
    読了して暫く放心した。改めて京極夏彦スゴい…。後味は決して良くはない。でも何を伝えたいのかとか上手く言えないけど感じるものがあった。
    食わず嫌いせず、京極堂の住む世界も見てみたいと思う。

  • 死ねばいいのに。
    私が一番嫌いな言葉です。
    軽々しく口にしていいことではないし、思うだけなら自由ってもんでもない。
    本当に「そう」なってしまった時に言霊の可能性に震えるくらいなら一生その口を閉じてろ、と思う。
    その大嫌いな言葉をタイトルにしている本書。
    さぁどんな内容よと挑むような気持ちで読み始めました。

    ですが、結果的に私の完全な勘違いでした。
    ここでの言葉は、呪いでもないし、凶器でもない。
    単なる提案でしかなかった。
    つらい。苦しい。もうどうにもならない。じゃあ、「死ねばいいのに」っていう一つの提案。
    裏もないし、嘘もない。当然悪意もない。

    一人の男とある事件の関係者の会話を通して明らかになるのは、
    不満ばかりを言って何もしない私達の愚かしさ。
    本当に、死ねばいいのに。

  • ただ一言「ごもっとも!」
    素晴らしい本だが,とつぜん友人にプレゼントしたり,同僚の机に無言で置いたり,上司にお歳暮で送ったりしてはいけない。

  • 何気に初•京極さん!
    水戸黄門が覇気のない若者になって、「この桜吹雪が目に入らぬか」が「死ねばいいのに」に変わっちゃったみたいな。
    そんな気ないのに相手の懐にズンズン入って強制的に救済していっちゃうような。
    そんな短編集。
    うう、面白い…

  • 痛快。一気に読み進めてしまった・・・。

  • 衝撃のタイトル。文庫化ということで即購入。
    確か京極夏彦さん初の電子書籍というアオリにこのタイトルで、出た時はたまげたもんです。

    最後の最後、健也の告白というか語りでズドンと衝撃を受けた幕引きでした。

    健也との会話で、内面がボロボロと露見していく。人の嫌な部分を見る思い。狂言回しになんだか騙されたような気になりながらも、巻き込まれ引き込まれ、語りに落ちてしまう。最後の最後は憑物落としになっているのかな。

    死んでもいいや、現状で死にたい、と思えるくらい幸せな状況って、何なんでしょうね。私も現状に大いなる不満はないけどねえ、亜佐美のようにはなかなかなか。

    にしても、なんだか珍しく生きることへのエールというか、説教というか、なんだか読者たちの人生へのメッセージがあるように感じましたね。タイトルほど内容は暗く重たくはなかったですし。

    仕事してだいぶ経ちますが、失敗して怒られても、「なーにタマ(命)までは取られないよ」と思えれば、何とかなるもんですよね。死ぬほどでもないと思えれば幸せなもんです。
    ま、このように読書を満喫できるってこと自体、幸せなのでしょう、わが人生。

    表紙のオブジェ、菩薩なのね??特に関連も解説もなかったけど・・・救済のお話だったと思えばさもあらん、か。菩薩らしからぬ造形にお見受けしましたがね。

  • 待っていた文庫化。
    衝撃的なタイトルの本作「死ねばいいのに」
    ケンヤの軽い口調が、物語のアクセントになっていて決して楽しい話ではないのに読むのが止まらなかった。
    人は愚痴愚痴と文句をいう。愚痴を言う。あっさりとタイトルの言葉を言うケンヤが怖くもあった。
    まるで自分に言われてるみたいでどきりとした。
    ラストも驚かされた。

  • どうなんだ。
    どうなんだ、これは。
    なんなんだ。
    なんなんだ、これは。

    としか言えねえ。

  • 「死ねばいいのに」

    もう、このインパクトのあるタイトルで、言ったモン勝ちだろう。

    どういう状況で、こんなことが言えるんだろう?

    死ねばいいのに、ってどういうことなんだろう?

    「一人目。」「二人目。」と進むうち、噛み合わない会話から何となく見えてくる、人間の本性みたいなもの。

    そして、「五人目。」のラストでぶっ飛んで、「六人目。」で、「死ねばいいのに」の意味が理解できた。

    だから「菩薩」なんだねぇ。

    いやぁ、いろいろな意味で、ぶっ飛んだ内容の小説だった。

  • 今さらながら読みました。しかし京極作品は漢字が難しい…。面白いけどね。なんとなくだけど、6人目はナシでもいいよ、って気もしたな。でも作品自体に引き込まれる感はハンパないですね。

全229件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)に関連するまとめ

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)のKindle版

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)の単行本

ツイートする