utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー〈vol.1〉 (柏艪舎文芸シリーズ 北の作家書下ろしアンソロジー vol. 1)

  • 40人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (12)
    • (4)
    • (4)
  • 9レビュー
  • 柏艪舎 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434122729

utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー〈vol.1〉 (柏艪舎文芸シリーズ 北の作家書下ろしアンソロジー vol. 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2017/2/13ギブアップ)
    どうにか小路幸也さんまでは読んでいた。その後の二作は斜め読みし、もう気持ち的にも無理だったので、最後はもう読み始めてすぐにやめてしまった。
    好きな作家さんの朝倉かすみさんと小路幸也さんが入っていて、北の作家書き下ろしという変わったアンソロジーだったので借りてみたけど、内容に共通のテーマもなく、好きな2人と東直己さんの話も、取って付けた感が否めない。残念だ。

    (内容)
    “北の作家たち”という括りからはみ出してしまう“北の作家たち”。無比・絶妙の書下ろし短編集。

    (目次)
    おまえ、井上鏡子だろう・朝倉かすみ
    京都の宿・東直己
    Fishing with My Brother ・小路幸也
    かんからかん・中村南
    ZONE ・鳴海章
    浚いの風・蜂谷涼

  • 【収録作品】「おまえ、井上鏡子だろう」朝倉かすみ/「京都の宿」東直己/「Fishing with My Brother」小路幸也/「かんからかん」中村南/「ZONE」鳴海章/「浚いの風」蜂谷涼

  • 朝倉かすみ 東直己 小路幸也 中村南 鳴海章 蜂谷涼

  • 北海道人の作家6人のアンソロジー。

    「おまえ、井上鏡子だろう」朝倉かすみ
    「京都の宿」東直己
    「Fishing with My Brother」小路幸也
    「かんからかん」中村南
    「ZONE」鳴海章
    「浚いの風」蜂谷涼

    まぁ北海道人といえどもカラーは様々。
    正直、小路さんの「Fishing with My Brother」が読みたくて借りてみたのだけれど、読んで楽しかったのはこれだけでした。
    朝倉かすみさんの作品もちょっと気になっていたのだけれど・・・。感想としては「・・・ふーん。」と言う感じ。他のアンソロジーで読んだ「ふかみどりどり」は面白かったんだけどな。

    と思っていたら、今朝の新聞で第30回吉川英治文学賞新人賞をお取りになったと知りました。
    受賞作品である「田村はまだか」は評判もいいようなので、こんどはそれを読んでみようかな~。

  • H22.7.29

    北の作家と言われても、ピンと来ませんが・・・

  • 朝倉かすみ、東直己、小路幸也、中村南、鳴海章、蜂谷涼の6作品。
    読んだことのある作家も含めて、いろいろなタイプのものが読めてお得感がありました。

  • 北=北海道の作家たちを集めたアンソロ。小路さん目当てでしたが面白かったです。

  • 朝倉かすみ目当てで手に取る。あとは、小路幸也が優しくてよい。蜂谷涼のは「てけれっつのぱ」のスピンアウトで、嬉しい驚き。

  • 北海道出身、という出身地に着目して作家を集めた、一風変わったアンソロジーだ。
    朝倉かすみ、小路幸也、などなど、そういえば北海道出身だったな(朝倉かすみは北海道を舞台にした物語も多いけど)と改めて略歴を見て興味深く思った。
    朝倉かすみを見出したのは北海道新聞の文学賞で、小路幸也は札幌で14年も働いていたとは。いまや全国区な印象のある作家だけれど、その変遷を知るのはおもしろい。
    アンソロジーであるのに、あえてタイトルの入った章に著者名を入れないつくりもおもしろかった。そのまま読んでいたのでは、この編を誰が書いたのか、というのがわからないのだ。著者名どころかその略歴まで小さく記載したりするほかのアンソロジーとは一線を画している。
    せっかくのおもしろい試みなので、あえてどの編を誰が書いたのか、意識しないで読み進めた。
    前半の3編までは小粒ながら好みな印象で楽しくページを繰ったのだけれど、後半の3編は残念ながら惹かれなかった。改めて目次で著者名を確かめて、ネームバリューの違いが作品にも出ているのかなぁ、と思いつつ、いやでも鳴海章や蜂谷涼も名前は目にしたことがあるなぁ、と考える。単純に好みの問題かな。
    こういう、出身地で作者を切り分けて見せてみる、という切り口っておもしろい。ぜひ、南の作家、西の作家など、別シリーズでも企画してほしいな。

全9件中 1 - 9件を表示

朝倉かすみの作品

utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー〈vol.1〉 (柏艪舎文芸シリーズ 北の作家書下ろしアンソロジー vol. 1)を本棚に登録しているひと

utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー〈vol.1〉 (柏艪舎文芸シリーズ 北の作家書下ろしアンソロジー vol. 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー〈vol.1〉 (柏艪舎文芸シリーズ 北の作家書下ろしアンソロジー vol. 1)はこんな本です

ツイートする