ふにゅう

  • 84人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (10)
    • (29)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 川端裕人
  • 新潮社 (2004年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104691012

ふにゅうの感想・レビュー・書評

  • “イクメン”という言葉を聞いたことがない人は少ないのではないでしょうか。育児=女性の仕事という認識が少しずつやわらぎ、今は男性も育児に参加するのがあたりまえの時代。この小説はそんな”イクメン”たちの奮闘記です。お父さんだってお母さんに負けないくらい子どもを愛しているのです・・が、まさかそんな行動に!?

  • ひさびさの川端作品。ふにゅう、やわらかいいい響き。
    「ゆすきくんとゆすあしちゃん」があったかくてとてもすきです。
    なんとなく『ペンギン・ハイウェイ』を彷彿とさせられながら読んだ。

  • どの短編も面白かったけど、特に「ふにゅう」と「ぎんやんま再配置プロジェクト」が個人的には面白かったかな。「ふにゅう」は、子どもの夜泣きがひどいとき、父乳があれば便利なのに~、と自分も思ったことがあり、思わず共感してしまった。他の話も育児に奮闘し、家族と一緒に成長していく父親の姿に勇気づけられた。もっとこの手の「イクメン小説」が増え、1つのジャンルとして確立しないかな。

  • タイトルで手に取った。本当に父乳だった。幼子を持つ父親視点の短編5つ。くそ萌えた。
    「ふにゅう」育休の間おっぱいという絶対的な娘との繋がりを持つ妻に嫉妬して女性ホルモンを飲んでみたり母性本能に目覚めてみたり。ふにゅうも出たよ。
    「デリパニ」血が怖いけどお産に立ち会わされる父親になる美容師の話。
    「ゆすきとくんとゆすあしちゃん」ママとけっこんする、という息子に妬くけど、結局は妻がいなくてはならないように息子もいなくてはならない、と思い至る。
    「桜川エピキュリアン」ゲイの友人に男女の役割が崩れた社会アメリカでゲイが多いようにあんたも父子家庭だから息子もホモになるかもと唆され慌てて女性っぽい贅肉を落とす筋トレに努めるも‥‥保育園児×父親ほんとうに御馳走様でしたありがとうございました。
    「ギンヤンマ、再配置プロジェクト」一ヵ月海外出張へ行った妻に2歳半と5歳の子を任され、親として、初日に3人で獲ったヤゴと共に成長する父親。妻が一ヵ月のプロジェクトを経てどういう結論を出すかは別に、オレはこの子達とこうして暮らしていくという決意する。

  • 育児をする男性が主人公の短編集。
    ふにゅうは漢字にすると「父乳」。主人公が母乳ならぬふにゅうが出ることを切望し、実行に移す様が面白かった。

  • 2010/10/17 タイトル借り。ふにゅうとしたくまのぬいぐるみかと思ったら違った。テーマがいまの気分というのもあるけど、連作という形式がしっくりくる。

  • 何だか愛らしいタイトルだと思ったら「ふにゅう」は「父乳」だと知って、一気に脱力。

    父親の目線から見る子ども達の姿や育児の様子は、とても新鮮。
    どの話も一生懸命に子育てをする父親の姿にクスリと笑って、でもそのあまりに真剣な姿にいつしか笑っていられなくなる。
    子育てに協力的で子ども達の事を心から愛してくれる、こんな旦那さん素敵だな。さすがに父乳出されたら、ちょっと困るけど。

    なかでも「ギンヤンマ、再配置プロジェクト」が良かった。
    暗闇にこもって、幼い子ども二人を抱きしめる父親の姿が、何かもうやり切れない。

    「右腕には夏樹の温もり。今も覚えている幼い頃の痛み。
    左腕にはめいの温もり。切ないくらい愛しい感情の塊。
    全部ひっくるめて自分が蛹になったみたいだった。」

  • 男性の子育てをテーマにした作品。ふにゅう、というタイトルにウケて読んでたら終盤切なくなった。でもこんなお父さん居たら可愛いと思う。ここまで一生懸命になってくれたら泣ける。

  • 2009.8.8
    子育てに奮闘するパパが主人公の短編集
    『おっぱい』
    『デリパニ』
    『ゆすきとくんとゆすあしちゃん』
    『桜川エピキュリアン』
    『ギンヤンマ、再配置プロジェクト』

    書名の「ふにゅう」は「父乳」のこと。

  • 2009/06/24読了
    ふにゅう=父乳

  • タイトルとかきだしに惹かれて読みました(^ω^)結婚してから夫に読んでもらいたいなあ‥

  • 2005年5月15日読了

  • タイトルは赤ちゃんの声?それとも抱いた感じ?
    と思ったら「父乳」だった(その題名の短編はないけど)。

    母乳が出る妻に嫉妬するパパ。
    「ママと結婚する」という息子に嫉妬するパパ。
    妻が海外出張の間悪戦苦闘するパパ。
    色んなパパと子供の物語。
    最後の話が好き。

    〔図書館・初読・5/22読了〕

  • 男性の子育てをテーマにした短編集。プロフィールからご本人の経験とほぼ重なっているものと見た。



    作成日時 2007年04月04日 20:31

  • <font color="#666666"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104691011/yorimichikan-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4104691011.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a>
    <br clear="left">
    <blockquote><p><strong>ふにゅう〜 と、いきなり言われても。
    重松清氏、困惑、爆笑そして感動!!
    たった一度でもいい。かわいい愛娘に、〈ふにゅう〉をやってみたい・・・・・。
    滑稽だけどピュアな、新しい父親の肖像!

    仕事に燃えるママの代わりに、育児に奮闘する洋介。息子を見る妻の眼差しに嫉妬を覚えつつも、平静を装う匡史。血が大の苦手なのに、立会い出産に望むハルキ。事情はそれぞれ違うけど、子供を愛する気持ちは、みな同じ――頑張るパパの“超現実”を描いたユーモア溢れる小説集。</strong>  ――帯より</p></blockquote>
    父と幼子の五つの物語。
    現実問題として、いまの日本では、両親が揃っているのに父親が主に育児をすることを選択する家庭は まだごく稀、あるいは皆無に近いだろうと思われるが、この五つの物語の父親たちは望むと望まざるとに関わらず主夫として育児に関わることになり、そしてそのことを良しとしているのである。どころか、積極的に楽しみ、この場にいない妻=母親を呪いながらも満ち足りた時間を過ごしているのである。子育てに関われる時間を大切に思う父親たちと、それを見る世間の目とのギャップもさもありなんと頷かされる。育児に関して母親が特別なのは、産むという役割と母乳を与えることができる――それとて全員ができるわけではないが――ということだけではないのだろうかと思わされもする。</font>

  • 男の育児はこうあって欲しい!新米パパに読んで欲しい1冊です。育児が大変だと思うママには息抜き気分で読める本です。

  • 最初タイトルを見た時、擬音の『ふにゅ』と体をくたっと、させる状態を連想したのだが、ふにゅう=父乳だったのだ!父親があらゆる状況で子どもと向き合い子育ての中で、新たな父性を発見したり、母性(本能として組み込まれた)に嫉妬したりと。ここに描かれた母親達は、強靱に生活してるのだが(苦笑)。子育てのベテラン世代にナッタわたしが、ああそうだったな、へえそうだったんだと、
    感慨に耽りながら最終ページを迎えた。

  • 帯の文章を重松清さんが書かれてるので手にとって見た。初読み作家であるがなかなか良い小説を書くなあというのが率直な感想である。
    <br>詳しい感想は<A HREF="http://torakichi.jugem.cc/?eid=76">こちら</A>




  • 「ふにゅう」=「父乳」のこと。
    子育てに頑張るパパなら、必ず思うであろう「おっぱいってずるい!!」という感情。
    そう思いつめたパパに、ある異変が起こるんです!!

    他4作品収録の小説集です

全22件中 1 - 22件を表示

ふにゅうに関連する談話室の質問

ふにゅうを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふにゅうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする