ガラシャ

  • 495人登録
  • 3.39評価
    • (21)
    • (69)
    • (105)
    • (20)
    • (3)
  • 84レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 新潮社 (2010年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103038337

ガラシャの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 史実ベースのフィクションだけあって、細川ガラシャに詳しくなくとも充分読み物として楽しめると思う。わたしはもともとガラシャがすきだったが、宮木ガラシャで再びガラシャに関する本を読みたくなった。
    本作は、他の宮木作品のような史実を語る部分で妙な違和感を感じなかったのもよかった。ただ、主人公は糸にとって代わられたなあと思う。

    もし叶うなら、個人的にだいすきなお市の方を、宮木さんに書いてもらいたい。読んでみたい。
    2013.07.15

  • 完全にジャケット目的で図書館から借りた。

    でも、面白かった。
    「細川ガラシャ」という名前は知っていたが、その人生までは知らないままに読み始めたのだけれど、読みやすかった。
    宮木さんの文章の書き方も綺麗。

    時間に余裕があるならもう一度読み直したいくらい。
    文庫になったら欲しいなと思う。

    ただ、歴史もの特有というか
    一段落のなかでも、人物の名前表記がひとつに統一されていなかったりしてわかりにくかったかな。これはわざと書いたものだったのだろうか。

  • 糸に主役を喰われてしまった感じ。恋愛を中心に砕いて読みやすくなっているが、ちょっとくどい。史実通りの最後だったら救いようがあったろうに、これでは玉子の魅力が感じられない。ラストもイマイチ

  • 完全にジャケ買い(笑)。でも細川ガラシャという女性の生涯には、いたく興味を惹かれました。

  • 男と女は相容れない

    そのくせ求め合う

    求めても与えてもらえぬ者が、求められても与えることはできませぬ
    麝香の幽斎に対する詰りの一言

    人の感情は、ひどく繊細で計り知れないモノ・・・

  • 信仰を得るまでの玉子は、周りの人に運命を翻弄されている感じでしたが、信仰を得てからは一本芯が通った動じない女性になったようです。
    これほどまでに、入り込めるのはなんだかうらやましくさえあります。
    しかし、このようなつらい時代何かすがるものがなければ、女性たちはつらくてやっていかれなかったのではないでしょうか。

  • ラストがいいですね。

    私はその結末は史実ではないと思いますが、そんな事実があったらいいな~。
    と素直に思えました。

    でも、彼女の信仰への熱い思いを考えるとやっぱり本書の終わりかたはないでしょう。

    歴史小説は一歩間違えるとパロディーのようになってしまうので、難しいです。

  • 2012,4,1

  • 戦国時代のうねりに翻弄された悲劇の女性、明智玉子こと細川ガラシャ。美人で聡明で人質になるぐらいなら家臣に我が身を斬らせて(キリスト教えは自殺は大罪であるため)死を選んだ凛とした貞女。
    そんなイメージが僕の頭の中にはあったんですが良くも悪くも、この物語読んでガラリと変わってしまった。
    玉子がとても人間くさいのだ。
    秘められた愛に苦悩し、嫉妬し憎しむ。
    そんな中ですがる様にキリスト教への傾倒していく。
    忠興の身勝手な振る舞いに声を失いながらそれでも毅然と立ち向かう。
    糸の玉子への献身的な姿。
    自分の思うように出来ない戦国時代の女性の辛さ、悲しみが伝わってくる。
    ちょいネタバレになりますが玉子と糸を瓜二つの設定にすることによってのサプライズもロマンチックな発想だなっと思った。

  • みんながみんな片思い? 男女だったり親子だったり、誰一人自分の思いが叶わない、可哀想な話だー。惨いな戦国(。-_-。)

全84件中 1 - 10件を表示

宮木あや子の作品

ガラシャを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラシャを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラシャを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする