ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)

  • 51人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石川優吾
  • 小学館 (2016年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091892645

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 今回もストーリー展開のテンポ良く、サクサク読める。元の大きさに戻ったから終わりではなく、むしろ終わりの始まり?!みたいな。
    新しい登場人物も出てきて、いよいよどうなるかわからない。早く続きが読みたい。

  • イクラで変化するのは『どっきりマイクローン』じゃなくて『 Oh! 透明人間』だったか・・・。

    巨大17歳のパンツ!
    いろいろなシチュエーションの微エロな光景を見せてくれるのが素晴らしい。

    麻宮さんは任務に忠実だから冷酷に見えるだけで、実はそんな悪い人でもないんかな?
    アリスがヨシフに恐怖して逃げていることを知って素直に事実確認してみたり、しかも「可哀想」という感想が出たりしているし。
    そもそも、ゆっこちゃんはアリスが見つかった時点で保護する必要はなくなってるのに、双子のサイコキネシス使いから二人を護ろうとしてたしね。
    流石は自衛官といったところかな?

    で、この双子、もしかしてトゥイードルダムとトゥイードルディーなのかな?
    ・・・と思ったけど、そもそもこれまで『不思議の国のアリス』の登場人物っぽかったのってアリスだけだから、たまたまなのかも。



    簡単に「質量を変化させる」とか言っちゃってるけど、質量を決めてるのは素粒子のエネルギーだったような気がするから、素粒子レベルの運動を変化さてるってことなのかな?
    それはもう「大きくなる・小さくなる」とかいう次元の話じゃなく、そこに別の物理学が適用される世界が存在するってことになると思うのだけど。

    アリスの着ていた服は人形用なのに、それをビルサイズにまで巨大化しても布地のキメが粗くならないし分厚くもならない。
    小さくなっても知能に影響がない(脳細胞が減らない)、身体機能に影響がない(筋肉や骨格などの構造がそのまま)。
    しかも通常サイズの栄養素(分子構造)が摂取できる。
    これらは質量の変化だけでは説明が付かないから、肉体の表面に何らかの世界の断絶があってコンバートしてるとしか思えない。
    その境界を挟んで別の物理学って感じなんだろうか?
    序盤で縮小された人間を食べてしまったカラスとか、今頃はその世界の断絶のせいで破裂とかして死んでるんじゃないのかな?

    っていうか、書いててよくわからなくなってきた。

  • 離れ離れになったアリスとゆっこが合流。
    ゆっこはアリスと一緒にいることを決める。
    アリスとヨセフ以外に、さらにふたり(双子?)の能力を持つ男の子たちが登場。
    アリスが大きくなったり、滝さんが再登場したり、今後の展開も楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)の作品紹介

国がアリスを何故狙う…その謎が明らかに!

体の大きさが元に戻り、一度は離ればなれになったゆっことアリスだが、アリスの努力で再会する…しかしその再会はすぐさま自衛隊の監視網に掛かり、またしても二人は自衛隊から追われる身に…
ヨシフの能力も駆使して二人を追い詰める自衛隊。そこに新たな能力者が出現し……絶体絶命の大ピンチ!?

…そのときアリスは……!?

ゆっことアリス、二人の逃亡劇やいかに!?


【編集担当からのおすすめ情報】
何故、執拗に権力はアリスを追い求めるのか…その謎が、アリスの力の正体がついに明らかに!
四面楚歌の状態からアリスは、ゆっこは生き延びる事が出来るのか!?

超待望の大人気ダークファンタジー第4集!必見です!

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ワンダーランド 4 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする