大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)

  • 166人登録
  • 4.40評価
    • (38)
    • (16)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
出演 : 大島優子 
  • 講談社 (2011年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063895735

大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)の感想・レビュー・書評

  • フォトブックシリーズの第二弾。
    優子。

    テレビの中の大島優子、歌って踊ってるときの大島優子、写真の中の大島優子。優子は良くも悪くも、自分で掲げている「女優」という肩書きにしばられている気がする。

    どんな優子からも
    「常に演じていなければいけない感」...
    が感じられてしまう。

    「常に演じていなければいけない感」というのは、「女優」という肩書きのせいではなくて、彼女の根本的な性格からきていると思う。
    明るくて、なんでも器用にこなす、ス—パーエンターティナー。
    だけど彼女の笑顔にはなんとなく影があることが多いし、憂いを帯びてる。

    話は変わって
    AKBの魅力のひとつが「メイキング映像」だと思ってるんだけど、メイキングの中でも彼女の「演じている」感は他のメンバーの比じゃない。
    でもそれは、「AKBの大島優子」と、本来の(オフの)「大島優子」、結局どっちも演じられている「優子」という感じがする。

    彼女のその「常に演じなければならない感」のワケが、父親との対談やインタビューからわかってしまう。

    写真は、きわどくてかわいくてすごいいいし、泣いてる写真やすっぱだかに近い写真、お風呂の写真、表紙の顔なんかははかなげで少女みたいで、すごいいい表情をしてる。
    写真家も優子の「素」の暗さを魅力として引き出そうとしてる感じ。

  • 何がアイドルの魅力って、その人自身の可愛さ、もってる技術(ダンスや演技力)はもちろんそうだけど、その時代の先頭をいってる人が様々な形でその人たちに携わってるところだと思うのです。蜷川さんや岩井さんのインタビュー読んで、こうやって現在のカルチャーはつくられて歴史になってくんやなあって思いました。

    だからってアイドル自身は言われるがままに動いてプロデュースしてもらってるんじゃなくて、ちゃんと考えてるんだよっていうのが、秋元さんとの対談とたかみなとの対談でちゃんと伝わってきました。そういう、アイドル自身とそれを取り巻く人々、両方にちゃんとライトがあたってたのが面白かったです。優子ちゃんはあくまで視点、という感じが私はとても好きでした。

    アイドルの奥深さを知った一冊。優子ちゃんかわいい。

  • おパンツ見えすぎ☆

  • この子は面白いね。
    大人うけするんだろうか。人気あるよね

  • 紅白で卒業発表してから買って読みました。この人が抜けたらどうなるんだろう?と気になったので。

    第1弾のたかみなより個人にフォーカスされていてよかった。栃木の友達との写真とか親との対談とかあってより本人に近い内容でした。

    自己顕示欲の強い人なんだろうだなぁと思ってたけど、その理由がわかる内容になってます。

  • 131214読了。
    がんばるっていいな。
    一生懸命じゃないとダメだな。
    私もやり切ったって言いたい。
    自分を信じて、前進する。
    投げ出さないで、がんばる。

  • amazonのレビューでやたら評価が高かったので、
    古本で値段が落ちるのを待ってから読んでみました。

    読んで思ったのは、以外に文章量が多い、ということ。
    すべて事実かは別として、AKB48の大島優子という人を
    この本から割と知ることができると思います。

    両親が離婚していること、小さい時から芸能界にいることなど
    インタビューや父親、秋元氏、高橋みなみとの対談から
    AKB48のエースである現在のバックボーンを知ることができます。

    まあアイドル本にしては、良書なんじゃないでしょうか。
    (あんま読んだことないけど)

    一応フォトブックなので、写真も評価すると
    地元の友達と遊んでいる写真があるのですが、楽しそうでした。

  • そりゃ好きになるよ。。

  • 優子の飾らないストイックなところが好きです。
    見応えのある本でした♪

  • かわいい。とにかくかわいい。
    AKBには今正直ほとんど興味ないし、好きだとしてもこじはるだけど、なんとなく酔っ払って買ってしまったこのMOOKには優子のかわいさだけでなく、ひたむきさや性格の良さがにじみ出ている。
    いつまでも老けずに、このかわいい優子でいてほしいなぁ。
    でも一方でもっと大人になった優子を見てみたいなぁ。
    我儘な感情が入り混じり。

  •           かわいい


    この言葉にかえてほかになんと言えるだろうか。

  • 父との対談や、著名人(和田秀樹、蜷川実花、本広克行等)が語る
    優子ちゃん像などのページもあり
    読み物としてもすごく楽しめた♪

    ただ「AKBの中で1番友達多い」という優子ちゃんには
    やっぱり共感できないひねた自分がいる(笑)

  • 人が人生経験を語った文書を読むのは自分に大きな影響を与えるって実感した本。
    ただの写真集とは違うと思う。
    今までは、「自分からは何も行動を起こさなくても来るもんは来るし来ないものは来ない、来るものを待って、それを逃さず生かしていけばいい」って思ってたけど、それってつまり自分の限界を自分で作ってそれを自分で悲観する、最高にくだらないことなんだって気付いた。
    限界なんて考えないで、やりたいことはやってみようって思えた。
    すごく前向きになれた本。
    これまでエッセイは避けてたけど、これからは好きな芸能人とか作家のエッセイ読んでみようと思う。

  • この内容の写真集も欲しくなりました。今回のラスト10ページくらい、ほんとかわいいです。もちろん全部可愛いけど!インタビューでは、優子は愛されて育ったんだなぁということが分かりました。

  • 感動するんで必読!!

全17件中 1 - 17件を表示

大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大島優子1stフォトブック 優子 (講談社 MOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする