独創は闘いにあり (新潮文庫)

  • 35人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西澤潤一
  • 新潮社 (1989年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101124216

独創は闘いにあり (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「ミスター半導体」と呼ばれ、その名声の高い西沢潤一氏の研究回想録である。その経歴はさぞ輝きに満ちたものと思いきや、若き頃は、学会において同業研究者からの厳しい攻撃にさらされるとともに、研究資金の獲得が極めて困難であったなど、決して順風満帆なものとは言えなかった。ごく限られた資金を有効活用すべく、実験設備は自作、その部品も三年がかりで少しずつ集めたというが、「そうした厳しい制約下におかれたからこそ、それを克服する過程で、氏の業績につながる様々な発見ができた、最初から研究環境に恵まれていたら、このようにはいかなかった」というのは、傾聴に値する。要するに、自身を取り巻く環境が不利なものであったとしても、捉え方次第であるとともに、それを理由に逃げてはダメだということだ。

  • 20年程前の本ですが、とても勉強になります。若い方に是非読んでほしい。お勧めです。

全3件中 1 - 3件を表示

独創は闘いにあり (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

独創は闘いにあり (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

独創は闘いにあり (新潮文庫)はこんな本です

独創は闘いにあり (新潮文庫)の単行本

ツイートする