影裏 第157回芥川賞受賞

  • 207人登録
  • 2.79評価
    • (0)
    • (7)
    • (15)
    • (10)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 沼田真佑
  • 文藝春秋 (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907284

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

影裏 第157回芥川賞受賞の感想・レビュー・書評

  • 雑誌(『文學界』2017年5月号)で読んだ。
    久しぶりに難解な作品が来たか、という印象を受けたが、それはある種の文体から受けた印象で、作品の内容自体は実際読み終えてみると(これは文學界新人賞選考委員の松浦理英子氏も言っていたが)例えば何か謎が残るとか、わざと矛盾点があるとかそういったことはない非常なシンプルな構成になっている。ただやはり、筆力のある文体と言って良いのだろうが、ある種「凝りすぎている」印象が強かった。最近の若手で同様に筆力のある作家の高橋弘希氏などと比べると、力が入りすぎている感じがした。他の人はどうなのかわからないし、最近小説自体読むのが苦痛な状態にある自分の問題でもあるのだろうが、文芸誌で30p、単行本で100p弱の作品だが、読むのに非常に疲れた。
    ラストに関しては、うまいところに収めたと思う。
    また、震災が絡む、セクシャルマイノリティが絡む、という作品ということだけ聞いていたので、どんなどぎついのが来るのかと思っていたが、そこを収めた筆致はやはり評価されれるべきだろう。
    ただ、津波のシーンや震災直後のシーンの描写などは読むのが結構辛かった。
    しかし、芥川賞か…。いや、不満はさほどないんだけど、だったら高橋弘希にもやってくれよ、と思ってしまうのであった。

  • とても面白い。オススメ✌️

  • 芥川賞受賞作品ということで、とりあえず読みました。
    が、私には、伝えたいことが伝わりませんでした。
    おわり。

  • 軽く読める作品。

  • 水墨画の様な印象。
    LGBTや東日本大震災など、鏡の様に時代を写す描写も特徴的。
    ただ、鏡の角度がやや正対しすぎな感もある。
    もう少し角度をつけて鋭利にすると、もっとすごかったと思う。

  • 岩手で読もうと決めていた。描写が美しくて、涙が出るほど。目に映るものをこんな風に著すことができたら、日常が絵画のようになるだろうと、心底感服した。しかし、これほど後味の悪い小説を久しぶりに読んだ。描写の美しさと内容の不気味さのアンバランス、そしてスケール感の伸び縮みが、黒板を引っ掻く音のように気持ち悪い。
    主人公の今野、同僚の日浅。今野の内観描写は、田舎に住む者の倦みをよく表していると思った。そして自分にとってのマイノリティーは誰かの日常であるということに気付かされた。日浅は「ある巨大なものの崩壊に陶酔しがちな傾向」がある。3.11以来、行方がわからない日浅。震災がもたらした崩壊に、日浅はどこかで陶酔しているのかもしれない。自分の状況にも気づかずに。

  • 雑誌文藝春秋で書評と一緒に読んだ
    小説は、綺麗な読みやすい文章で
    あ、この人の小説はきっと好きだなと思う
    短い小説で、ここで終わっちゃうのかと思ったが
    その余韻がいいなと思えるお話だった
    読み終わった後、選考委員の書評を読んだけど
    みなさんバラバラのご意見で、
    人間臭さを感じて、少し笑ってしまった

  • 全体に漂う不穏な感じが、いかにも芥川賞っぽい

  •  友情と、たしかにそう聞こえた。だがそれが誰と誰とのあいだの友情を指していうものなのか正確なことはわからなかった。やがて二階のどこからか、何か重たい荷物を引きづったり、小物が床にばらけたりする音が聞こえてきた。しばらくすると階段を一段一段軋ませて、厚手のネルシャツの袖を腕まくりした日浅氏が咳き込みながら姿を見せた。腋の下に薄いブックタイプのホルダーを挟み、手にはガラスのコーヒーサーバーを握りしめている。古い喫茶店のマスターのようだとわたしは思った。(p.81)

  • 淡々と進んでいく話の中に、少しずつ変わっていく人間模様や、どことなく漂う不穏な感じが面白い一冊だった。元同僚であり友人の日浅のもう一つの顔が徐々に浮かび上がってくる様子が、日常の中にうまく描かれていてぺージをめくる手が速まった。若干文章が私には難しかったが、再読していくともっと楽しめる話かなとも思った。

  • 短い。ミステリーのようなそうじゃないような……。意味ありげな和哉、震災、東京と田舎のモチーフ。たぶん大津波に感銘を受けた日浅が震災に乗じて山奥で魚の養殖やってるんじゃないかと思う。日浅のそういうところに気づけなかった「わたし」は利用されたんだなぁ…というオチなのかもしれない。

  • 端的に描写される自然と人物、後に崩壊する匂いをさせながら立体的になっていく。
    まずはこの想像力を掻き立てられる部分に小説を読む良さってこういうことだよなと改めて実感させられた。
    特に人物については、「俺の周りでいうとあの人」みたいな感じじゃないのに「こういう人がいる」と思ってしまうほど。
    あれだけの分量しかないとは思えないほど短い中に人も物語もびっしり詰まってる。
    しかも詰め込みすぎにも見えるそれぞれのエピソードが確実に一つに収まっていて、重要でありそうな話ほどさりげなく語られる感じとか見事すぎる。
    個人的には今村夏子「星の子」の方が好みだけど、文学賞としては今作の受賞がふさわしいと思う。

  • こいつは大物になる
    そう思って、一目置いてた同僚は
    かねてからの想像どおり、より大きな世界を求めて退職していった
    しかし次の職場で、厳しいノルマに追い立てられ
    みるみるうちに性格がきつくなっていった
    それで疎遠になったのだけど
    あるとき、震災津波で彼が行方不明になったことを知らされた
    その後実家を訪ね、彼が父親に勘当されていたことを知った
    この父親の、性急な判断の是非をどう捉えるかは人それぞれだろう
    事実を除けばすべて憶測にすぎないのだから
    いずれにせよ本当のところ
    彼が何を考えて生きていたのか、もはや誰にもわからない

  • 情景や心情の描写がとても詳しく描かれ、物語全体のゆっくりと立ち止まりながら歩くようなテンポをつくっていた。人物たちの細やかな心の動きや空気感が、情景を通して語られており、静かに耳をすませながら読んでいるようでひきこまれた。
    話からは少しそれるけれども、仙台の冷やし中華発祥のお店がちらっと登場し、また行きたくなった。

  • 資料番号 : 00013948
    請求記号 : 913.6||NUM
    配架場所 : 上階書架
    NCID : BB24114989

  • 「ある巨大なものの崩壊に陶酔しがちな傾向」がある元同僚の日浅、営業の月間MVP、「一口足りない」、性別適合手術を受けた今野、震災後行方不明に、「もう父親ではないんですよ」、偽造した卒業証書、帰る場所をなくした、「あれを探すなんて無益だ」、「息子なら死んではいませんよ」…選評松浦理英子「作者は明らかにマイノリティの側に立って書いている。そして大衆のマイノリティへの好奇心や期待に応えるかたちで小説を書こうとしていない。とりわけ注目すべきはセクシャルマイノリティを恋愛を通して書いていないこと」

  • 第157回芥川賞
    受賞作1篇だけの単行本という事でわずか94頁の最薄本。

    表面的には、主人公が元同僚の「日浅」と釣りをする話し。

    「電光影裏斬春風」という禅語が登場する。
    ここからこの小説のタイトルはとられたのだろう。

  • 審査員がボーイズラブだと言ってたので読んでみた。ニアBL、匂い系として読むとそれなりに楽しめるし、自然描写も素敵だ。文章は水みたいにクセがなくするする読める。ただ、これが芥川賞にふさわしい作品かと言われると大幅に疑問。

  • 盛岡市にある程度の土地勘がある状態で読んでいる。「震災小説」というジャンルまたは呼び名ができてしばらく経つのかわからないが、同種の一系列だとすると、人の心の「わからない」ことに対して、純文学の誠実なアプローチをしている。
    セクシャルマイノリティをテーマに含むかは微妙。ただ世俗がまだ「言い切れない」「判断しきれない」ものが日常には当たり前にあることを表している小説世界としては、この登場のさせ方が妥当なのかなと思った。

  • 東北大地震のことがテーマと書いてあったが、釣りの場面ばかりであった。

  • 芥川賞受賞作品ということで手に取りました。
    感想を書くのも難しくどこから書いて良いのか分からないくらいです。

    岩手の自然の情景が繊細に描かれていて、
    目に光景が映っているかのように綺麗でした。
    それとは反対に淡々と日々の物事が淡々と描かれているので
    一体この先には何が訪れるのだろうかと思いながら読んでいました。

    そして後半に差し掛かった時に考えもしなかったある登場人物の過去。
    今まで主人公と釣りを通して親しく付き合っていたものが、
    過去を告げられたことによって一瞬にしてその人物像が崩れてしまう。
    その落差をどのようにしたら心を埋められるのかと考えてしまいました。
    過去の人物像がマイナスのものであったとしても、
    現在までの人物像がプラスであったのならば人はどちらを選ぶのか?
    それと同時にその人物が現在の状態がどうなっているのかも
    分からない状況となると、例え血の繋がりのあ家族であっても
    一線を引いてしまうということ。
    想像では語ることも出来なくとても複雑な心境になりました。

    薄い本の割には内容が難しく読解力が無いせいで
    何が伝えたかったのかがいまひとつ心に響きませんでした。
    時間や場所の移動の幅が激しく時間軸がいまいち把握しにくかったです。
    それと一番なのは難しい漢字が多かったのでもう少しルビをふって欲しかったです。
    難解漢字が何度も出てくるとそれに囚われてしまって、
    ストーリーの邪魔をされてしまい面白さも少し半減してしまうことがあるので。

    3.11ということが出てきますが、
    他の本では3.11をこのような書き方をしないのでまた印象が変わります。
    人それぞれ感じ方は違うかと思いますが、
    このようなものだと何かひっかかるものがあります。
    悲しみや怒りといったものではなく何か分からないものがある。
    それが経験をした人の本当の心境なのかもしれないのですが、
    これも難しいです。

    芥川賞受賞作ということもあるので
    これだけの難しさの作品なのかなとも思ったりしました。
    文章力はとてもあると思うので、
    機会があったら他の作品読んでみたいと思います。

  • 第122回文學界新人賞で、
    第157回芥川賞受賞作。デビュー作で芥川賞かーと思いながら読んだら、なかなか面白かった。淡々と話が進んでいく中でのラストがよかったからなおさら。
    著者の意図なのかもしれませんが読めない漢字がわりとあって、まず日浅って(ひあさ)でいいのかな、からわからなかった。せめて名前くらいは。。。

    あまり震災を軸にした話は好まないのですが、盛岡に住む著者自身が経験されたことがベースなら良いのかなとも思った。けれどLGBTは必要だったかな。なくても良かった気もするけれど。

    仲が深くなった気がする知り合いが急に疎遠になる、なんてことは日常にわりとよく起こりうること。震災がおこり、その中でよく知っていたはずの人のもう一つの顔を知っていく。
    日浅のお父さんの端的な感じがまたよかった。信じていたから疑わなかった。しんどいな。

全27件中 1 - 25件を表示

影裏 第157回芥川賞受賞を本棚に「読みたい」で登録しているひと

影裏 第157回芥川賞受賞を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

影裏 第157回芥川賞受賞を本棚に「積読」で登録しているひと

影裏 第157回芥川賞受賞はこんな本です

影裏 第157回芥川賞受賞のKindle版

ツイートする