空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)

  • 23人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 金基燦
制作 : 金 基燦 
  • 新潮社 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106100192

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
マルクスアウレー...
J・モーティマー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)の作品紹介

朝鮮民族(韓民族)が「民族の聖山」として仰ぐ白頭山は、中国と朝鮮との間で長年にわたってその帰属が争われてきた。ところが一九六二年、金日成は中国と極秘条約を結び、朝鮮戦争支援への見返りとして、この山の半分を中国に譲り渡していたのだ。東アジアに残る知られざる国境紛争の歴史をたどりつつ、民族共有の財産まで私物化し、民族に対する裏切り行為を平然と行ってきた金日成・金正日親子の罪を告発する。

空白の北朝鮮現代史―白頭山を売った金日成 (新潮新書)はこんな本です

ツイートする