ちはやふる(28) (BE LOVE KC)

  • 1013人登録
  • 3.97評価
    • (75)
    • (122)
    • (70)
    • (5)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063804744

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

  • 思いはそれぞれ。
    自ら考え、向き合うしか無い。
    最後の一年。みんな、頑張れ。

  •  千早3年生。全国大会東京都予選は、太一はもとより、千早抜きで戦うことになる。いや千早抜きで戦うことにするのだ。
     奏が男前である一方、机くんがいい女房役を。

     また、ヒョロがいい味。才乏しくともリーダーになれる場合あることを彼は体現してくれている。

  • 太一(たいち)の退部後、自らもかるたから離れていた千早(ちはや)に新(あらた)から届いた1通のメール。そこには千早と太一、二人と同じ場所で出会うためにチームを作るという新の決意が――。思いに突き動かされ、千早が向かった先は全国大会東京都予選。しかしルール変更や奔放な新入部員に、瑞沢高校かるた部はかき乱されてしまう。かるたを手放した時間が千早にもたらす罠とは? 仲間と戦う最後の夏。全国大会東京都予選で、千早が誓う夢がある!(Amazon紹介より)

  • 一緒にかるた部を引っ張ってきた太一の退部という事実を受け入れられず、自身も休部してひたすら受験勉強に専念していた千早。おそらく彼女は、これを機にかるた部から抜けようと思っていたに違いない。しかし他の部員が一生懸命に活動している様子を目の当たりにした彼女は、やっぱり自分にはかるたしかないと思ったのだろう。東京都予選直前に電撃的に復帰を果たしたが、休部していたブランクは大きかった…。創設者不在の状況というハンディを克服したかに見えるかるた部メンバーだが、太一が抜けた穴はやっぱり大きかった…。メンバーは短期間でそれなりに成長しているが、それが「チーム」に還元されていないのがもどかしい。実は、千早は「かるたバカ」ではなく、ちゃんと勉強すればそれなりにいい成績がとれる生徒だということが判明する巻だったりする。

  • 千早が戻ってきた。

    仲間と戦う最後の夏。
    そして、これからずっと続いていくであろうかるた部。

    あとは太一だけ!

  • かなちゃんのまつ毛が!

  • 瑞沢厳しい!がんばって!

  • どうなることかと思ったかるた部.これから一気に巻き返しなるか.

  • 千早休部中から全国大会都予選の第2予選。

    田丸妹にイライラしつつも、
    千早が戻ってきてくれて嬉しい。
    ただ、今回は本当に全国大会出場は厳しそうだ。。
    太一がいない中でどうやって戦う?

    奇しくも、須藤さんが言った、あいつの穴なんてたいしたもんじゃなかった?の答えが出てしまっている。。。
    頑張れ、瑞沢。

    そして、机くん、カッコいいぞ。
    ヒョロくんは、どうだろか。。。

  • 久々!
     
    太一の復活求む。
    あと、ひょろくんの勝利。

  • ちはやが全く本調子じゃない...
    早く戻っておくれ

  • かるたの世界は分からないけど、漫画がとても面白くて大好き。

  • 奇しくも、同時期に読んだ「あさひなぐ16」と同じような展開に。自己主張のつよい後輩の入部。先輩になった自分の立ち位置。スランプ。
    ストーリー的に、嫌なキャラも必要なのだろうけど、田丸妹はイラッとするね、イラッと。机くんのセリフがナイスだった。
    千早はしばらく休部していたのに(どれくらい休部していたんだろう?ルールの改正も知らないぐらい?)、いきなり試合に行って、試合に出られると思ったんだろうか。自己中すぎてとてもガッカリした。

  • 借りて読んだ。

  • 東京都予選開始

  • 青春っすねー。

  • 離れていた時間、千早には必要な充電期間だったのだろうけど、かるた部がだいぶ変わっていて、新しい年の部に生まれ変わっていたね。
    太一母が会場に来ていたことが意外だったけど、太一は戻ってくるのかな。

  • 田丸さん、うざい。机くんかっこいい。まつ毛が4本・・・気が付かなかった。クイーンがバイトをする理由が意外♪バイト姿も見てみたいです。

  • いってほしい言葉をくれる人間に操られるかー
    誉められたいよー
    わかる
    噛み合ってないところが青春

  • 読んでたけど上げてなかった。
    些細なことから擦れ違うのは良くあるし、発する方、受け取る方が高校生なら尚更。
    相変わらず熱くて面白いよねー。

  • 千早が帰ってきた。
    でも、千早が帰ってきたからと言って、すべてが元通りになるわけではなかった。千早がかるた部を離れていた間ももちろんかるた部は活動を続けていたわけで、そこでは机くんやかなちゃんや肉まんくんや菫ちゃんや筑波くんが頑張って1年生と交流して関係を深めていたわけで。2.3年生が千早に思い入れがある分、1年生だって千早以外の2.3年生と思い入れがある。帰ってきたからといって元通りになるわけなんてないんだよね。
    …上手いなぁと思う。リアルだなぁと。
    元通りにはならないけれど、新しい形に確実になっていく様がまたしてもリアルで泣けてくる。
    そして、一緒にはいないけれど、ずっとそばにいる太一。いないけれど、かるたをしていて思い出すのは皆太一だった。太一の言ってきたこと、やってきたこと。思い出してわかる太一の抜けた穴の大きさ。

  • ちはやが充電期間から戻ってきてよかった~

    瑞沢ぁぁ ファイトぉぉ!

    それにしても1巻まるまる太一が出てこないのは、なんだか寂しいな

  • ちはやの葛藤が中心の28巻、さわぐ血が戦線に復帰させます。太一は結局出てこなかったね。どうやって復帰させるかは、29巻に持ち越しです。

全70件中 1 - 25件を表示

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)の作品紹介

太一の退部後、自らもかるたから離れていた千早に新から届いた1通のメール。そこには、千早と太一、二人と同じ場所で出会うためにチームを作るという新の決意が込められていた。思いに突き動かされ、千早が向かった先は史上最多の24校が集う全国大会東京都予選。しかし、思いがけないルール変更や、奔放な新入部員の振る舞いに、瑞沢高校かるた部はかき乱されてしまう。
かるたを手放した時間が、千早にもたらす罠とは――?

仲間と戦う最後の夏――。
全国大会東京都予選で、千早が誓う夢がある!!

太一の退部後、自らもかるたから離れていた千早に新から届いた1通のメール。そこには千早と太一、二人と同じ場所で出会うためにチームを作るという新の決意が――。思いに突き動かされ、千早が向かった先は全国大会東京都予選。しかしルール変更や奔放な新入部員に、瑞沢高校かるた部はかき乱されてしまう。かるたを手放した時間が千早にもたらす罠とは? 仲間と戦う最後の夏。全国大会東京都予選で、千早が誓う夢がある!

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする