教育費破産 (祥伝社新書)

  • 34人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 安田賢治
  • 祥伝社 (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396114893

教育費破産 (祥伝社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • 読みやすかった。
    データに基づいているのみならず、全体のバランスがとれている視点がよいので説得力がありました。
    大学進学率が上がることで、「大学では勉強したい」という学生が出てくること。大学を出るだけでは差がつかないので、いかにきちんと勉強するかが問われる世の中になっていること、など実感していたことが活字として読めました。
    ただ、本当に、東大や京大に合格する力がありながら、経済的な問題で地元の国立大に進学している受験生、ってそんなにいるのですかね?
    奨学金の怖さは前回読んだ別の本に語られていましたが、奨学金のみならず、教育全体にかかるお金を考える上で示唆に富む1冊です。
    ・・・大学生協や文科省って結構いろんなデータを出してくれているのですね。私たちはもう少しそのデータに触れる必要があると思いました。

  • 〈目次〉
    第一章 学ぶのに大金が必要な時代の到来
    第二章 奨学金は、家計の味方か子どもの敵か?
    第三章 東京で一人暮らしの大学生活は夢?
    第四章 私立小・中・高の学費事情
    第五章 学歴をお金で買う時代~格差の再生産

    〈内容〉
    数字の羅列だが、妥当性のある内容。著者の立場上からかあまりきつい言葉はないが、この本を読了すると子どもの進学は、よほどのことがないと進められないな、と感じる。職場で生徒を見ていると、みんな甘いかんがえで、大金が注ぎ込まれてもその見返りのない進学をしているからだ。親バカだしね…

全4件中 1 - 4件を表示

安田賢治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

教育費破産 (祥伝社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教育費破産 (祥伝社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教育費破産 (祥伝社新書)はこんな本です

教育費破産 (祥伝社新書)のKindle版

ツイートする