バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 916人登録
  • 3.69評価
    • (128)
    • (114)
    • (247)
    • (17)
    • (2)
  • 103レビュー
制作 : 山田 風太郎 
  • 講談社 (2003年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063461978

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 美形キャラも異形キャラも同じくらい魅力的な絵で描かれている。
    美形だけ描くのが上手い人や異形の人間を描くのが上手い人は多いけど、せがわまさきさんはどちらを描くのも上手。

  • 忍者10人対忍者10人の戦い。

    人じゃないと思う。

  • 最初気色悪い絵を描く人だなぁと思った。
    地虫十兵衛のデザインなんて常人には思いつかないもの。
    女の子は凄くかわいい。

  • 山田風太郎氏の原作がハイクオリティな漫画の世界に!奇怪な風貌の忍達はまさしく魑魅魍魎の類い。 奇想天外な術者たちの命を賭けた熱い戦いは息を呑む程の迫力で、読み出したら止まらない。せがわまさき氏による繊細で耽美な画風とのコラボレーションは、妖艶かつ悲壮感溢れるその世界観を存分に描ききっている。

  • 忍者対忍者。
    忍者っていうかもうこの人達完全に化け物じゃないですか。

  • 20140803 1~5全巻 読破

  • 和風能力者バトル。ハンターハンターで言えば旅団VS旅団みたいな感じ。如月左衛門の変装能力が地味やのにかなり強いのが現実味があるよね。実際一番便利そう。簡単にガンガン重要キャラが死んでいくのがいいよね。NARUTOみたいに死ぬ直前に急に脇役に不自然なスポットライトが当たるのはなんかね。いやだね。簡単にあっさり死ぬのがいいよね。アヴドゥル!ナランチャ!

  • まあつまらなくはない。

    キンドルストアで1巻が99円だったんで思わず読んでしまって。ついつい2巻も買ってしまった。そんで全5巻で完結するって言うんで一気に5巻まで買っちゃったよばかやろう。

    99+525*4で2199円か。

    そもそも俺は全然漫画を買わない。500円の文庫本小説を1冊買うのと、500円の漫画を1冊買うのとでは、楽しめる時間が違う。小説読むのには僕は一日かかるけど漫画じゃあ1時間かからない。

    つまり、漫画は1時間楽しもうとした時に必要な料金が高いんですよ。そういうのがずううっとあるので漫画はできれば買いたくない。コンビニで立ち読みをする。

    けれど漫画はあたまつかわなくてよくてリラックスタイムにはとても良いのでまあ時々買う。けれど。も。

    キノッピーを使い始めて以降、以前では考えられないほど漫画を買うようになってしまった。電子書籍で。そんで、3巻まで電子書籍で読んで4巻がまだ電子書籍化されてなかったりしたら紙本を買ってしまったり。。。

    --
    バジリスクの話に戻るけれど。おっぱいを見たいがためにページを読み進めた。あと、伊賀甲賀それぞれの10人衆の技をみたくて。それだけ。

    でも5巻できちんと完結させてるところはえらい。それは小説原作ってのが大きいのかな。

    だらだら続く漫画が多い中、好感がもてる。

  • 今回は、私のここ最近で一番感動した「バジリスク」という漫画を紹介したいと思います^^

    ざっくり内容を話しますと、忍者の戦争です。だけどお互いの頭領同士が好き合っているんです・・・

    とてもせつなくなる内容なのです(´; ω;`)ウゥゥ

    で、一番の見どころは、やはり忍法対決です。

    漫画なだけに、すごい技を個人個人がもっていて面白いです。

    それありなの?って技もちらほら・・笑

    最後に勝つのは甲賀忍者か・・はたして伊賀忍者か。

    ラストがやばいです

    ちなみにスロットもバジリスクⅡ でましたね~笑

    あ、後このバジリスクは邦画で「SHINOBI」として仲間由紀恵とオダギリジョーが出演でもやってました^^

    もちろんアニメ化もしてましたので是非観てもらいたいです!

    なぜかって・・それはアニメのOPもEDも曲が神だからです(私的に)

    気になった方は是非チェックを!!φ(・ω´・ @)

  • 絵が濃くてかっこいい。まつ毛と眉毛がみんな濃いけど、それがなぜかかっこいい。原作も読んでみようかな。

  • 伊賀と甲賀の忍者同士の戦いが凄まじい
    この忍者たちの結末がいつ何回みても号泣する
    個人的に蛍火が可愛くて好きです。

  • アニメが最高に面白かった。
    山田風太郎の原作と共に漫画も是非読みたい。

  • 原作に忠実に丁寧に描いている

  •  甲賀忍法帖です(原作は読了)

     一話のラストのふたりのシーンがよかった(主人公じゃない方ね)

  • 題名が上手いよね・・・。
    やられました。

  • ☆3:山田風太郎おそるべし。。。
    5巻完結

    感想:原作は小説です。小説はくの一忍法帳しか呼んだことないんですが、漫画も結構よかったです。個人的な好みで☆3ですが、時代劇+グロ(et無限の住人)は苦手分野なので☆3は好きな人にはもっとよく感じると思います。何より、話の進み方がテンポよくてバンバン死んで行きます。しかも、技が奇抜で意外な死に方をすることが多く術系忍者!!感じものすごくします。ボリュームちょうどいいので読んでみる価値ありです!原作は尚○

    紹介文:伊賀忍者と甲賀忍者は歴史的な対立の一族同士。しかし、服部家の「不戦の約定」に両一族は恨みながらも戦えずにいた。これでは駄目だと、両者の仲を決定的な物にするために、両一族の次期長同士が結婚する話が進んでいた。ところが、徳川家では3代将軍を竹千代(家光)と国千代(忠長)の家督騒動が起きていた。流血無しに決着をつけるべく、伊賀は竹千代側、甲賀は国千代側として、互いの忍者10人づつを戦わせて勝ったほうに家督を継がせることを決めた。結婚間近の二人をよそに伊賀と甲賀の戦争が始まった。

  • 好印象。中だるみせずに綺麗に終われてる。

  • まだどっちがどっちの派閥か把握できてない

  • 二時間もあれば読み終わる。読みやすいね。
    伊賀と甲賀の潰し合いと、それに翻弄される想いあった各頭目のお話。
    十対十での果し合いというシンプルさ、それぞれの忍術の面白さ、タイトルをそれぞれの残り人数をする辺りの凝り方など、かなり満足に値する内容でした。

    本誌でちゃんと読めば良かった…。今更読んでから面白いと思うとかなんたる不覚。

  •  絵が濃いせいで、友人に勧めてもあまりい反応返ってこないんだよな……絵で敬遠するのは勿体ないよ!!
    私は好きです。せがわ先生の絵。

     あ、でも逆に映画SHINOBIに感動した人はこれや原作小説は読まない方がいい。絶対にだ。

    【全5巻】

  • 全巻読破。忍者漫画の中でこういう発想はなかったです。映画よりは原作。アニメも楽しかったです。

  • 切ない、やるせない…けどまた読み返しちゃう。
    兄様大好きです。

全103件中 1 - 25件を表示

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)に関連する談話室の質問

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (ヤンマガKCスペシャル)のKindle版

ツイートする