女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))

  • 308人登録
  • 4.09評価
    • (52)
    • (29)
    • (36)
    • (1)
    • (1)
  • 38レビュー
制作 : 村上 博基 
  • 早川書房 (1972年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150400071

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二次大戦の英独海戦。表紙見ただけでどんな話かわかるってもんだけど、読み終わってぐったり疲れた。もし私がユリシーズ号に乗ってたら最初に死ぬ。

  • 大昔一度ハ-ドカバ-を読んだことがあった。今回再読。ほとんど忘れていたから良かった。ユリシ-ズ号とソ連向け船団の滅びていく美学。もうメチャクチャやられるお話し。酷寒の海を感じるには、酷寒の季節に読むのが適している。それにしても、この後のソ連との冷戦を考えると、ここまでしてソ連向けに補給して犬死みたいに思えるが、ナチスドイツの敵は味方の考えだったのでしょうね。イギリスにとって皮肉なものですね。平家物語とは全く趣を異にするが、滅びの美学を書きたかったのでしょうか、マクリ-ンは。?彼の作家人生の第一作目です。記念すべき本であります。

  • 久しぶりに直球でぐんぐん迫ってくる話だった。どうしてもこの話を語りたい!という作者の熱気に圧倒される。膨大な登場人物や繰り出される専門用語に、初めは付いていけるか不安になったけど、戦いが始まった頃から俄然のめりこんだ。ほぼ死ぬことが確実な戦艦に乗り込んで、それでも艦長の為、友の為にに戦い黙々と海に散っていく乗組員の姿に涙せずにはいられない。彼らが国の為家族の為ですらなく、ただ敬愛する艦長の為に戦うという所がまさにこの本の真骨頂だと思う。

  • 第二次世界大戦中、極北の海で輸送船団を護衛する任に当たった英国巡洋艦ユリシーズ号の、壮絶で痛ましく、過酷で無謀で熾烈で無慈悲…といった言葉が読後脳内に逆巻く作品でした。
    もちろん読んでいる最中にもそれらの言葉はよぎるのですが、読みすすめるほどに夢中になってのめりこみ、その時々では感想なんて生易しいものには思い至らなかったのです。
    軍事関係の専門用語はふんだんですが、少々分からなくても、そんなものは蹴散らし進んで構わないかと思います。
    もちろん分かるに越したことはないのでしょうが、充分、もしかしたら今は絶滅に瀕している男侠というものを堪能できるかと思います。
    読了後、とにかく独りになって、ユリシーズの面々に思いを馳せるひとときが必要かと。

  • 戦争モノ読んだことがなかったので、用語も知らず分かりにくいところもあったけれど、人間ドラマ、骨太の漢の話という路線でなら語られる。難しかったし、時間もかかったし。

  • しんどい…精神的にかなりやられました。生き残ったニコラスの語りが誰にも伝わってないのも疲労感を増す。
    あほか!と思うところもあるけど、ただただ滅びに向かっていくのがもう壮絶すぎて、苛烈すぎて、でも熱くて。
    私はユリシーズには乗り込めないなぁ。

  • 圧倒的。

  • すごく期待して読んだけど、好みではなかった記憶が。
    話しは全く覚えて無いので、再読してみますかね。

  • 言わずと知れた名作でずっと読みたいがチャンスがなかった。冒険小説としても楽しめるが事実を淡々と綴る歴史小説的なところもあり、それが逆に戦争の過酷さのリアリティを出している。それぞれの登場人物の個性も魅力的で爽やかな気持ちになれるのもいい。

  • タイトルだけは、聞いたことがありました。『ナバロンの要塞』の原作者が書いているというので、期待して読みました。
    登場人物が多く、また人物紹介欄がないので、誰が誰だか分からなくなります。また階級だけだったりすると、前に戻って読み返しなので、読み終わるのにすごく時間がかかりました。
    そのようなわけで、お話に集中することができません。ただ寒いイメージだけが残りました。

全38件中 1 - 10件を表示

アリステア・マクリーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
ルシアン ネイハ...
ドン・ウィンズロ...
ジェイムズ・P・...
スティーヴン ハ...
ウンベルト エー...
宮部 みゆき
フレデリック・フ...
有効な右矢印 無効な右矢印

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))に関連する談話室の質問

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))に関連するまとめ

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする