果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)

  • 2005人登録
  • 4.20評価
    • (321)
    • (387)
    • (114)
    • (16)
    • (2)
  • 243レビュー
著者 : 今野敏
  • 新潮社 (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101321561

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 問題が起きたとき、人は安易に誰かを疑いがちだ。疑っているから調べるのではなく、事実のみを確認するために調べる。
    こんなところにも竜崎の「原理原則」はいきている。
    徐々に真相が明らかになっていく後半は面白い。一気にラストまで読みきってしまった。
    家族の一員としての竜崎が描かれているのも楽しい。
    妻・冴子の突然の入院に動揺する竜崎。家の中のことが何もわからずに途方にくれる。
    普段利用しているクリーニング店がわからないのは仕方がない。
    しかし風呂の沸かし方すらわからないとは・・・「子どもじゃないんだから」と突っ込みたくなった。
    息子から渡されたアニメのDVDにまつわるエピソードも興味深かった。
    私にとっては身近な存在のアニメも、竜崎世代の人にとっては理解しがたいものだのだろうか?
    作中に登場するアニメは「風の谷のナウシカ」。タイトルこそ明記されてはいないが、一度でも見たことがある人にとってはすぐにタイトルが浮かぶ有名作品である。
    日本アニメは世界的にみても非常にレベルが高い。
    もしも竜崎世代の人がこの作品を読んだなら、一度でいいから「風の谷のナウシカ」も観てみてほしい。
    きっとアニメに対する認識が変わるだろう。

  • ナウシカで感動してしまう主人公がかわいい

  • キャリア警察官僚の竜崎伸也を主人公とする「隠蔽捜査」シリーズの第2弾。前作の終盤で、息子の薬物使用という不祥事により、警察庁官房総務課長から大森署長に左遷されたが、今作では、大森署長として立てこもり事件に立ち向かう姿を描く。
    前作では、あまり竜崎の人柄に感情移入できなかったが、『果断』を読み進めていくうちに、原則を大事にし、なんでも合理的に判断しようとする竜崎に共感を覚えるようになった。こういう人物がいても面白いなと思う。
    ミステリー小説としての話の中身も、少しご都合主義的な気もしたが、十分面白かった。
    また、竜崎にとって、敵か味方かなかなかわからない小田切警察庁首席監察官や里沼副署長といったサブキャラが良い味を出していた。

  • 左遷された竜崎が、ますます良いw
    颯爽とした伊丹をうらやましく思ったりもするようだけど、伊丹はちょっとセコかったりするので、ブレずに変人っぷりを発揮する竜崎の方がカッコいいに決まってるw

    竜崎の妻、冴子もストレスで胃潰瘍になりながらも相変わらずエラそうで頼もしいww
    恋愛に興味がない竜崎に、どうしてこんなハマる奥さんが?とかなり不思議w

    ナウシカに感動しちゃうのもカワイイ♡

    こりゃあ誰だって竜崎のファンになっちゃうよね!

  • 隠蔽捜査シリーズ2巻
    大森署の署長になった竜崎と刑事部長の伊丹。
    1巻とは上下関係が逆になったが、小学生時代の誤解も解け、いいコンビになった。
    不祥事のスケープゴードを巡って、ハラハラしたが(また降格されるのか!?)一発逆転出来て、嬉しくなった!
    竜崎、署長の方がイキイキしている気がする。
    次巻も読みます!

  • 面白い!

  • 所轄署へ左遷された竜崎が、所轄管内で起きた事件の対応で苦境に立たされる。

    一時、あきらめに似た思いにとらわれるのが復活するきっかけも意外性があったし、部下やSIT、SATに対する態度も一貫してて、このキャラすごく良いです。

    事件ものとしても面白いし、竜崎伸也という人間が完全無欠でもないとこもいい。
    それでも原理原則を貫こうとするとこも(現実的ではないかもしれないけど)さわやか。

    3作目も早く読まなくては…。

  • 竜崎が相変わらずいい。そして、出てくる所轄の面々、SIT、SATそれぞれが、自分の職務にプライドを持って、プロフェッショナルなのがなおいい。一人、意味不明な管理官がいますが…。
    警察署は、トップがしっかりとしていれば、うまく回る組織なんですね。実際はどうかわかりませんけど。
    竜崎がどんどん人間臭くなっていますね。次作も楽しみです。

  • 「隠蔽捜査」
    タイトルが中身とあってないままの第2弾。
    http://booklog.jp/users/mimi9sayaka/archives/1/4101321531

    前作で、竜崎さんの家族の不祥事が理由で所轄の署長に格下人事となってしまいました。

    竜崎さんの物事の考え方や心の移り変わり、
    組織での考え方など、緻密に描かれています。
    更に舞台が現場に移ったので、面白くなったと思います。

  • 再読。主人公竜崎は前作の結果降格人事で署長になったんだけど、舞台が現場に移ったおかげで、内容も事件そのものが面白い。その中でも竜崎は変わらず、さらにまっすぐさが強固になっている。副署長、SITやSATの隊長、首席監察官といった面々が次々と竜崎に転んでいくのが痛快。私はとっくに転んでるけど。家族関係もしっくりいきはじめて安心安心。

全243件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
横山 秀夫
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)の作品紹介

長男の不祥事により所轄へ左遷された竜崎伸也警視長は、着任早々、立てこもり事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣されたSITとSATが対立する。異例ながら、彼は自ら指揮を執った。そして、この事案は解決したはずだったが-。警視庁第二方面大森署署長・竜崎の新たな闘いが始まる。山本周五郎賞・日本推理作家協会賞に輝く、本格警察小説。

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)のKindle版

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする