黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 82人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (13)
    • (20)
    • (4)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 福田和代
  • 早川書房 (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)の感想・レビュー・書評

  • 最後の嵐の中の航海は、無理しなくても良かったのでは。

  • 途中で、読むのを止めようかと思った。
    半分近くまで読んでいたので、結局読了したが私には合わない作品だった。
    20年前の事件が始まりだった。
    海に投下した密輸品を引き上げる事件に関わる男たち。
    20年後、事件の関係者の元婚約者が産んだ子供が偽造パスポートを使って来日する。
    その子と知り合い交友を結んだ青年も、否応なく事件に巻き込まれていくのだが。

    作者は何を書きたかったのだろうと思うほど散漫な作品だと感じた。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    阪神大震災で祐一は両親を亡くした。何かを亡くすのは初めてではない。超高校級スプリンターだった彼は二年前に事故で引退を余儀なくされた。走れない脚は亡いも同然だ。だが、ボート仲間のタイ人青年ドゥアンが殺されたことを契機に、凍った祐一の心に火がつく。背後に浮かぶ蛇頭と孤島に住む大物財界人の影。いつしか祐一は第二の脚となった船で大海原に走り出す!骨太で熱い青春海洋冒険サスペンス。

  • 本書には船と拳銃をこよなく愛する著者の想いがほとばしっており、~以下略~ とあったけれど、作者の趣味に走りすぎでは?
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/6346623.html

  • 悪事に手を染めた結果

  • ハードボイルド小説だった。漁師の川西と、やくざな真木と、その中心にいる高見、らの関係性ばかりに興味がいってしまい、え?誰の物語だったの?と思ったけれど、読み始めたら止められない一気読み小説でございました。とにかく、後日談とその前の物語が読みたくて仕方なくなる濃厚な小説でした。

  • 著者の作風で破壊目的があったが、ちょっと作風を方向転換しようとしている感がある作品。

  • 気になりながら、読み損ねていた本の在庫一掃モードな、今日この頃。いやあ、良い! 面白い!「青春海洋冒険サスペンス」とうたてっているとうり、いろいろな要素が含まれた物語だけれど、取りこぼしなく堪能させていただきました。主人公はじめ、登場人物の誰もが魅力的で、ぐーっと引き込まれてイッキ読みでした。事件そのものの謎解きも面白かったけれど、単純に「善悪」「敵味方」では分けられない「人のあや」みたいなものを読まされたような気がします。新刊即読み作家に昇格!

  • 密売が絡む船乗りの冒険物。
    主人公はヨットの好きな大学生・間嶋祐一。かっては高校でいずれはオリンピックと期待されていた超高校級スプリンター。
    膝の怪我で選手としては再起不能になり、なんとなく時を過ごす。
    大学入学後にタイ人の友人タオ達とばかをやったり、モーターボートで海へ出るのが楽しみだったのだが…
    阪神大震災で両親と伯父一家を亡くし、呆然と半年が過ぎた。
    行方の知れなかった友人・ドゥアンが死んでいたとわかり、にわかにきな臭い事情がわかってくる。
    外国帰りの日本人探偵・古賀は、20年前には刑事だった。密告により陳を捕らえようと友人・高見の運転するクルーザーで大阪湾の受け渡し地点へ出たが、事故で高見は負傷。高見の婚約者は国を出て、彼はそれを追い、駆け落ちしたとも噂された。
    半身不随の高見は所有するあけぼの丸で因縁の片を付けようと…?
    男同士の友情や葛藤が描かれています。
    著者は1967年神戸生まれ。神戸大学工学部卒。2007年「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。

  • 青春小説っぽくて東京ブラックアウトよりか こっちのが楽ちんだったけどな

  •  兵庫県姫路市と埼玉県蕨市への2日連チャン出張の移動列車中づぅ〜〜っと読み続けて読了! 前作『TOKYO BLACKOUT』とは全く趣の異なる、少しハードボルドで、ちょとミステリアス、アジアンマフィア対やくざが東シナ海で激突ぅ! 小説なのだ。 なに?何のことか分からないって。 そりゃ買って読むしかないっす。 あっ、もひとつ大事ながある。阪神大震災が引き起こしたストーリーが心に沁みます。阪神地区ゆかりのひとはやはり読むべし。 気になる意味深なお話がひとつ書かれているのでご紹介。 page156  「軽自動車が・・・若草色の丸みを帯びた車体だ。色と形に騙されそうだ・・・」 いったいなにがどう騙されそうなのだろうか、と考えた。 2分考えて、やはりこれはイギリスの名車ミニクーパーの事を言ってるとしか思えない! という、わたしなりの見解に至った。 どうだろう、正解かなぁ。

  • 新装「ハヤカワ・ミステリワールド」。かつてはずいぶんお世話になりましたっけ。最近は東直己のシリーズぐらいしか読んでいなかった。さて、本作は、正統派の青春海洋冒険小説である。ディック・フランシスを意識した描写があると思ったら、ミステリマガジンの最新号での著者インタビューにもそれについての言及があった。その一つ、主人公が高校時代、トップアスリートだった前歴は、それほど物語に影響は与えていないように思う。また、後半で主人公がひどくダメージを受けるシーンは、「競馬」シリーズのいくつかの作品を想起させる。二作目も気になるので、いずれ読みましょう。

  • 男気溢れる海洋ミステリである。事故によって栄光から絶望の闇へと突き落とされた高校生スプリンター。足の次に震災によって両親まで失ってしまう。そんな彼を救ったのは波を切って走る船だった。けれどやっと訪れた平穏な日々がタイ人の友人の死によって大きくうねり始める。拳銃密輸やら蛇頭やら孤高の車椅子社長やら胡散臭い自称探偵やらが出てきて、前へ前へと読み手の気持ちがつんのめる。たった7日間の間に起こった出来事なのに、ものすごく奥行きを感じる。そしてなによりもオトコとオトコの言葉では言い表せない複雑な絆に惚れ惚れしてしまう。オトコとオトコ そして 父親と息子 の これは熱い愛の戦いの物語なのだ

  • 「震災後元スプリンターカタキ討ち元刑事と二人三脚」

  • 久々に読んだちょっぴりハードボイルド・タッチの
    青年の男への成長をアツく書いた読み応えある作品。
    TOKYO BLACK OUTよりは目新しさはないし、やや
    古がかったテイストとストーリーですが基本的に
    自分がこういうの好きなんですね。ちょっと前の
    藤田宣永とを思い出しました。

    まぁ例によって「アレ?」「え?なんで?」的な強引な
    展開はあった気がしますが...。成長ものとしてはバリ王道。
    瑞々しく清々しい!

  • 「TOKYO BLACKOUT」でブレークした福田和代の新作。
    「TOKYO BLACKOUT」のスケールさでびっくりし、デビュー作の「ヴィズ・ゼロ」で繊細さに圧倒され、今度の新作では、どんな一面を見せてくれるんだろう?
    と、発売前からとても楽しみだった。
    でも・・・
    オススメはオススメだけど、前2作に比べると、ちょっと物足りない感じ。
    今回は銃の密輸を巡る男たちの物語。
    ハードボイルドタッチで、とても女性が書いた作品とは思えない。
    スピード感や引き込まれる感は前作に落ちるけど、ラストは何となく切ない。
    そして、かっこいい。
    ぜひ、自分で読んで感じてみて欲しい作品。

  • 福田和代さん第3弾作!

    いままでと傾向がちょっと変ってる。
    最初はどーかな?とか思ったけど読み進めるとハマる!

    いや、本当に私好みな骨太な作品を書く作家さんです♪

全20件中 1 - 20件を表示

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)に関連する談話室の質問

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)の作品紹介

阪神大震災で祐一は両親を亡くした。何かを亡くすのは初めてではない。超高校級スプリンターだった彼は二年前に事故で引退を余儀なくされた。走れない脚は亡いも同然だ。だが、ボート仲間のタイ人青年ドゥアンが殺されたことを契機に、凍った祐一の心に火がつく。背後に浮かぶ蛇頭と孤島に住む大物財界人の影。いつしか祐一は第二の脚となった船で大海原に走り出す!骨太で熱い青春海洋冒険サスペンス。

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)はこんな本です

ツイートする