ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)

  • 603人登録
  • 3.64評価
    • (30)
    • (80)
    • (76)
    • (9)
    • (2)
  • 76レビュー
著者 : 道尾秀介
  • 新潮社 (2015年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101355559

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大きく3つのストーリーがあって。

    1つの話が終わった後の感想「ちょっと技巧的に走り過ぎじゃない?」

    2つ目のストーリーを読んで「あ、ここに繋がってるのね」

    3つ目のストーリーを読んで「そのつらい気持ち良く分かるけど。でも・・・」

    まとめの4つ目のストーリーで1~3話の繋がりと後日談をまとめています。



    各ストーリーに通ずるのは「寓話」。

    これをうまくストーリーのベースに乗せてそれぞれのストーリーが展開されています。

    最後は全てを伏線としてエンディングに続きます。



    なんか小説読んでて、現在の自分が救われるなーって話があったりしますが、この本が正にそれ。

    小説の世界はあくまで小説なんだけど、もしかすると小説の世界の話がこの現世でも繋がるんじゃないのかな。

    私が道尾秀介氏に求めているのはそれなんじゃないかな。

    小説と言うフィクションの世界の話だ、とは言え自分のノンフィクションの世界で何か役立つんじゃないか。

    心の持ちようが変わるんじゃないか。

    それが著者の道尾秀介の意図しているモノなんじゃないかと思います。



    とても良い本でした。

  • 与沢先生の『物語』との付き合い方にはなるほどでした。

    私は専ら物語は出来上がったものを読むばかりですが。

    物語は現実逃避にもってこいだけど、
    逃げてるだけでは何も変わらない。

    そこから何かを感じ、考えることで自分が変わっていくことが大事。

    とは言えそれに気を取られてばかりでもいまいち楽しくないので、そこは臨機応変に。

    ただただ何も考えず読む物語も必要だと思います。

    でも、変わりたいと思う時に読む物語は
    自分で作り上げたもの、他者が作り上げたもの、そのどちらでも自然と新しい何かを運んでくれるような気がします。

    何にしても物語との触れ合いって良いものだ。

  • 別の世界に入り込むしかなかった、
    身近に童話があった人たちの3つの物語。
    いじめに遭いながら、物語を作る少年。
    姉になるのが怖い少女が書く絵本の続き。
    絵本の読み聞かせを止めようと決めた老人。

    いろんな仕掛けがあり、
    今までに味わったことのない展開の仕方。
    感情の起伏が激しかった。

    誰かに影響を受けていた自分が、
    いつしか誰かに影響を与えている存在になっている。
    自分はそうなのかなんて考えても答えは出ない。
    与えてる方は気づかないから。
    この作品に出てくるかぶと虫のように。

    読み終えると心が温かくなる、ほっとなる作品でした。

  • 切なさがありながらも、ほんわりとした結末にジーンと染み入る余韻。少しづつの優しさが誰かを助け、無意識のうちに誰かの人生に影響を与えている事があるのなら、生きていくのも悪くない。遠い昔 莉子と同じように架空の友達と会話していた事を思い出した

  • 道尾秀介の本3冊目。本作もしっかりと作りこまれている。登場人物がまるで自分であるかのような錯覚を起こし、心が大いに揺さぶられた。ところどころ深く哀しい気持ちになるも、物語の最後はほっこり温かい。現実に息苦しさを感じる者の光となりえる。私にとって大切な作品。

  • 物語のお話。
    絵本作家の卯月圭介、生まれつき脚の悪い女の子の莉子・、妻に先立たれた老人与沢という3人と、それぞれが作った物語が緻密に絡み合っていて感動した。
    卯月の絵本のなかで、翼を無くした王女さまが、青空の下に置いた鏡に横たわり、飛んでいるという結末の「空飛ぶ宝物」がすごく印象的だった。

  • 道尾さんの作品には救いがあって好きだ。谷原章介さんの解説文にも心を救われた気分です。すごく心地よい読後感です。☆5つ‼︎

  • 道尾秀介さんってやっぱすげぇ。

    向日葵の咲かない夏
    月と蟹

    からのノエル。

    グロさとリアルさと物語性が絶妙なバランスで一つになっている。

    この物語の物語は本当に秀逸。
    泣きたくなる。
    何かに感謝したくなる。

    どうしようもない現実に奇跡を信じて探したくなる。

    この人と同時代に生きているのは幸せかもしれない。

  • 心底きれいな「物語」の物語。
    章ごとの主人公とそこに登場する物語、一見独立したものに感じられるそれらがひとつの輪を成す様が、心地よさと感動を生み出す。

  • 2年前に単行本で読んでいたにも関わらず読み終えるまで全く覚えていなかった。つくづく記憶というものはいい加減だなぁと反省させられた。とはいえ、2度読みすることでこの本の素晴らしさが理解できた気がします。
    解説は谷原章介さん。
     
    『光の箱』では高校で虐められていた圭介と弥生が知り合うまでの経緯や絵本作家とその絵をかく現在の二人の様子が描かれている。
    『暗がりの子供』では、梨子の妹となる赤ちゃんが生まれるまでとおばあちゃんとのやり取りが描かれている。新しいいのちと去っていくいのち。莉子はおばあちゃんの方が大好きなのにパパママはまだ顔もわからない生まれてくる子のほうが大切そう。この辺の微妙な感覚を男性である道尾さんがもちあわせていることの道尾さんならではの繊細さに脱帽。
    『物語の夕暮れ』元教師の老夫婦が園児に読み聞かせをながら子供もいなく生徒の一人にも影響を与えることができなかった自分の価値を問う。
    絵本を通して3つのストーリーが重なり、読了後ほんわかした気持ちにさせてくれる本でした。
    本の中で出てくる童話のうち、カブトムシと蛍の物語が個人的には好きでした。

  • 日常に起きる些細な、でも現実味を帯びないようなミステリー。描いている内容は、リアルで生々さも伴う。でも、読み終わったあとには残る爽やかさ。

  • 一度読んだのだが、まったく記憶が無く(^ ^;
    ついもう一度読んで感動してしまった(^ ^;

    本自体が非常に複雑な多層構造になっている。

    基本的には短編が三つと、「エピローグ」からなる。
    が、それぞれの短編に、断片的に「童話」「物語」が
    挿入されている。

    本編のストーリーと、挿入された童話と、
    時間軸の違う二つの流れを
    パラレルに読んでいくことになる。

    さらに、この三つの短編の登場人物が、
    意外な形で絡まりながら本編が進行していく。
    その登場の仕方があまりに自然なので、
    あ、あいつか、と気づくのに時間がかかる(^ ^;

    さらにさらに、作者お得意の叙述トリックで、
    なかなかにドキドキハラハラさせられる展開(^ ^;

    ...と、外枠を説明するだけでもこんなに字数を要する(^ ^;

    テーマ的には、「家族」が大きなテーマか。
    その上で、登場人物それぞれが抱えている
    悩みや暗い過去や「かなわなかった夢」や...

    かなり暗い、どろどろしたものを内包しつつ、
    何とか現実と折り合いを付けて暮らしている人々。
    でも、最終的には、ある意味ハッピーエンドになる。

    ともすれば「ご都合主義」と言われそうな展開も、
    丁寧な心理・情景描写で無理なく受け入れられる。
    むしろ、こんな奇跡的なことが起こるなんて、
    世の中まだまだ捨てたもんじゃない、
    みたいな気持ちにさせられるくらい(^ ^

    いや〜、物語の持つパワーはすごい(^ ^

    最後に、上述の通りの複雑な構成なので、
    「一気読み」をお勧めします(^ ^;
    なお、構成は複雑ではありますが、
    それはちっとも読みやすさを損ねてはおりません(^ ^
    黙ってても一気読みしたくなる逸品です(^ ^

  • 3つの話からなり、どれも最後まで心の闇、ダークな世界が描かれているが、最後の最後でハッピーエンドに。さらに3つの話の後にあるエピローグで全部の話がつながり、さらにハッピーに。
    その対極の」展開に、スイカに塩をまぶすとさらに甘くなるように、感情が豊かになる。作者の構成力に完敗。

  • 児童虐待な話があったり、ミスリードで不幸な結末を想像させられたりなど、その他、不幸な結末を予測させる要素がちりばめられていたけど、最終的には不幸な結末が回避されたんじゃないかなぁ〜と想像できる内容だったので、ほっとした感覚とともに読了。

    そして、谷原章介さんの解説の奥深さに脱帽。そこまで深く読めてませんでしたorz クリスマスとかをきっかけにもう一度読んでみようかと思います。(かなり先ですが…)

  • 3つの物語「光の箱」、「暗がりの子供」、「物語の夕暮れ」。それぞれの物語でテーマは違うが、最終的に1つの物語となり完結する。
    この作品を読み終え、人との繋がりについて考えさせられました。この作品のそれぞれの物語としてはどこか暗い印象を受け、切なく悲しい。でも、それぞれの物語が繋がっていると終盤で知る時にはなぜか温かく、優しい物語へと変化する。それは初めには感じてなかった自分の存在意義をそれぞれの登場人物が見つけたからだと思う。
    人はどこかで繋がっている、繋がり合えると思いました。

  • 悲しい話から心温まる休まる話に。
    短編集だが登場人物やストーリーが繋がる
    穏やかな道尾ワールドです。

  • 物語に救われた人たちが紡ぐ、優しい奇跡の連作短編。
    辛さから救われる瞬間、各々の物語が絡まる時が
    きれいです。

  • 心が温かくなる作品。底抜けに無責任に明るくないのがこの人の作品の良いところ。それぞれの人物が暗い部分を引きずりながらも、ハッピーエンドに向かっていく雰囲気が好き。短編集のような構成ながら、それぞれの登場人物が何かしら関わり合い、最終話にすべてが終結する。読む人はどれかの人物に必ず共感できるのではないかな、と。「物語の夕暮れ」の与沢が好き。読了後、ホワホワと幸せな気分に浸れる。

  • つらい現実に生きる主人公達が、「物語」の世界に救いを求めながら、現実を乗り越えていくお話。

    3つの短編が4つめのエピローグで繋がるところが素晴らしい。
    特に、「物語の夕暮れ」の与沢と「光の箱」の圭介との繋がりが印象的。
    与沢は現実の世界で、ちゃんと「かぶと虫」になっていた。
    ちゃんと「残す」ことができていた。
    救いのある美しいラストになっている。

    3つの短編の中では「暗がりの子ども」が最も好きな作品です。

  • 「光の箱」は, ストーリー・セラーで読んでいたので再読。
    むしろ, ストーリー・セラーでこの作家にハマり, この本を手に取ったわけで。

    どのストーリーもすごく心をぎゅっと締め付けられるのだけど, 昔どこかで感じた人に触れた温もりとか, 家族という存在自体の温かみを再認識できるお話で好き。

    そして, 最後の最後には, 独立した3つのストーリーが1つの物語を紡ぎ出す。
    この流れもまた素敵。

    個人的には, 真子ちゃんと莉子ちゃんのお話が心にぐっきた。
    私には兄弟も姉妹もいないから, 莉子ちゃんの気持ちは残念ながら分からないのだけど, これから家族を守っていく身として, 上の子はこういうことにも不安や懸念を抱くのだと思い知らされた。

  • 評価が低いのは好みの問題。
    道尾ワールドは比較的好きなほうで、登録10冊中6冊が☆4つの高評価!
    11冊目にして初の☆2
    ファンタジー…なのかな。
    現実と童話とが交互に描かれた心温まる系。
    総合的にはハートフルな良いストーリーなんだけど…私には読みづらかった。

  • 道尾秀介作品らしい、もの悲しい雰囲気が漂いつつも最後には心温まる物語だった。
    なんのために生きるのか、生きている間になにを遺せるのかという問いは、誰しも一度は考えたことがあるだろう。しかし、なにかを遺したと自覚できるほど、誰かに影響を与えるということは難しい。例え影響を与えていたとしても、与えられた側から伝えられなければそのことに気づけないからだ。
    そんな中で、本作では絵本を中心に描かれている。物語を作ることを勧める人、絵本を作る人、絵本を読む人、それぞれが影響を与え、与えられている。映画でも小説でも漫画でも、例え作者が意図していなかったとしても、物語とはただ面白いだけのものではなく、人生を大きく揺さぶることのできる魅力的なものだということを改めて実感した。自分で誰かに影響を与えられるような物語を作ってみたいとすら思えた。
    ただ、本作は複数の短編がつながって一つの長編のようになっているが、そのつながりの中の一部が少し後付けのように感じられたので、★4。

  • ノエルと言うタイトルだけで読まずにいられなかったが(オアシス好きなため)、心温まる3編。

  • 読み始めたら知ってる話が出てきてなんだ残念、と思いきや。
    これは確かに長編ミステリー。
    エピローグがとてもいい。

    光の箱 の道尾さんらしさが好き。

  • 挿入された寓話の素晴らしさ。
    匂いまでしてきそうな情景描写。
    それでもって上級のミステリ。

全76件中 1 - 25件を表示

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)の作品紹介

孤独と暴力に耐える日々のなか、級友の弥生から絵本作りに誘われた中学生の圭介。妹の誕生に複雑な思いを抱きつつ、主人公と会話するように童話の続きを書き始める小学生の莉子。妻に先立たれ、生きる意味を見失いながらボランティアで読み聞かせをする元教師の与沢。三人が紡いだ自分だけの〈物語〉は、哀しい現実を飛び越えてゆく――。最高の技巧に驚嘆必至、傑作長編ミステリー。

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)のKindle版

ツイートする