5年目の魔女 (新潮文庫)

  • 579人登録
  • 2.99評価
    • (8)
    • (40)
    • (172)
    • (44)
    • (8)
  • 64レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2005年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425405

5年目の魔女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乃南アサの5年目の魔女を読みました。
    これも怖い小説で、覗いてはいけない女の人の怖さを垣間見てしまったような怖さがあります。 初めは主人公が被害者なのですが、物語が進んでいくと実はそうばかりとも言えなかったということが わかってきます。

  • 2011.7.3読了。
    上司と同僚の不倫の騒ぎに巻き込まれ、会社を辞めた女が、五年後その同僚を探す話。

  • 久しぶりの乃南作品。

    でもなんか、歯切れ?なんだろう何かがいまいち?
    最後のどんでん返しにはやっぱりさすが!と思わされるんだけどね。

    女は怖い、そして汚い、ずるい。わかる。
    わかりやすく怖い女はまだいいよ。
    本当に厄介なのは表面上すごくいい人なのに・・・ってやつね。

  • 職場で一緒だったOL同士。一方が一方を裏切り、会社を追われ、5年の月日が経過。5年の歳月の後に再会した二人は・・・。

  • P268

  • 「あなた」が面白かったので里帰りの時に購入して読みましたが、かなりガッカリ。

  • 久しぶりの乃南作品。

    随分と昔の作品だったけど、面白かった。
    ラストのどんでんもなかなか。

  • 2014.7.10ー50
    貴世美の身勝手さは常軌を逸してはいるものの本人なりの理由があるが、何の罪も利害もない母親に手をかける景子はその意味では最大の加害者である。それでも貴世美の恐ろしさの方が印象に残るような女の魔性の描写は秀逸。

  • 女性は怖いという趣旨は明野照葉に似てるかな?
    でも展開・オチは断然劣る(´・ω・`)
    なぜ景子はわざわざ自分を追い詰めるような真似をしたのか?
    景子の過剰なまでの被害妄想はなんだったのか?
    喜世美の五年後の立ち位置にはびっくりしたけど、正直、だからなに?感が強い(﹡•﹏•﹡)
    一番かつ唯一の衝撃は、喜世美のお母さんの件だな〜

  • どっちもどっちなのかな・・・

全64件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

5年目の魔女 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

5年目の魔女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

5年目の魔女 (新潮文庫)の文庫

5年目の魔女 (新潮文庫)のKindle版

5年目の魔女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする