腹鼓記 (新潮文庫)

  • 49人登録
  • 3.68評価
    • (3)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井上ひさし
  • 新潮社 (1988年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101168210

腹鼓記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

腹鼓記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

腹鼓記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

腹鼓記 (新潮文庫)の作品紹介

天保8年、阿波徳島の奉行・浜島庄兵衛が染物屋大和屋の娘お美代を見染め、妾にしたいと無理難題を言ってきた。大和屋に命を助けられた狸の一家が恩返しに窮地を救うが、意外や意外、事態はエスカレートして狐族まで巻き込む化かし合いが勃発する。人と狸の恋、狸と狐の毛球試合、狸大学の化け学講義、狸対狐の屋島壇ノ浦の合戦など、珍談綺譚で展開する奇想天外大爆笑痛快長編。

腹鼓記 (新潮文庫)はこんな本です

腹鼓記 (新潮文庫)のKindle版

腹鼓記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする