全寮制櫻林館学院~ゴシック~ (幻冬舎ルチル文庫)

  • 184人登録
  • 3.57評価
    • (22)
    • (21)
    • (65)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 雪代鞠絵
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2006年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344807662

全寮制櫻林館学院~ゴシック~ (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全寮制ときいて。ちょっとご都合展開だなーって思うところあったけど、読みやすかったし、王道なかんじでよかったです。森理くんすき

  • 雪代毬絵さん、初読み。
    独特の世界観な学園ものだけど、その独特さが悪い方向に特出しない筆致が好感触。健気受が得意な作者さんらしいですが、こちらは健気というより傷を負っているため自ら閉じているような受で、その受が攻によって少しずつ学園に馴染んでいくというのが新鮮でした。攻も強引ながらも押し付けがましくなく、それでいて受の窮地には必ず救いの手を差し伸べるというかっこよさ。これなんか懐かしい…なんだろうと考えて、コバルト文庫とかあの辺だ!と思いあたる。TLというよりはコバルト寄り。Hはあるけど肉欲は後からついてくる感じ。
    そんな感じで主人公に次々と起こるアクシデント、かばってくれる先輩、ルームメイトとの友情、と話は面白かったが、ラストはちょっと消化不良気味。小羊事件での結末や攻がやや屈折してる理由も明かされないまま。今はいいけど三年生の攻が卒業しちゃったらどうするのかなど、不安要素も残っている。続編ありきの終わり方なので仕方ないかもしれませんが、ちゃんと結の部分を読みたかったな。

  • 全寮制大好きなので飛びついた。
    強引な攻に受が反抗するのと従っちゃうのがちょうどいい割合で好き。
    ちょっと生徒会長それで決めるのはどうなのと思ったけども。
    現生徒会長たちのお話読んでみたいなー。
    挿絵が好きだなーと思っていたら、ラノベで読んでた…妹に言われて気づいた…。これ、伯爵と妖精の人だわ…!

  • 設定とかキャラとかどれも良かったけど、後半の展開が少し早かったような…。
    前半で丁寧に話が進んでいただけに少し残念。

  • 高校生×高校生。王子様先輩攻め、薄幸トラウマ下級生受け。某名作漫画を彷彿とさせる世界観。《小羊を屠った者》が次期生徒会長という少々耽美で強引な設定。途中、甘く、切なく、狂おしい…、受けの不幸体質全開。過去の屠られた小羊たちはどうなったのだろう、と密かな疑問あり。続編も機会があれば読んでみたい。

  • 萩尾望都に傾倒した私にはベタながら好きな作品でした。全寮制で、裕福な家庭のご子息しかいなくてーーそんな中に編入生がやってくる。最早ケータイ小説でもありふれた設定なのに、カトリック系の学校であることと、ご子息たちの集まりであることを生かしてまとめられていらっしゃるのですごい綺麗な作品になっています。
    三作品あるうちのゴシックが一番好きなのですが、こういうシンデレラストーリーはやはり王子が王子らしくあることと、シンデレラボーイ側がいかに虐げられたかによって面白さが決まると思います。この作品の爪痕がその後の作品へと引き継がれるのは読んでいて本当に面白かったです

  •  櫻林館学院に編入した村生春実は、礼拝堂で知り合った上級生・朝水志貴に突然触られ、驚いて突き飛ばし、ケガをさせてしまう。
     真っ青になった春実だったが、志貴の命令により、罰として毎朝身支度の手伝いをすることになってしまう。
     志貴はソルトラムと呼ばれるグループのメンバーで、下級生の憧れの的の存在で、そうとは知らずに関わり合いになってしまった春実は、目立ちたくなんてなかったのに、思い切り目立ってしまう。
     そんな中、この学院の秘密の伝統行事『子羊狩り』が開始される。
     今年の子羊に選ばれてしまった春実は、狙われ始めるが――。

     という話でした。
     実は、春実には叔父にいたずらをされていたという過去があり、それがばれて、半ば無理やり櫻林館学院に編入させられる。
     そこで春実は息を潜めるように生活していた実家からようやく開放され、「友人」と呼ばれる存在を作ることができた。
     そのきっかけをくれたのは志貴で、春実は少しずつ志貴に惹かれていくというのが、メインの話で、そんな中、子羊狩りが開始されて、春実が狙われ、そのことが原因で、トラウマとも言える過去の出来事を思い出していく……という話でした。

     なんというか……隔絶された全寮制男子校という中で行われる、ちょっと陰惨なお遊び……なので、現実離れしていて、ファンタジーとしてとっても面白かったです。
     なんだかちょっと背徳な感じのする話がお好きな方にはオススメです。

  • 友達に借りて。シリーズ全部。
    不憫で健気…ついでに挿絵可愛い。

    特に違和感なく読めた。

  • 記念すべき櫻林館第1巻。けなげ受けすぎて嫌だなあと思いつつ結構面白くて読むのがやめられないシリーズ。

  • あまりにもテンプレすぎないか…と思ったのだけど、中盤は萌えました
    でも、ちょっと受けが意識を失いすぎなのが気になった
    ラストの盛り上がりも今一つに感じた
    攻めと受けのスペック・背景なんかのキャラ設定は良かったんだけどなぁ
    この材料ならもっと萌える展開にできたんじゃなかろうか

全25件中 1 - 10件を表示

雪代鞠絵の作品

全寮制櫻林館学院~ゴシック~ (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

全寮制櫻林館学院~ゴシック~ (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

全寮制櫻林館学院~ゴシック~ (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする