カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)

  • 31人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 泉麻人
  • 中央公論新社 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505828

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
清水 浩史
石原 慎太郎
北野 武
新保 信長
有効な右矢印 無効な右矢印

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 散歩好きはタイトルで買ってしまう。

    新聞の広告でしって楽天ブックスでポイント利用で購入

  • 散歩をしていると、大通りから古い道が枝分かれするようなポイントに出くわすことがある。道幅はちょっと狭くて、ひなびた商店が奥の方に何軒か見える。散歩愛好家というのは気まぐれに、だいたい裏道、くねくね道に足を踏み入れてしまうものだ。ここで名づけた「いい道、しぶい道」とはそんな道。街歩きブームの先駆者が、時代の変化を独自のアンテナで捉えながら、東京に散在する、歩きがいのある道を地図と写真をまじえながらガイドする。

  • <目次>
    まえがき
    第1章  城北エリア
    第2章  城東エリア
    第3章  城南エリア
    第4章  城西エリア
    第5章  多摩エリア
    あとがき

    <内容>
    読売新聞のウェブの連載を基に(雑誌「首都高」のコラムや書き下ろしも含む)、毎回大した距離を歩いてはいないが(1~4㌔ぐらい)、「✕〇通り」を街歩きしたエッセイ。
    泉麻人と言えば、洒落た街や店を紹介するイメージ(昔のテレ東”アド街”に出てた頃の感じ)が抜けきれないが、50代後半にもなると「おじさん」臭が漂うエッセイになった感じ。ただ、歩いた距離は短くても通りに「昭和」を見出す眼力はすごい。読んでて歩きたくなる。
    またあとがきに出て来る永井荷風なんかもこうした「街歩き」をしていて、「ブラタモリ」といい、今のブームも昔から繰り返しあったんだな、と思う。

全3件中 1 - 3件を表示

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)はこんな本です

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする