東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)

  • 305人登録
  • 3.63評価
    • (17)
    • (24)
    • (30)
    • (5)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2017年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063980240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中からタラレbarを読むためだけに購入していたが、最終巻のソレも個人的には本編よりも非常に面白かった。
    読み始めた当初は内臓がキューっとなっていた箇所も年数を経て耐性がついたのか、諦めたのかはわからんが、平然を保ててる自分を褒めてあげたい。

  • 早坂さんとはナニモノだったのか。
    本編で女子会を肯定的にしたようにも見えるので、オマケマンガが白々しくなってしまった(個人的感想)
    アキコ先生の雑さ強引さが悪い方にいったままの完結、残念。

  • とにかくラストが納得いかない。
    KEYとくっつくのはまぁ100歩ゆずってアリとしても、くっついて終わりかい!!というのが問題。アラサーアラフォーにとっての真の問題はその先なのでは?
    そしてマミちゃんと早坂さんがいい人すぎる。
    ってかKEYの過去を知った時点で「事情が変わった」とかいって押しかけてくるところからもう意味が分かんないのよね。倫子がすごい一生懸命幸せを掴もうとしてるのに…
    「真の愛情を追いかけさせるのが友達」って…真の愛情って何??不倫やセカンドはどうカウントされるんかい?
    って、もうなんか突っ込みまくりで終わってしまった。
    あとあの風船は本当謎。

  • 完結。
    終わり方には賛否両論あるけれど、自分としては良い終わり方だと思った。結局は、巻末おまけ漫画でのラストの格言のように「みんな 何かしらで/幸せになれ!!!」ということだと思うし、それは深く納得できる話だと感じる。何が幸せかも、幸せが必要かも、最後は自分で決めればいい。

  • 全9巻読了。最初の勢いや暴投ブリを思うとわりと優等生的にまとまって終了した印象。それにしても早坂さんは天使要因だったのだろうか!?と思うほどの引きだった…物分かりがいいにも程がある。全編女子のキャラはうるさい程タッテたけど、男子キャラがイマイチ弱かったなぁと思う。タラレbarは安定のクオリティ、もう独立しちゃいそうな勢い。

  •  大団円を迎えた九巻である。やや性急にも感じられる手早い店仕舞いだったが、きちんとタラレバの物語は締められている。
     恋愛のフェイズで言えば、いわば「出会い」というスタート地点にたどり着くまでの物語であり、ここでの終着というのは賛否があるかもしれない。
     だが、あくまでこの物語をタラレバ娘たちを描いた物語とするならば、ここでの同類への応援歌とも言える(あるいは賛歌とさえ言える)締め方は相応しく感じられた。

     シリーズ、大変楽しく読ませていただいた。一貫して見せ場の作り方が巧みであり、何度も唸らされながら読ませていただいた。
     シリーズ全体の評価も含めて、星五つで評価したい。

  • 作者は最初からそんなつもりなかったと思うけど結婚or彼氏できた!だからハッピー!っていう単純な終わりじゃなくて良かった。
    巻末のコーナーも最後までとても面白かった

  • すっきりさっぱりいい終わり方でした。

  • 8巻目で完結と思ってたら
    これが最終巻だった

    ドラマは観てなかったけど
    漫画は昭和感がある印象。
    良くも悪くも。
    まあ33歳の設定だから
    昭和もちょっとあっていいのかも

    P100
    「人生にムダなことなんて
    何もないわ」
    -----------------------
    「好き」「付き合おう」は
    往年の恋愛映画(『タイタニック』とか)
    でも言ってない。
    理由は
    「それじゃロマンスにならんから」
    ひらたく言えば
    「野暮だから」
    --------------
    P137
    大人の恋のはじまりには
    「告白」なんて
    クソ幼稚なものを超える
    2人にしか分からない
    通じ合う時間があるはずなんだ
    --------------------
    P139
    「ヤリ目なのか
    恋なのか
    愛なのか
    彼自身もまだ全く
    わかってない」
    「遊びが本気になることもあれば
    結婚を考えて付き合い始めたのに
    キライになっちゃうこともあるし、
    人の気持ちなんて
    自分でも予測がつかないもん」

    P140
    「そんなんでいいんです
    大人の男女の会話は
    告白とか
    付き合うとか
    そんな結果を急く会話は
    子供のやること」

  • 2017/11/1購入
    2017/11/2読了

全32件中 1 - 10件を表示

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)の作品紹介

「ああだったら…」「こうなれれば…」ずっとタラレバ言いながら、幸せになりたいとずっと思ってた。
私達にとって愛とは? 恋とは? 幸せとは? タラレバ娘たちが葛藤と矛盾の末にたどり着いたラストを見逃すなかれ。

「ああだったら…」「こうなれれば…」ずっとタラレバ言いながら、幸せになりたいとずっと思ってた。私達にとって愛とは? 恋とは? 幸せとは? タラレバ娘たちが葛藤と矛盾の末にたどり着いたラストを見逃すなかれ。

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)のKindle版

ツイートする