されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)

  • 34人登録
  • 4.30評価
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 集英社 (2017年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087456042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • とある事情で白猫の姿となった、旗本の総領息子、近山宗太郎23歳。
    人間の姿に戻るため、百の善行を積まねばニャらない。
    「猫の手屋繁盛記」第四巻。

    犬猫が他の家畜とやや違うところは、人間のごく身近に暮らし、感情的な面も含めて、深い関係を築くことができることだろうか。

    今回は、そんな犬猫と人間のかかわりを中心に描く。
    宗太郎の実家のお話は、お休み。

    『犬猫合戦』
    「夢でお告げをする」という犬を連れた老婆が現れて、宗太郎の住む長谷川町では、犬派と猫派が対立する騒動が起きる。
    犬猫の幸せは、人間しだいなのだとつくづく思わせる。
    紅屋政兵衛のご隠居や、書役の長兵衛さん、木戸番の吉蔵さんなどのしっかりした大人が頼もしい。

    『宵のぞき』と『すばる』は、続きもの。
    ある日、三光稲荷に現れた浪人は、烏猫と共に暮らしている。
    宗太郎の昔の知り人に似ているが、何か事情があるようだ。
    重い決断を迫られ、悩む宗太郎。
    けなげな五匹の烏猫たち。
    白闇の過去を、それとなく推し測る。

    切ないお話だが、宗太郎は貴重な経験をしたのだろう。
    拝領屋敷と道場を往復するだけの日々では、思いもよらなかった事だ。
    また明日から、明るい日々を過ごしてほしい。

  • シリーズを楽しく読んでいるので新刊が楽しみだったのですが、「某は猫先生では……」「猫太郎でなくて……」の訂正が頻繁すぎてこんなにくどかったっけ?と思うはじめたところに、個人的に苦手な「アレがアレのアレ」の方も出てきて話が進んでいる気がしなくなりギブアップ。
    犬好き派とかどこから出てきたんだろう。……わりと家族に動物がいる方は犬も猫も好きだと思うので(私がそのクチです)対立するのは悲しいものだなと思いました。
    いつもの便利屋っぽいお話が読みたかったです。

  • 「犬猫合戦」は犬や猫を食い物にする悪徳商法の話で、最後は上手く治まるけれど何だか嫌~な気持ちが残った(--;)でも「宵のぞき」「すばる」で五匹の烏猫の活躍に胸を打たれ、心地好い読み終わり(*´-`)いつも猫太郎を否定している宗太郎が家族のために、羽鳥どのには猫太郎で通したけれど、羽鳥どのには本名言っても良かったんじゃないかなぁ?(^^)そして宗太郎の善行は結局いくつなのか気になる(^^;)

  • 本家猫侍。
    未だ人に戻れず、猫か進んでませんか、第3弾。
    お人好しと便利屋の腕前、あがってますよ。

全4件中 1 - 4件を表示

かたやま和華の作品一覧

かたやま和華の作品ランキング・新刊情報

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)の作品紹介

人間の姿に戻るべく善行を積む猫侍・宗太郎。彼の前に現れたのは、五匹の烏猫と暮らす謎の浪人だった。怪しげな館で日々行われる奇妙奇天烈な猫の宴とは──。大人気猫の手屋シリーズ第4弾。


されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)はこんな本です

されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする