さくら (小学館文庫)

  • 3933人登録
  • 3.75評価
    • (358)
    • (465)
    • (463)
    • (80)
    • (26)
  • 495レビュー
著者 : 西加奈子
  • 小学館 (2007年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082272

さくら (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  きっかけ
     
     すこし調子が悪いときに、試験の同期が、
    「すごく悲しくて幸せな本」と紹介してくれたのがこの本でした。

    構成、の代わりに物語の彩り
     僕、さくら、お母さん、おとうさん、彼女、ミキ、ばあちゃん、
    おじいさん、フェラーリ、望月君、難関、湯川さん、パラボラ猫、
    おばさん、妖怪、矢嶋さん、サキコさん、ゲンカン、薫さん、警察
    官(ぬけていたらすいません)


    印象に残った文章、せりふ
     ぼくは貯金が出来ない。
     女の子はいつか赤ちゃんを産むけど、きっとこの子は小さいか
    ら、桜の花びらを産んだんよ。

    「ああこの人の前で、思い切り餃子が食べられるような関係
    になりたい」

     「ミキ、生まれてきてくれて、有難う。」
    大人になるというのは、ひとりで眠ることじゃなくて、眠れない
    夜を過ごすことなんだ。

     「嘘をつく時は、あんたらも、愛のある嘘をつきなさい。」

     「薫さん黒帯やで。」

     兄ちゃんが食べ残したごはんを食べるように、母さんは
    少しずつ太りだした。

     さく、さく、さく、さく

     「この体で、また年を超すのが辛いです。 ギブアップ」

     「あんたらが三人揃ってたら、それだけで笑えんのよ。」

     「病院なんかなんぼでもある。」

     「あのランドセルは、捨てたぞ。」

  • 温かい家族のお話。
    人生なにもかも上手くいく事はないけれども、誰にも必ず大事なものはあるし、大事な人はいる。私も私の思う大事なものを守って生きていきたい。

  • すごく、すごく良かった!どれぐらい良かったかなんて、それは本当に美味しいものを食べた時に「塩加減が良い」とか「味付けが絶妙」なんて事を全て取っ払って、”美味しかった”というように、この本は本当に”面白かった”です。久しぶりに何度もあと何ページかを確認したし、それは早く終わって欲しくてではなく、いつまでも終わらないで、ずっとずっとこの家族に寄り添っていたかったからです。全てのことが幸せにいくわけではないけれど、生きてるって幸せ!そんな当たり前のことを、ドラマチックに教えてくる素晴らしい本だと思います。

  • 西さんは美しすぎて温かすぎて胸が詰まるような悲しくなるような、「幸せ」、瞬間でしかないそれを確かな形で見せてくれる。

    だから辛いだけじゃない。家族が一時は壊れかけても、大切な何かを失っても。
    そして、救いを見せてくれる。

    車内でのミキの告白。薫さんの演説シーンが印象的で良かった。

    この世界にはいろんなひとがいて'フェラーリ'の世界を生きる人がいること、自分もそうなるのかもしれないこと、そうなっていたかもしれないこと、当たり前のことなんてないこと、そんなことを想像できるひと、わかるひとでありたい。とこの作品を読み終えた今、そう強く思う。

  • 「ああ、この後、不幸がやってくるんだろうに……」と思いながら、幸せなストーリーの読むのはしんどいし、案の定、不幸がやってきてから後の展開はもっとしんどい。
    終盤は涙。けれど、泣いてもちっともスッキリしない。

    表紙のイラストからは想像できない後味の悪さ(読了してから表紙を見ると、なかなかキツイ)。申し訳ないが、精神衛生上この手の小説は遠慮したい。

  • 息子2人に娘1人。我が家の構成と同じで先が気になってどんどん読んでしまった。ひとりひとりのキャラが本当に居そうで面白かった。

  • 登場人物の一人一人が印象的!端役の一人一人にきっとモチーフがいるんだろうなぁと思えてきます。
    それと比喩的表現が突飛で面白いオシャレと陽気の中間の様な比喩が物語にテンポを作っている様な気がします。

    大阪の家族の物語
    兄は二十歳で死に、妹は引きこもり、母は太って、父は家出!!?
    本の後ろの粗筋を読むと大変な本と思うかもしれませんが、そんな家族の幸せだった頃の話が物語を転がしていきます。

  • 個性的な両親に育てられたこれまた個性的な3兄妹、そんな小説世界にありがちな幸せ5人家族の幸せ劇とその崩壊と再生の萌芽までを描く、西加奈子らしい小説。

    彼ら家族をつなぐ愛犬「さくら」がなんともエエ味を出していて、確かにタイトルになるよなって感じ。他の登場人物たちのアクの強さに、作中の目立ち方はさほどでもないが、読み終わってみると、なるほど彼ら一家に「さくら」がいたから再生があり得たのかもなぁと思えてしまう。この辺、西加奈子のペースに嵌められてるんだろうなと思うが、悪い気はしない。

    比喩表現が少々しつこいことや、中学生がセックスしまくることへの違和感や、妹美貴のとある行動がなんぼ小説でもちょい嫌悪感抱いたこと等、若干瑕疵と思える部分もあるし、荒削り感も否めないが、全体的にパワーを感じる小説。今に至る西加奈子の活躍の片鱗が分かる作品でもある。

    生き方、家族のありようは、もっと自由であっていいよな…と思える1冊でした。

  • 2017.6.26
    再読。

  • 家族にはその家族だけの幸せな時や悲しい時がある。
    でも何もない普通の日常が一番幸せなんだろうな。
    サクラも大切な家族。

    好きやって、言う。迷わんと言う。
    ・・・・
    生まれてきてくれて、ありがとう。

    この本を読んで自分の家族の幸せだった頃少しだけ思い出した。
    むかしの事だけど思い出した。

全495件中 1 - 10件を表示

西加奈子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
湊 かなえ
宮部 みゆき
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

さくら (小学館文庫)に関連する談話室の質問

さくら (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

さくら (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さくら (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さくら (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さくら (小学館文庫)の作品紹介

ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾にピンク色の花びらをつけていたことから「サクラ」と名付けられた十二歳の老犬が一匹だけ。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏に薄い鉛筆文字で書かれた家出した父からの手紙が握られていた-。二十六万部突破のロングセラー、待望の文庫化。

さくら (小学館文庫)の単行本

ツイートする