異人たちとの夏 (新潮文庫)

  • 435人登録
  • 3.75評価
    • (44)
    • (69)
    • (72)
    • (10)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 山田太一
  • 新潮社 (1991年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101018164

異人たちとの夏 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009.08.25

    切なさがあって、心温まるものがあって、そして、背筋がうすら寒くなる。

  • 再読ですが、映画の印象が強い作品ですなぁ。
    それはさておきうーん、ちょっと粗いかな。特にケイの扱いがイマイチ、彼女登場させる必要あったのかな?結構早い段階でオチが見えてくるし、何より両親との交流の中でこのキャラはどういう意味を与えているのかもちょっと?でした。

  • 再読。
    父母との思い出をなぞるような甘やかさが切ない。
    改めて読むと主人公かなり嫌なおっさんw
    子供の頃のトラウマが他人との関係をうまく築けなくなった理由、っていうことか。
    確か映画も見たはず。霊との対決シーンが結構なスペクタクルだったような記憶あり。

  • 離婚で多量の感情を費やし 堂に入(い)っていて 早合点 大袈裟で空疎な言葉 おうのう懊悩のあるような顔 はんさ煩瑣な感情のやりとり 朝からの酷暑で汚れてしまったような街 東京本願寺裏のブリキ屋の二階 こころよ快かった 軽佻浮薄なテレビライターめ ほうらつ放埓な印象 慰撫を求めて 田原町たわらまち さ提げていた 歪みをどう制御し馴致して生きていくか 当今の常識に副うそう 営々と過ごして 職人風のいなせな振りが端々にある父の歩き方 忌避きひ 姦通 八つ目鰻 哀惜は薄かった 目に嘲弄ちょうろうするような色が浮かんだ 経堂の中古マンション 空地 雑草の繁茂はんも 田辺聖子 読んだあと心に残る結晶が、真実の美しさや、愛であればいい。 浮揚力を得て 慕わしさ 亡父母 恋うこう むし無私の愛 「さようなら、父よ母よケイよ。どうもありがとう」

  • これはいいね。もう一度映画が観たくなった。
    ただ、ケイとのラストシーンがちょっと陳腐かなあ。
    両親との別れが妙にリアルで納得できただけに。

  • 親への思慕が、胸に迫る。とても繊細に描かれていて、最後の方は泣いてしまった。

  • タイムトラベルもので、浅田次郎の地下鉄に乗ってと相似しているが、心にぐっとくる名作であることに変わりない。さすが名脚本家。

  • 評価は5。

    内容(BOOKデーターベース)
    あの夏、たしかに私は出逢ったのだ。懐かしい父母との団欒、心安らぐ愛の暮らしに――。感動と戦慄の都会派ファンタジー長編。

    ファンタジーとは思わず読み始めたが・・・
    夢でも良いから、夢だと分かっているけど今このときの幸福感が終わらなければ良い・・と思いながら両親と過ごす時間。心の奥がつんとするそんな物語だった。

  • 2017.1.13

  • メディアライブラリー発行の図書館報で紹介された本です。
    【分類】913.6/Y19
    文学のコーナーに並んでいます。

全81件中 1 - 10件を表示

山田太一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

異人たちとの夏 (新潮文庫)に関連するまとめ

異人たちとの夏 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異人たちとの夏 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異人たちとの夏 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

異人たちとの夏 (新潮文庫)の単行本

異人たちとの夏 (新潮文庫)の文庫

ツイートする