人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)

  • 157人登録
  • 3.37評価
    • (1)
    • (21)
    • (22)
    • (5)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 川島浩平
  • 中央公論新社 (2012年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021632

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「黒人は柔らかな体を持ち、身体能力が高い」という固定観念について、検証した本。
    個人的には、“なぜ黒人の身体能力は高いと考えられるようになったのか”という点が興味深かった。


    奴隷制度、人種差別政策といった「アメリカ黒人の特有の歴史」、それに起因する「特有の職業にしか就けない」「他の職業からの排除」といったことが、根底にあると思った。

    ある黒人アスリートの言葉から考えると、この固定観念は、奴隷制度、人種差別政策といった「アメリカ黒人の特有の歴史」、それに起因する「特有の職業にしか就けない」「他の職業からの排除」といったことが、根底にあると思った。 黒人が特殊な能力を持っているのではなく、“なぜ黒人の身体能力は高いと考えられるようになったのか”が大きな問題でもあると思った。 冬のスポーツで黒人の選手が活躍するようになったら、この固定観念がどうなるのかという疑問も新たに持った。

  • 新書文庫

  • 資料ID:C0033593
    請求記号: 中公新書 ; 2163
    配架場所:2F新書書架

  • 読み終わってモヤモヤが残る本。一般に言われる「黒人の身体能力は高い」と言われる「黒人」の定義が曖昧すぎるという話には納得。そして我々は歴史的、文化的背景や環境を考慮していないという点も納得。ただ読み終わった後にこういうことじゃないんじゃないか?という思いは抜けない

  • S780.18-チユ-2163 300221629

  • 近代オリンピック黎明期、まだ黒人は貧しく肉体労働していたので、スポーツに興じる余力がなく、体も弱いというのが一般的な見方だったらしいが、今は黒人は身体能力が高いというのが一般的な見方だろう。陸上100mに限って見れば決勝に残るのはほとんどが黒人はなのでそういう錯覚に陥るが、強いのは陸上競技やバスケットボールなどに限られている。黒人だからと言うよりも、走りが早い文化を持つ民族がいてそれがたまたま黒人だったとか、黒人の多いアメリカの都市部の狭い場所で金をかけずにできるスポーツがバスケだったという話である。

  • 「黒人」は生まれつき運動能力が高いとされることが、彼らの努力を隠蔽したという点が興味深かった。

  • 「黒人の身体能力は生まれつき優れている」というステレオタイプを真っ向否定から入っている所が良い。歴史的観点からそのステレオタイプを崩した。どのようにして今のステレオタイプが作られたのか?その生みの親まで遡っている。筋肉だけでは無かった!

    それにしてもスポーツの面からも語られているポール・ロブソンの凄さに改めて気づかされた。

  • 黒人スポーツ選手が受けてきた差別と、やがて黒人の身体能力神話が人口に膾炙するまで
    正直言って、遺伝や環境要因などの研究の知見が足りなくて著者の論旨の組み立てはいまいち弱いのだけれど、それでも勘違いしてる人たちの多さを考えれば読んで欲しい本です

  • 黒人は柔らかな体を持ち、身体能力が高いという印象を持ってしまうが、それはアメリカという国で黒人が活躍できる場が限られていたことに起因する。実際にはそんなことは決してないということがよくわかる1冊である。

全21件中 1 - 10件を表示

川島浩平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)の作品紹介

オリンピックの陸上男子100m決勝で、スタートラインに立った選手56人は、ここ30年すべて黒人である。陸上以外の競技でも、彼らの活躍は圧倒的に見える。だが、かつて彼らは劣った「人種」と規定され、スポーツの記録からは遠い所にあった。彼らは他の「人種」に比べ、本当に身体能力が優れているのか-。本書は、人種とスポーツの関係を歴史的に辿り、最新の科学的知見を交え、能力の先天性の問題について明らかにする。

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)はこんな本です

ツイートする