R帝国

  • 201人登録
  • 3.94評価
    • (4)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中村文則
  • 中央公論新社 (2017年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050008

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

R帝国の感想・レビュー・書評

  • 建前として民主主義で運営されているR帝国。国は実質「党」が支配し、マスコミも支配下にある。野党すら「党」に選定されている。しかし国民は結構豊かな生活を享受している。そんななか突如Y宗国という宗教原理主義国の侵略を受け、戦争状態に陥る。侵略されたコーマ市は島で、沖縄のように軍事基地建設を拒否していた行政区であった。この唐突に始まった戦争は、何の目的で起こったのか、その理由が徐々に明らかになっていく。
    そして、主人公達の極小さなグループは、世論を操り、戦争を主導している権力に対し、真実を明らかにすることで戦争終結を試み、成功を収めたかに思えた。
    しかし、「人々が欲しいのは、真実ではなく、半径5メートルの幸福なのだ」となる。
    パラレルワールドであり、Rは日本、YはISIS、Cは中国みたいな世界観なので、イメージはし易い。
    ただそれ故に、R帝国の悪どさも、現日本の陰湿さと似通っていて、新味が感じられないのは残念。
    戦争・格差・人種差別・・・これらに対して、現代日本の(世界的なのかも知れないが)少し延長上にある考え、人間の本質をいやらしく書いた、なかなか面白い本では有る。

  • 夕刊連載ということもあるのか、著者の作品にしては珍しくド直球の作品。構図が単純な分、本当に考えさせられる内容だった。特に342頁からの加賀の語りは示唆に富んでいる。また作品中に「小説」として出てくる現実世界の歴史解釈にも目を見張るものがあった。深いが読みやすくあっという間に読了。「掏摸」とは全く違う意味で著者の作品が好きになった。北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、水爆実験をも実行している今こそ、是非読みたい一冊だと思います。

  • 情報統制された国のお話。政治的なものあり宗教的なものあり、現代の風刺、そして、中村さんのお話である善と悪との物語。チンパンジーのこと、幸せのこと、いろいろ考えさせる。重い。

  • 〝世の中〟を覆う、抗いようの無い大きな厄災。
    〝社会〟〝世界〟の薄皮を捲るて見える、黒く渦巻く爛れた意思。
    どうしようもない〝今〟を抉る問題作。
    この作品を否定できるヤツはいるのか?

全5件中 1 - 5件を表示

R帝国を本棚に「読みたい」で登録しているひと

R帝国を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

R帝国はこんな本です

ツイートする