クロサワさーん!―黒沢明との素晴らしき日々 (新潮文庫)

  • 25人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 土屋嘉男
  • 新潮社 (2002年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101213316

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

クロサワさーん!―黒沢明との素晴らしき日々 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2002.5.23 ~ 26 読了

  • エピソードがとてもいきいきしていて、黒沢監督の人となりがよく伝わってくる。『七人の侍』の撮影時の話も多く、見たことがある人は楽しめると思う。

  • 著者の土屋嘉男さんは、いはゆる「黒澤組」の名バイプレイヤーと呼ばれる俳優です。
    黒澤監督の自宅に居候した経験さへあるさうですから、おそらく公私とも、最も行動を共にした一人でせう。土屋氏しか知らないであらう話が盛り沢山であります。うーん、さすがに黒澤監督、天皇と呼ばれただけありますね。その専横ぶりはすさまじい。
    同じく黒澤映画の常連役者、たとへば志村喬さんや三船敏郎さんの知られざる一面も描かれてゐて面白い。土屋氏によると、三船敏郎の酒癖の悪さは相当酷い。草彅剛さんなどは、かはいいものです。

    ところで、実をいふと私は黒澤映画の良い鑑賞者ではありません。
    では、なぜ本書をとりあげるのか。

    唐突ですが、昨日俳優の中丸忠雄さんの訃報に接し、涙してをりました(少しおほげさ)。
    俳優が亡くなると、生前出演してゐた映画をDVDソフトなどで「追悼上映」する習慣が私にはあります。
    中丸氏の場合、『独立愚連隊』でも良いのですが、ここはやはり『電送人間』だな、といふことで観てゐたわけです。
    DVDには中丸氏本人のオーディオコメンタリーが特典として付されてゐて、それによると『ガス人間第1号』にも出演依頼があつたとか。
    しかしそれを断つてしまひ、結果土屋嘉男氏がガス人間になつたといふことですな。
    つまり土屋嘉男さんは私の大好きな役者の一人なので、ここに本書を紹介するわけであります。まことに短絡的と申せませう。

    とはいへ、この『クロサワさーん!』は面白い。土屋嘉男さんの文章も上手いです。映画好きの人にはおすすめなのです。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

全3件中 1 - 3件を表示

クロサワさーん!―黒沢明との素晴らしき日々 (新潮文庫)はこんな本です

クロサワさーん!―黒沢明との素晴らしき日々 (新潮文庫)の単行本

ツイートする