新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

  • 8996人登録
  • 4.09評価
    • (1739)
    • (988)
    • (1300)
    • (29)
    • (7)
  • 977レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1998年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105679

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 清々しい。四十代半ばにして初めての竜馬。
    八巻まであるので、買ったはいいものの、積ん読になっていたのだが、ふと思い立って、会社のカバンに入れた。

    さすがに読み出すと止まらない!
    行き帰りの通勤電車はもちろん、会社の休み時間まで読んでいる始末。挙句にここ数日は飲みに行く時間も惜しいので、家でひたすら読む。

    こういう小説を高校生の時に読んでいたら、今とは違う人生を歩んでいたのかも?という気もする。
    (私の高校生時代は暗黒時代だった。村上龍『コインロッカーベイビーズ』や宮本輝『五千回の生死』を愛読していた。当時は、高い志をもった登場人物が出てくるような小説など読んだことがない)

    作中の吉田松陰の言葉「学問も大事だが、知ってかつ実行するのが男子の道である。詩もおもしろいが、書斎で詩を作っているだけではつまらない。男子たる者は、自分の人生を一編の詩にすることが大事だ」

    こんなことを言われたら、まだまだ何かやれそうな気がしてくるのだ。

  • 昨日、全巻読み終わりました。本当に面白かった!!大河ドラマも面白かったですが、この本の比になりません。
    私がこの本を読みはじめて思ったのが、今まで受けてきた歴史の授業は何だったのかと言うことです。ただ年号と事柄を覚えるだけの授業を受けてきた私にとってはとても衝撃的でした。
    歴史を学ぶ一つの大きな意義は、これまでにどのような人が、なにを考えて、どのように生きたかを学び、そこから自分の価値観や行動哲学について考えることだと思います。
    この本を読むと、歴史の授業で聞いたことあるなぁ程度だった言葉たちが、龍馬やその周囲の苦悩や喜びと一緒に、まるで自分も一緒にその場にいたかのような鮮明な印象をもって頭に残ります。この本の中の龍馬は、躍動感があり一緒に行動しているかのような錯覚に落ちいるほどです。7巻の読んでいる途中で抑えられなくなり、長崎へ龍馬を求めて数日間の旅行に行きました。長崎で龍馬や志士たちの軌跡に触れると、続きが何倍も面白く読めました。幕末の風雲の中で生きた龍馬の生き様から人生の教訓として得られるものが多く非常に良い作品でした。これだけの考察をした筆者に感服しました。

  • 当初これは☆5だなと思ったのだが、作品として面白かったのか素材が面白かったのか考えたところ、恐らく後者だったので☆は4つにしておいた。


    ・作品として

    そういえば私は歴史小説というものをかつて読んだことが無い気がする。
    これを読んだ経緯は、友人に「『峠』を読め。でもその前に『竜馬がゆく』を読め。」と言われたことによる(この後もいくつかスケジュールされたが、酒の力で忘れた)。
    色々なところで推薦されている作品であることもあって以前から積読リストには載っていたのだが、このリストは消化よりも増殖の方が早いので、何だかんだ読めなかった可能性は否定できない。
    結果としては彼のお陰でいい作品を読ませてもらった。

    閑話休題。

    この作品の評としてしばしば挙がっている様なので歴史小説の特徴という訳ではないのだろうが、この作品(というか司馬遼太郎氏の書き方?)、纏まりが無い。悪い様にしか聞こえないが、そういう意味ではなく、あくまでも特徴として。
    本筋を追っているところでガンガン余談を入れてくる。出てきた脇役や土地の細かい背景を述べる様なレベルではなく、自分の取材旅行時のエピソードまで入れてきたりする。
    そして繰り返しが多い。同じ話が3回も4回も出てくることは珍しくない。「以前にも書いたが~」という前置きがあるところもあるので、案外普通に書いてて忘れているのではと思ってしまう。
    こういった特徴は言わば「飲み屋で調子に乗って話している」様で、書いている方が乗っているのが分かる。
    読みづらいのではと思うかもしれないし実際にそういう側面が無いわけではないが、著者が乗っている方が面白いものである。


    ・素材として

    坂本竜馬という男の異質っぷりが最初から最後まで展開される。
    幕府偉い、殿様偉い、というガチガチの封建社会(しかも竜馬の出身の土佐藩は階級差別が他藩以上らしい)の中にあって、その価値観を全く寄せ付けずそんなものクソ食らえと言わんばかり、というか実際に言い続けて結局その制度を崩壊させてしまう。
    序盤こそ剣術は一流のただの変人といった体だが、全国を股に掛け始めるやその変人部分が具体的行動と結びつき、独創的としか言いようの無い成果となっていく。時代を変えるというのはこういうことなのだろう。しかもその倒幕すら、彼にとっては真の目的でも何でもないのだ。
    本当にこんな人物が現存したのか?と思うこと百度とは言わないが、二十度は少なくともあった気がする。歴史小説の最高の素材の一つだろう。

  • 以前から興味があったけど、全8巻ということでなかなか手を出しずらかったですが、覚悟を決めて読み始めました。
    司馬遼太郎の作品はどれも面白いですが、時代ものをあまり読まない私としては多少とっつきにく印象がありました。
    しかし、読み始めてみると他の作品より読みやすく、すらすらといけてしまいます。これなら途中であきずに最後までいけそう。

  • 司馬遼太郎はえらい作家だ。
    学校の勉強でも歴史が苦手だったので、なんとなく時代小説を避けてきたきらいがあったが、なぜもっと早く読まなかったのだろうかと後悔するほどの作品だ。
    司馬遼太郎の史実に関する知識の豊富さもさることながら、なんといっても各々の登場人物の個性がいきいきと描かれている点には、感服するばかり。まるでいまも坂本竜馬は生きているのではないかと思うほど、その人間性が如実に語られるのである。
    シリーズ文庫全8巻、間違いなく読むことになろう。

  • 歴史小説は中学校の教科書を読み直してから読まないと分からないと思って敬遠していたのですが、それだと一生読まないと思ったので歴史覚えてないけど手をつけてしまいました。
    分からない所があったらそのつど調べれば多分大丈夫かと。。なんて弱気ですがw

    1巻目は教科書不要でサクサク読めました。嘘です。長州藩がどこにあるか分からなくてググりました(爆)
    そんなお馬鹿でもストーリーは楽しめました。続き早く読みたいです。

  • 司馬遼太郎の長編時代小説の1巻目

    この本では竜馬が剣術に見込みがあるから土佐から江戸へ剣術の修行へ行くお話?

    以前に作者の作品”国盗り物語”を読んだことがあったが,その作品と同様に非常に読みやすく,行間のバランスが良い.所々古い言い回しをしている所があり,それが当時の雰囲気を醸し出しているようで面白い印象を受けている.

  • なあに、斬られれば死ぬまでさ。

  • 高校生の時に読んで以来、久しぶりに読み返している。あの頃読んだときよりもずっと面白く感じる。1巻はまさにはじまり、竜馬の青春時代の話。桂小五郎、岩崎弥太郎という主要人物も顔をだし、今後の展開は十分に知っているものの、それでも楽しみにさせる。寝る前のお気に入りの時間が最近はこれを読んでいるとき。

  • 坂本竜馬19歳から23歳。
    土佐の有名な人なくらいの予備知識。本当に自分の乏しい知識が残念なのですが…そんなわたしでも十分楽しめました。予備知識がないからこそすんなり、物語に入り込めたのかもしれません。剣豪だったことも、大男だったことも初めて知りました。
    桂小五郎と出会った場面で、小五郎を「偉い!」という竜馬がいいなあと思いました。爽やかで人間の大きさがわかります。
    これから先が楽しみです。

  • 読みやすかった。わりには時間がかかってしまいました。
    福山さんの顔がチラつきながら読了!
    いざ!2へ

  • 幕末の偉人、坂本龍馬の小説。
    正直何をやった人なのかあまりわからない状況で読み始めた。
    まだ、竜馬は何者でもないわけだが、時代の方が先にくるくると回りり始めている。

  •  前からずっと読んでみたかった話をようやく読む事ができました。

     この話は坂本竜馬が生まれてから、東京に出て、道場でしていた生活を描いてました。
     なんと言うか……竜馬は本当に無骨な無粋な男で、とりあえず強くはあったけで、色気も素っ気もない男だったんだろうな……というのは、読んでてすごく思いました。
     後、竜馬をメインにその頃の若手志士たちを描いている話なので、その他のキャラクターが本当にこんな性格をしていたのかどうかは脇に置いておいて、とても生き生きしているのがいいですよね。
     そして何よりも、意外と他の志士たちと会ってるんですよね。
     まあ、意志を同じくするものが集まっても当たり前、と言えば当たり前だとは思うんですけどね。

     この時代は武士が集まる道場があって、名の知れた道場には、同じく名の知れた人間たちが集まってくる。

     竜馬も決して、名の知れなかった人ではないとは思うので、結局はそこに落ち着いた。
     ただ、そこに落ち着くまでにはいろんな誘惑もあったような気がするんですが、その誘惑に上手く答えられないままに大人になってしまう……
     すごくらしい気がして、失礼ながらちょっとだけ笑ってしまいます。

     そんな感じの長編ですが、コツコツ読みたいと思います。
     少し前の文体だとは思いますが、読みにくさはあまりありません。

  • 面白い!
    わくわくが止まらない。

    全8巻とか長いな…とか思ってたけどあっとゆう間に全部読んでしまいそう。

  •  司馬遼太郎が坂本竜馬を世に売り出した傑作。

     後の「翔ぶが如く」や「坂の上の雲」に通ずるなるべく史実どおりプラス余談満載の司馬遼太郎スタイル。
     竜馬は独創的で熱くて爽やかな男だった。皆が攘夷という熱にほだされ潘のレベルで物事を考える中で、一人だけ日本という視点を持ち、自分を信じて時流に流されずチャンスを待つ姿が本当にかっこいい。そしてチャンスが来れば後は天命を信じ、身の危険も顧みず疾走する。竜馬自身はクールな面もあるんだけど、この本を読むと胸がぐーっと熱くなる。
     改めて読むと「お〜い!竜馬」がいかにこの本を参考にしているかが分かる。どっちも坂本竜馬を世に伝えてくれた名作の双璧であると思う。

     日本に竜馬がいてくれたことは世界に誇れることだと思う。

  • 「徳川慶喜」「酔って候」を読んだ際、ちらちらと垣間見える竜馬がとてもかっこよく、彼を主人公とした本書をぜひ読みたいと思っていた。
    「坂の上の雲」を途中で挫折した経験があったので、読み進められるか自信がなかったが、本書はすいすい読めた。

    竜馬は、なぜか自然と人を惹きつける。
    ユーモアがある。
    余裕がある。
    人を地位や身分で判断しない。
    他人を思いやる優しさをもっている。(恩着せがましくない)

    こうした人柄に加え、確かな剣の腕があったということが、彼の土台となっていたのではないかと思う。剣の訓練によって、自制心や、他人を敬う心が備わったのではないか。

  • 長い作品ですけど竜馬という人が面白くてずっと楽しく読めました。
    竜馬の考えというのは今の時代を生きていくにもとても参考になります。
    例えば「人を論破しても、恨みを買うだけで意味が無い」というような事を言っていて、自分の考えを押し付けたり、分かってもらおうとしてるうちに相手を言い負かそうとしてしまっていた昔の自分に聞かせてやりたいと思ったりしました。
    もっと早く読んでいれば無駄に力まないで済んだのになあと残念に思ったりしました。。

    竜馬が死んでしまう事は分かっているので、おそらく最後になるだろう土佐の実家を訪れた場面は涙ぐみながら読みました。。

  • 前から興味はあったが、最近、幕末に関する『中公 日本の歴史』を読んだので熱が冷めぬうちに読んでみた。

    物語は始まったばかりだけど、幕末という時代の熱い流れが底に流れているのを感じる。
    青春の葛藤と不安定な世の中に向かう覚悟を決める準備が描かれている。

  • 司馬作品は今までもいくつか読んでたのに、何故か有名なこの作品は読んでなかった。というわけで、30代になって初めて読んだ。後悔した。今まで読んでなかったことに。もっと早く読むべきだった。
    竜馬に日本人の皆が魅了されるのが分かる気がする。既成概念に囚われない、自由な発想、そしてそれを実現させるための行動力。見習うべき点が多い。
    絶対に読むべき本。

  • 時代小説のわりに読みやすい。時々作者が出てきて、時代背景や人物の生い立ちを説明し、時空を超越した俯瞰的に書かれているからだろう。

    坂本竜馬が活躍し始め、世の中が混沌としてくる黒船当時の情景がよくわかる。

  • いつかは読もうと青年の頃から
    思っていた作品。

    若かりし頃に読んでいたら、
    人生が変わっていたかも知れないのに・・・。

    ペリー来航から明治維新に至る世相が
    手に取る様に分かる。

  • ☆は5つ。
    この日本全国民的作品に,今更こういう感想を書くのもちょっと面映いのですが,語り手が現代の視点から竜馬と彼を取り巻く人物達を捉えて語っているところが非常に新鮮です。
    ここ10年くらいの間でわたしが読み漁って来た多くの本には無かったパターンです。
    物語を形造る数々の出来事の結末は歴史が知っています。時にはその結果を先回りして語っていきます。語り手が現代に居て,そこから物語を俯瞰しているのだよ,ということを全巻通しての前提にしている竜馬物語の,さあ始まりです。
    (米国テネシー州にて りょうけん)

  • 時代背景と、龍馬をはじめとする登場人物の成り立ちや人となりがわかりやすく描かれていて、面白い。飽きない。
    個人的には、三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎が登場してテンションあがった。早く続きが読みたい。

  • 小説における生き方の教科書、とも思える本

     読むとすぐに竜馬のファンになってしまうくらい惹きつけられる魅力があります。その魅力をひとつひとつ分析していくと、日々の生活のなかで何が大切なのか、何かを成し遂げるための本質を見抜く視点や行動力を養えるように思います。

     からっとしているが情に熱く、何もかも許容してしまうような器をもつ、司馬遼太郎の描く竜馬に聡明な勇気をもらえます。

     薩摩と長州が手を握るために、主義ではなく実利をもってする、というのは本質を捉えているし、個々の藩の為ではなく日本全体の事を考えきるという事は、その時代ではとても想像できない飛躍した発想を竜馬は持っていたことがわかります。

     特に薩長同盟のくだりは、司馬遼太郎が数年考え続けたと書かれており、幕府や朝廷にいじめ抜かれた長州を想い、竜馬が西郷隆盛に言った一言には本当に感動しました。

     出会えてよかったと本当に心から思った、大事な小説です。

  • またふとした時に読み始め、途中で読み終えることができない作品。
    大学1年生のときの初めて読んだときの感想は、「竜馬格好良い!」っていう単純なものでした。ベンチャー始めた頃の二回目は、「竜馬は、どんだけつらい逆境に立たされても、なんで笑顔でいれるんや!」と悔しくて格好良いと思いました。いま三度目を読んでいる今の感想は、「大事をなすこと、志を成すことと同様に家族を大事に思わないかんのや」と思っております。次読んだときはどう思うのか、楽しみになる一冊です。
    竜馬さんは、僕の永遠のライバルです!

全977件中 1 - 25件を表示

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)の作品紹介

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)の単行本

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)の文庫

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)のKindle版

ツイートする