ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)

  • 13人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小原信
  • 新潮社 (1987年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106003257

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サン=テグジュペリの『星の王子さま』、ミヒャエル・エンデの『モモ』と『はてしない物語』、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』、そしてC・S・ルイスの「ナルニア国物語」の第1巻である『ライオンと魔女』の、5つのファンタジー作品を取り上げて、その読みどころを解説しています。

    全体を通じて、ファンタジー作品は人間にとってどのような意義を持つのかという問題意識に貫かれています。とくに、『はてしない物語』の内に、「どこかでいまも積みかさねられ、だれかに掘りかえされるのを待っている、かつての夢やまぼろしがあるということ」が読み取られている箇所が、興味深く感じました。

  • 大学の授業で倫理学を習っていた先生の本です。先生にアフォリズムを教えてもらってから、本をただ読み流すのではなく、一文一文に注意して読むようになりました。

  • 倫理学者の読み解くファンタジー。
    果てしのない物語、モモ、銀河鉄道の夜、ナルニア国物語、星の王子さま

全3件中 1 - 3件を表示

小原信の作品

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)の作品紹介

本書に論じられる作品は周知の名作で、かつて読んだ人も多いだろう。しかし、ここに著者の導きによって、新たな視点を与えられると、作品のみならず、自分の生きている「現実」さえ異なって見えてくる。まさに「ファンタジーは自他のもつ世界を新しくひろげてくれる」のである。

ファンタジーの発想―心で読む5つの物語 (新潮選書)はこんな本です

ツイートする