転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

  • 796人登録
  • 3.97評価
    • (81)
    • (151)
    • (73)
    • (8)
    • (0)
  • 97レビュー
著者 : 今野敏
  • 新潮社 (2014年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101321592

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 竜崎、伊丹がかっこいいのは相変わらずだが、サブキャラも、いい仕事してます。今野さんの作品は、犯人以外憎むべき人間がでてこないんだよなあ。

  • 長男の不祥事で所轄に左遷された警察キャリアで朴念仁の主人公。
    外務職員の他殺体、覚醒剤捜査等様々な難題に持ち前の頭脳と決断力を武器に、毅然と立向かいます。

    この作品は、主人公は相手が誰であろうと原則論を曲げずに自分の考えを曲げずに物言う姿が格別です。
    部下からは過去作品より信頼関係が築かれ、同期の伊丹刑事部長は主人公依存症気味なのもニヤニヤしてしまいます。

    本シリーズのファンなら引き続きお勧めの作品です。

  • 原理原則に基づいて全ての行動を決める変人シリーズ第4弾。今回は色んな部署と事件が絡まりひとつにまとまるお話。いつもの伊丹さんに加え、麻取りの苦情をも黙らせる竜崎さんはすっきりして読んでいて楽しいです。
    上の仕事を全部やり遂げてしまう竜崎さんはもうどんなところにいってもやっていけそうですね。でも大森署のひとたちの日常が楽しいのでこのままでいてほしいです。まだ続きを出しているようなので読むのが楽しみです。

  • 省庁と省庁をわざと分断させることによってあることをしている国家。それがいいのか悪いのか。難しい局面でも、竜崎は、ちゃんと物事を順序立てて整理して一つ一つ解決していく。さすが。
    そして、家庭面では、娘の彼氏のこと。なかなかいいお父さんもやっているなあ

  • 小説新潮2010年6月号〜2011年5月号掲載のものを2011年9月に新潮社から刊行。2014年4月新潮文庫化。シリーズ5作目。竜崎が扱うのは、複雑で大掛かりな事件でした。竜崎が、また一段と格好良い。家族の問題が毎回出てくるのが、ご愛嬌か。

  • 今回は、外務省や公安などの関わりもあり、なかなか複雑な話しだった。よくわからなかったが竜崎はいつもどおりの竜崎で安心した。でも、少しずつ柔らかくなってきてるような気がする。

  • 【友人蔵書】同時進行で公私にわたり事案を抱える竜崎。刑事畑と交通畑、警察と麻薬Gメン、警察庁と外務省という異なった対立軸が、複数の事案に通底する麻薬カルテルでつながった時、竜崎の原理原則を旨とする態度が心地良いほどに読む者を魅了する。所轄にいるべきではない警察官僚が、事件捜査の醍醐味に目覚めていく様子が面白い。

  • 今回は大井で起きた殺人事件と大森で起きたひき逃げ事件がメインで話が進んでいく。
    実は実はと大掛かりな事件に発展していって、外務省やら公安やら麻取りやらなんだか面倒くさそうな展開になっていく。
    やっぱり縄張りとかどっちが上でどっちが下とかどうでもいいことに拘るんだね。

    沢田交差点付近は私の受け持ち地域だったので、ここでまたテンションup(笑)

    とにかく今回は大掛かりなことになって、囮捜査とか海外ドラマのような展開になって、どこで中断しようかってくらい面白くて。

    それにしても竜崎はさすがだわ~~
    彼の信条はすごくわかるけど難なく実行していくところがすごいね。
    そして最初は反感もっていたり、彼に対して怒りをぶつけてきた人たちがみんな最後には腑抜けのようになっていくのが、とっても気分爽快で楽しい(笑)

    安定の戸高も相変わらずいい仕事してる(*^ー゚)b グッジョブ!!

  • 大森署署長である竜崎と刑事部長の伊丹のいつものコンビ。大森署署長なのに管轄の違う部署でおきた殺人事件の指揮をすることになったりとハチャメチャ展開。
    でも最後には丸く収まる。
    こういうお決まりパターンもよい

  • はじめ話がとっちらかっているがちゃんと回収される。
    キャラクターの成長がみえるシリーズなのがおもしろい。原理原則を重んじるところは変わらないんだけど、柔軟性があってよい。
    野間崎管理官との今後の関係も気になるな。
    たくさん官僚がでてきてそれはそれでおもしろい。

全97件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)の作品紹介

大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が隣接署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が起き、覚醒剤捜査をめぐって、厚労省の麻薬取締官が怒鳴り込んでくる。次々と襲いかかる難題と試練――闘う警察官僚竜崎は持ち前の頭脳と決断力を武器に、敢然と立ち向かう。

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)の単行本

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする