政治家の殺し方

  • 1193人登録
  • 3.47評価
    • (54)
    • (202)
    • (196)
    • (48)
    • (10)
  • 265レビュー
著者 : 中田宏
  • 幻冬舎 (2011年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020856

政治家の殺し方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜスキャンダルにまみれたか、なぜ任期途中で辞任したか、
    マスコミの正体は、地方自治体の実態は、公務員の実態は、
    そして中田宏という人物は、と言ったことがらについて書かれています。

    暴露本ではない、役所内の実態、改革の難しさ、
    地方議会・議員・公務員の実態、
    どれをとっても知らないことばかりでした。

    こうした事実は政治を目指す人ばかりでなく、
    役所に勤めたことのない一般市民もよく知っておく必要が
    あることだと思います。

    この本から、日本の悪しき構造的問題を横浜市を例に
    具体的に理解できます。
    同様な構造が各地の役所、議会にあることを認識し、
    改善していくことが必要であり、
    そこから逃げないで、継続して改善していく重要性を学びました。

    数時間で読めるので、ぜひ多くの人に読んで欲しいです。
    そして一人ひとりが自立し、
    日本を少しでもマトモな国にしたいですね。

    こんな人が総理大臣になったら、
    日本は必ず変わるんだけどな~。

    あ、いけない!自立するんだった・・・。

  • この本をよむまで誤解してたことが多かったと。
    「政治家の殺し方」というタイトルで見出しやまえがきを見ればわかるが、スキャンダルで政治家は殺せるとある。
    色々とスキャンダルがあったので、そのイメージが強かったが、裁判で結果がでてるものが多く、色々とマスコミによって、事実無根のことを書かれていたようである。

    この本を読んで、そうした、マスコミ、テレビもそうだけど週刊誌ってのがどういうものか、ちゃんとそれを鵜呑みにしてはいけないのだなと再認識しました。

  • これも酷いね。厚生省官僚の時もそうだったけど、自分が正義だと思い上がっている人達のやることは醜いですね。
    判事だったりマスコミの記者だったり。

    結局は読む我々が選別をきちんとしないとダメなんだといけない。

    誤報を書いた記者に社内のおとがめはあるのでしょうか?
    問題がありそうな記事が多い現実を見ると、きっと無いのでしょうね。
    売り上げを伸ばしたとかいって、逆に誉められているなんて事は無いと信じたいのですが、、、

    中田さんが再び政界の表舞台に復帰する日を期待しています。

  • Y150のイベントが失敗で終わったから投げ出したと思っていた。でも本を読んで、責任放棄してやめたわけではないことを知った。社会的に殺されたんだなと知った。
    この本に書いてあることが100%本当なのか判断するほどニュースを見ていないし、政治のことを知らない。自分の頭で情報を選択するために、様々な情報に目を通す必要性を感じた。

  • 元横浜市長中田さんがいかして政界から引きずり降ろされるかを描いたノンフィクション。地方政治黒すぎ。スキャンダル一つで政界引退しないといけないような構造自体も問題ありか。この本読んで政治家目指す人はよほどのドMであろう。

  • 地方議会の総与党化。職員労働組合。特別手当など
    地方自治体の地域ならではの特異性・利権・しがらみの
    重さがよくわかった。こりゃこわい。

  • 【新刊】政治家の殺し方 中田 宏
    http://yamatoiebakawa.blogspot.com/2011/10/22.html

    『政治家の殺し方』とは幻冬舎らしい衝撃的なタイトルですが、読んでみるとメディアの見出しの裏側や歪んだ政治の世界について知ることができます。普通の会社ではあり得ない、すさまじいことが行政組織では起こるということがよくわかる1冊です。

    市長のスキャンダルの真相を知りたい方や、政治をとりまく歪んだ環境について興味のある方にオススメします。

  • スキャンダルによって横浜市長の座を追われた中田宏の自伝。

    スキャンダルは全てねつ造で、既存の政財官癒着にメスを入れたから恨まれたという著者の記述はおおむね信用できる。
    そして、交際費も裁判費用もすべて自腹と赤裸々に告白しており、これを読んで今後政治家を志す人が出てくるのかが心配になった。

  • 中田氏は政治家としては優秀であると認めますが、この本は特に買って読まなくても日頃TVで言われていること。買わなくて図書館で借りてよかった。

  • マスコミの書くことは嘘ばかり、という。そうかも知れないが、筆者の書くことが全部本当かというとそれは分からない。たとえば大阪市と比べて横浜市は効率が良いみたいなことを書いているが、日本一腐敗した市と比較しても仕方ないだろう。そういう印象操作をする人がそれほど正直とも思えないのだ。まあ、言いたくても言えないことは山ほどあるんだろうけど。

全265件中 1 - 10件を表示

中田宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
落合博満
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

政治家の殺し方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

政治家の殺し方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

政治家の殺し方の作品紹介

ハレンチ市長と呼ばれ、ストレスで髪が真っ白に。死を考えたこともあった。前横浜市長がすべてを赤裸々に語った激白の書。

政治家の殺し方のKindle版

ツイートする