手のひらの音符

  • 285人登録
  • 4.12評価
    • (40)
    • (47)
    • (24)
    • (0)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 藤岡陽子
  • 新潮社 (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103348719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

手のひらの音符の感想・レビュー・書評

  • もうね~すごく良かったです。

    誰しも心の奥にひっそりと生き続けている人、いますよね。
    どんな大人になっているのかな~と、ときおり思い出したりしてね。

    水樹と信也の絆。 憲吾のせつない恋。 信也と悠人の兄弟愛。
    すべて良かったです。

    子供時代の話もとても好き。
    夢中で走ったリレー、相手から目をそらさないで走るドッジボールの練習。
    たがいに支え合い励まし合って、ひたむきに努力する姿の美しさ。
    そして、信也の自転車のサドルの秘密…。
    あ~なんてやさしい子なんだろう。

    最後のレースの場面は鳥肌が立つくらい感動的!
    もう無理…と、つい弱音を口にすることの多い自分が恥ずかしい。

    自分の信じるものを手のひらにそっと握りしめ、
    あきらめないで生きていたら願いは届く。
    そんなふうに思える勇気をもらえました。

  • デザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を知らせる電話が。お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれる――。


    初読み作家さんでした。

    ここに出てくる誰もが、それぞれに悩みや苦労をかかえているけれど、
    なぜだか幸せに感じてしまうのは、
    人に対する思いやりや愛情がしっかり描かれているからだろうか。

    他の作品も読んでみたくなるような、
    とてもいい作品でした。

  • 2015キノベス13位

    大切な人たちからもらった本物の愛情は、一生消えずに生きる力になる。あきらめそう、へこたれそうになった時、もう一度立ち上がる力になる。」著者がこの本に込めた思いを知った時に涙が止まらなかった。私はこの思いをたくさんの人に届けられる書店員でありたい。【小泉真規子・梅田本店】

    「一人の女性のうねりのある半世紀」といったテーマが出発点だとインタビューで書かれているのを目にしたこの作品。
    激動のといえなくもない内容だが、不思議と親近感や親しみを覚えてしまう登場人物達。それは、誰しも主人公であるということなのかもしれない。そう感じてしまうように登場人物達のそれぞれの生きてきた時間に思いを馳せたくなる。

    バブル期の浮き沈みの中で翻弄される女性の物語とも、一人の人を思い続ける恋愛小説とも、色んな読み方ができると思う。個人的には、男3人、一番下は少し皆と違う弟をもつ兄弟愛にほろほろ泣けてきてしまった。理屈じゃなく誰かを大事に思う気持ち。守ろうとする強さ。でも悠人は守られているだけではない。そんな理屈を超えた絆のようなものにほろほろ涙が出てしまう。

    ー人はそれぞれ自分の闘い方がある

    みんなそれぞれ一生懸命で。ぎりぎりで生きている。
    でも決してひとりぼっちではない。
    そんな力強さを感じる1冊。

    2014年 新潮社 カバー写真:山本菜那

  • 読み終えた瞬間、あぁ〜と、目をつぶり、
    幸せな気分に満たされた。
    言葉選びもやさしいけれど、ストンストンと
    あたためるようにつもっていく。珠玉の言葉がたくさん。

    人と関わるということは、こんなに心を温めて、
    切ないけれど、甘くて、嬉しいものだったなぁ
    と、ただ、ただ、幸福な想いになった。

    心が疲れたとき、また読みたい一冊となった。

  • 服飾デザイナーの水樹が務める会社が、服飾部門を廃止することとなった。
    大好きなデザインの仕事、この先の自分の身の振り方を考えながら、水樹が思い出すのは、団地暮らしの貧しかった昔のことだった。

    予備知識なしのまま手にした本でしたが、とっても良かったです。
    水樹の過去の話が、少しずつ明かされてく様子に引き込まれ、夢中になりました。

    水樹と一緒に成長していった三兄弟と、同級生の憲吾、遠子先生、みんな純粋で暖かい。
    辛いシーンが多かった過去ですが、それぞれの暖かさに救われました。

    著者の本、いいですね。他もまた読もうと思います。

  • ★4.5

    服飾デザイナー瀬尾水樹45歳。独身。
    水樹の勤める服飾メーカーは大手ではない。
    16年前の29歳の時に極限までコストを抑え、かつ大量に売れるものを作り続ける事に疲弊し、
    国内の生産にこだわり、品質にこだわる。
    良いものを創れば必ずお客様に伝わる。そう信念をもってやってきたこの会社に転職した。
    順調に仕事を続けてきたはずだった。
    しかし、ここにき限界をきたした。
    社長から服飾業界から撤退すると告げられる。
    今後の身の振り方に悩む水樹のもとに一本の電話が入る。
    高校の同級生の憲吾からで、恩師の遠子先生が体を悪くして入院している。
    それをきっかけに再会した所、憲吾は地元京都で西陣織の再起を図ろうとしていた…。

    人生の岐路で思い出すのは、貧しい子供時代の事だった。
    現在の水樹と過去の水樹…思い出が交互に登場するんだけど、
    特に子供時代の様子は、決して恵まれているとは言えない瀬尾一家と森嶋一家。
    同じ団地に暮らす水樹と森嶋一家の三兄弟・正浩・信也・悠人。
    二つの家族が互いを思いやり、助け合い色んな苦労はあるんだけど真摯に生きてる。
    多感な思春期の少年少女の心情や行動が繊細な描写でまっすぐに届いて来る。
    表現が美しく自然で、景色や情景や気配までが、目に浮かぶ様でした。
    心にグングン染み入りました。
    森嶋兄弟の凄い兄弟愛も良かったなぁ。
    信也の優しさや強さも凄く良かった。

    それぞれ、事情があり苦労も沢山してるけど、それでも前向きに生きる姿が眩しかった。
    とっても良かったです(❁´ `❁) ♡
    物語全体に流れる空気感もとっても良かったです♪

  • 読みながら何度も何度も熱い思いで胸がいっぱいに。
    読み終わってからも、こんなにも全力で誰かを思い続けたことが、あっただろうかと、自問し続けている。
    早く大人になりたい、早く一人で生きていきたい、誰も自分を知らないどこかに行きたい。
    そんな思いを抱いていた思春期の私のそばに、信也のような誰かがいてくれたら、何かが変わっていたかもしれない。
    一生懸命生きることが恥ずかしくて、斜に構え、強がることで本当の気持ちを隠していた、あの頃の自分に、この一冊を届けたい。かたくなに心を閉ざし触れるもの全てを傷つけていたあの頃の自分に、この一冊を届けたい。
    そして、言ってやりたい。「もっとゆっくりと歳を取っていけばいいんだ」と。

  • 純粋でまっすぐに自分の信じた道に向かって生きている人が身近にいるからお互いに襟を正して生きていられる、そんな感じがした。後悔しない生き方のお手本のようにも思える。初読みの作家だが他の作品も読んでみたいと思う。

  •  一気読みしたんですが、それで終わってしまうのがもったいなくて、再読しました。
     瀬尾水樹は服飾メーカーに勤めるデサイナー。
    そこの仕事に満足して、頑張っていた。
    しかし、そこの国内産に拘る丁寧な仕事は、海外での工場生産をメインにした、低価格の大量生産に負けてしまい、服飾業界からの撤退を示唆される。
     その後の進路について悩む水樹。
    そんな水樹に、高校の同級生から電話があり、自分の今の仕事を選ばせてくれた、高校の恩師が病気で入院しているとの知らせ。
     ぞの先生のお見舞いに行ったところから、以前の自宅近くに行き、いろいろな思い出を思い出す。
     その中の一番忘れられない大切な一家。
    森嶋家の三兄弟。
    大人になれなかった正浩。大好きな信也。そして、変わった子どもだった悠人。
     さまざまな思いが丁寧に描かれていて、心に染み入る感じが良かった。
    もういい大人になってから、夢をかなえる信也や悠人が素敵だったし、希望を感じさせるラストも良かった。

  • 語り手である水樹は高校の同級生、憲吾から恩師の入院を知らされ、お見舞いの為、故郷で再会。そこから幼い頃からの思い出が水樹の目線で語られていく。水樹をはじめ、水樹にとって大切な幼馴染みの信也と2人の兄弟や憲吾は決して幸せな子供時代ではなく、子供には背負いきれない悲しみを背負いつつ、優しく強く成長する様が、とても丁寧に描かれていて、思う存分、作品の世界に浸って読む事が出来ました。それぞれの現在も新たな局面を迎えていますが、幼い頃に培ってきた優しさや強さでなんでも乗り越えて行けるはず…!とても印象深い作品。

  • いやぁ・・・
    年末に今年読んだ本を振り返ったときに、5本の指に入ってくるだろう。間違いなく。

    私たちも、命のリレーをしている。
    先祖から受け継いで、次の世代につないでいる。
    なんとなく閉塞感漂う世の中だけど、がんばる背中を見せなかったら、子どもたちもがんばっていけないよな・・・
    別に大金持ちでもないし、平凡な人だけど、困難に直面したら自分なりの戦い方で、日々できることを精一杯やっていこうと改めて思う。

  • あぁ、良かった…最後全てが報われたと涙がにじみました。苦しくて悔しいことの多かった子供時代。大切な人との別れ。大人になっても苦労が多くて、でも逆境の中で時間はかかれど自分の幸せを手繰り寄せていく姿は本当に素敵でした。人にはそれぞれの戦いかたがある。与えられたステージで、与えられた能力の中で戦うということを考えました。逃げてもいい、相手を見ながら逃げるドッジボールの練習シーンが頭の中に鮮やかに浮かび上がってきました。

  • 好きな仕事を、一生懸命やってきて突然の事業撤退
    いままでの自分、仕事、人生、全てを否定された気持ち
    ひとりで生きていること、苦しい気持ちが身につまされる
    子供のころのいじめ、幼なじみたちとのこと
    どうしても自分のことと重ねてよんでしまい
    胸が苦しく悲しく、でも懐かしくやさしい気持ちになる
    こういう小説だったんだ… 読み終わってしばらく呆然でした

    「これまでどんなふうにして、自分は立ち直ってきたのだろう。
    辛いことや悲しいことが起こった時、どんなふうに?」
    「これまで一生会えなくなると確信しての別れは、
    この世にどれくらいあるのだろう。
    人はいつだって、知らない間に一生のさよならをしている」
    「いや、ほんとうにだめだなって。
    おれの周りにいる人間の大多数が
    日本はだめだと思ってるということが、だめだ」

    読み終わって、少し落ち着いてからこれを書いていますが
    勇気というか、明るさといか、大切なものをもらった小説だと思います

  • 心に沁みる、良い小説だった。途中、不覚にも涙を流したりもした。この一冊の中に、人が生きる上での喜び、悲しみ、期待、不安、希望、家族愛といった要素がふんだんに詰まっている。主人公と同じ40代の人には、その人たちが生きてきた時代も再体験でき、特におすすめしたい。
    内容を一言で言えば、幼馴染や同級生との時代を経た邂逅ということになるが、当時と今とがほぼ交互に描かれていて、続きが知りたいという気持ちが長く続く。まるで、いいところでCMに入るテレビのようだが、それぞれの場面が有機的に繋がっているので、読むのをやめられない。平凡な女の子のはずの主人公が意外にモテるのが少々フィクションっぽいが、そのまっすぐな生き方に共感する人も少なくないだろう。

  • 良かった!1日で一気に読んだ。こんなのは久しぶりだろう。
    現在と過去を交互に書いているが混乱は起きない。登場人物が魅力的で感情移入もしやすい、読後感も非常に良い。
    幼い頃〜10代のいくつもの出来事の描写が胸に痛いぐらい響く。あるシーンが特に!
    信也が魅力的なので、水樹に感情移入し、共に追いかけ、最後まで一気に読ませる。
    ひたむき。頑張れ。私も頑張ろう。

  • じーんとくるものがたくさんあった。
    少し上の世代の話だけど、人間同士のつながり、兄弟愛、人を想うことの強さを感じた。

  • 自分の夢を叶えるのは、強い意志さえ持っていれば、年など関係なく挑戦することだと思った。
    高校担任の先生が、もっと自分の事を親身に考えてくれる人がだったら、人生変わっていたかも!
    何て人のせいにしてはいけないな!
    この本は、よく過去の話と今の話が交互に出てくるが、違和感なくすんなり読めた。
    好きな作家の一人になり、他の本も読もうと思う。

  • この作家さんの作品は
    とても心に沁み入ります。

    水樹の家の事情なんて、全然ましだと思いますが…

    君江さん、正浩さん、遠子先生…
    素敵な人たちばかりで羨ましい。

  • 団地で過ごした貧しい子供時代。バブル時代を経験し、今、懸命に生きる人々を描いた感動作。自分も同じ年代、しかも子供時代の空気感が、本当に共感できた。貧しかったけど、近所のみんなとよく遊んだなあ。やっぱり幸せだったんだな。いま思えば。登場人物たちが語る言葉の一つ一つが、胸の奥に突き刺さり、途中から涙が止まらなかった。最高!!

  • 初読み作家、書き下ろし長編。バブル期から現在までを服飾デザイナーとして仕事に生きてきた主人公・水樹、自分自身の会社の部門撤退をきっかけに転職を考え、人生の岐路・選択肢を与えた恩師の病気の見舞いから、貧しい子ども時代を共に団地で過ごした幼なじみ達を思い出し振り返る…。虐められる弟を守る為虫を食べ、水樹がクラスでのけ者にされ自転車籠に塵芥を入れられ気落ちした時、サドルの無い自転車で現れた同級生信也。彼を忘れられない水樹。現在と過去の対比、サドルの行方など中盤から終盤長さを感じさせない感動作品でした。

  • 最近やっと経済に光が差してきたように報道され、社会もそのように動き出しているが、まだまだ活気ある社会とは言えない。そのような世の中で子どもの頃、バブルを体験した40代半ばの主人公たちの姿を描く。特に仕事をしながら生きている女性にスポットをあて、将来に不安を抱えながらも前向きに生きていく力強さを描いている。
    けっして裕福とは言えない家庭で育った主人公はそれでも、恵まれた人間関係と自身の努力で自分の才能を伸ばしていく。現在の姿とそれに至る過去(幼少期から思春期、そして社会人となるまで)を時間を前後させながら描いている。時間の行き来はあるが全くその煩わしさを感じず、まるで謎解きをしていくように主人公を始めとする登場人物の人生が描かれている。
    登場人物たちは悲しい出来事も多々出てくるが、それに屈せず、未来に夢を抱き、それに向かって力強く進んでいく。爽やかな読後感を得られる作品だ。

  • 登場人物の造形も、ストーリーもできすぎの感が否めないのに、現在の自分の心理状況とも相俟って、何度も目頭が熱くなりました。
    自分も頑張ろうと心を奮い立たせてくれる素敵なメッセージがたくさん詰まった小説です。

    どんな本や映画に感動するかというのは読む人の状況に左右されるものですね。
    当たり前のことなのですが、久々に泣ける作品を読んで、改めてそう感じました。

  • 憲吾にシンクロ。自分の中学時代を思い出して、苦しかった気持ちが蘇った。
    憲吾ほど面倒をみていたわけじゃないけど、正常なときと、異常なときの違いに、まだ未熟な中学生は翻弄され苦しむのよね。
    そして行方がわからなくなった信也。
    これもシンクロ。身近の男友達がいつの間にか実家にいなくなってて、さっぱり音信不通。10年以上たって、連絡をつけようと試みたときの勇気やらドキドキやら、もうリアルに思い出してしまった。
    重くなんかない。めっちゃリアル。

  • 藤岡陽子さん初読み。グイグイ引き込まれて一気に読了!

    登場人物それぞれにいろんな世界があり、それがキレイ事ではなく、抱えているものが重苦しく感じられる部分もあったけれど。丁寧に心理描写が書かれていて、ラストはうまく収束してます。

  • 2017/8/15
    今まで読んでた藤岡さんの作品の中でも一番優しさに包まれた作品でした
    この方の文章力とストーリー性 すごく好きです。
    この作品は、裕福でない団地のふた家庭の子ども時代から大人になった現代までを描いていて、昭和の濃い人間関係がとても強い絆を作っていたんだなと私も昔を思い出しました。
    次の作品も期待したいです

全49件中 1 - 25件を表示

手のひらの音符に関連する談話室の質問

手のひらの音符を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

手のひらの音符を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする