迷宮遡行 (新潮文庫)

  • 852人登録
  • 3.02評価
    • (16)
    • (57)
    • (284)
    • (56)
    • (13)
  • 92レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 新潮社 (2000年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101499116

迷宮遡行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    冴えない男性が失踪した美人の奥さんを探す。途中でヤクザが出てきたりいろいろ事件が起こりながら軽ーく話が進んでく。
    軽いんだか何なんだか。

    二転三転しながらのラスト、無理矢理感があって拍子抜け。
    イマイチだなぁ。

    さんざん回って結局それかい!という。
    主人公もあんまり好きになれなかったです。
    奥さんにも共感できなかったし、何かもったいない。

    うーん残念。

  • 「慟哭」に驚き、同作者の他作品をと選んだ一冊。
    しかしこれは(+_+)

    架空の暴力団同士の抗争に首をつっこむ主人公
    文体も読んでてたるいし、しんどい。
    結末を期待して仕方なく読むがなにもない。

  • 裏社会の話だけど主人公がダメキャラだから
    同じような視点で話が読める。
    でも最後の方の変貌ぶりには違和感が。。
    全体的に話から主人公が浮いてる気がする。
    途中の糸を手繰り寄せてく感じは好き。

  • 結末が無理やりすぎる。主人公の言動も軽率すぎて全く感情移入できなかった。『烙印』の方を読めばよかったかもしれない。完全に地雷作品。

  • 主人公の迫水は、10年務めた不動産会社をリストラされ、そのうえ愛する妻に逃げられるという始末。
    身に覚えがありすぎて、何が原因で逃げられたのかもわからない。

    とことんダメな男であるが、妻を愛する気持ちだけは本物で、妻を見つけ出すためなら暴力団に脅されようとも、警察を出し抜こうとも、後悔はしない。

    しかし、決して悲壮感漂わないのが、迫水の迫水たる所以。
    本人は真面目なのだろうけれど、どこかとぼけたおかしみが、笑いを誘う。
    そして、小さな小さな手がかりを情報交換することによって、少しずつ妻に近付いていくのだとしたら、これは現在のわらしべ長者のようだな。

    そんなのんびりした気持ちで愉快に読んでいたら、突然の大転換。
    好きだからこそ知られたくない秘密。
    それがこんな悲劇を引き起こすことになるとは。

    これ、ドッキリじゃないかな?迫水がみんなに引っかけられたんじゃないかな?と、祈るように読んだけど、現実だった。
    このあと、迫水はどうなっちゃうんだろう?

  • 貫井徳郎2冊目を図書館で借りて読む。1冊目は「痛み」の短編で死刑に対する問題提起があったが今作は展開も無理がありふつうな感じ。今一つ。

  • 会話文が多いのでさくさく読めます。半分くらいまでは面白かったんですけど、ヤクザとか出てきた時点で興ざめ。一般人がそこまで踏み込めるかな、普通。

  • ハードボイルドっぽいけど、しっとりして、貫井さんらしい展開で面白かったw

  • 貫井さんの第2作「烙印」を基に書き下ろされた作品。妻に逃げられた頼りない無職の男。妻を探し始めるが、次第にヤクザの抗争に巻き込まれることに…。…妻と取り戻せるのか。妻は一体何者なのか。知りたくて一気読みしたが、貫井さんにしてはどうかなぁという感じの作品でした。

  • 「烙印」は読んでいないので比較できない上での感想。
    全体的にとにかく楽しくなかった。まず籍を入れていない、ってあたりでどうしようもなさすぎて主人公に共感できない。
    時折出てくる2人の回想シーンも全然微笑ましいとも思えず早く話を進めろよ、と思ってしまった。
    真相についても、特に驚くこともなく、う~んとなってしまった。

全92件中 1 - 10件を表示

貫井徳郎の作品

迷宮遡行 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮遡行 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

迷宮遡行 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする