雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール

  • 3070人登録
  • 3.43評価
    • (106)
    • (335)
    • (419)
    • (93)
    • (19)
  • 358レビュー
著者 : 齋藤孝
  • ダイヤモンド社 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478011317

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールの感想・レビュー・書評

  • 雑談力あげて、聞く力を身に付けよう。
    昔から無駄話をするの好きな私だけれども、相手の話を引き出すことをもっと考えようと思った。
    話すことで救われ、聞いてもらうことで癒される。

  • ビジネスにおいても私生活においても雑談は、会話を利用して場の空気を生み出す技術として、コミュニケーション力として、
    必要不可欠の技術である。
    雑談力についての重要性について説明され、雑談力を身につけ方などが紹介されている。
    ちょっとした雑談力を身につける事で、人間関係も仕事も開ける。特に営業力のひとつとして必要な技術だ。
    雑談のルール
    ①雑談は、「中身がない」ことに意味がある。
    ②雑談は、「あいさつ+α」で出来ている
    ③雑談は、「結論」はいらない。
    ④雑談は、サクッと切り上げる。
    POINT「見えているところ」をほめる。

  • 自分には雑談力がないと思い、手に取ってみた。恥ずかしいから話さないというのは、実は自意識が過剰になっているというのはなるほどその通りだと感じた。
    相手を褒めること、一問二答の考え方は、ちょっとした心持ちの変化で実践できる内容であるため、日常の生活の中で試していきたい。
    一方、本書の後半は、ありきたりな内容も多くあったため、もう少し深い考え方も記載してほしかった。

  • 肩の力を抜いて読める本でした。
    「雑談力」を鍛えると得られるメリットについては沢山記載があり、なるほど頑張ろうと思います。
    トレーニング法(タクシーの運転手やおばちゃんに話しかける)について、もう一歩踏み込んだ説明や論理について、もう少し説明があれば有難かったかなと思います。

  • 雑談がいかに大切かというのは、身に染みて感じています。
    誰とでも雑談で打ち解けられる人を見ると心底感心するので、必然的に本書のタイトルに惹かれました。

    初対面の人とでもリラックスして雑談する様子を見ると、その人が豊かな人間関係の中で育ってきたんだということや、人格的な安定感のあることが伝わってきます。
    雑談から透けて見えるのは、その人の育ちの良さ。もちろん、いわゆる育ちがよいというのは、家柄がよいということではなく、人間関係に恵まれて明るく育っているという意味です。
    と、本書に書かれていて、まさにこれこそが、私が誰とでも雑談で爽やかに話せる人たちを見て感じていたことです。
    今まで言語化できなかったけど、本当にそう思います。
    すごく、憧れます。

    さて、雑談は中身がない話であることにこそ意味がある。人との関係を作る非常に重要なものだといいます。
    最近の若者は要件のみを伝えるのはできても、雑談は苦手・・・という人が多いのだとか。既に若者ではありませんが、私もこれはよくわかります。
    だからこそ、本書の冒頭で雑談上手=話し上手、というわけではないし、必要なのはトーク術ではない、と書かれていて、少しほっとしました。私でも大丈夫かも、と。

    実際に本書を読んで、普段だったら仕事の話をして終わるところを、+αの声かけをしてみました。
    仕事の合間だし、時間にしてほんのわずかなのに、距離が随分縮まりますね。相手との距離感が変わる。

    いい雑談のコツは、「1問2答」。
    話に何か+αのオマケをつけて投げ返すのだそう。「趣味は?」「山登り」で終わるんじゃなく、「最近行った駒ヶ岳は紅葉が綺麗で」など、キャッチボールを意識するのが雑談のコツのよう。

    雑談の素晴らしいところは本書を読めば十分に感じるところでしょうが、時にビジネスを動かす突破口になったり、ミスをカバーしてくれるといいます。人間同士のお付き合いですもの、当たり前ですよね。
    雑談なんて、とないがしろにしてしまいがちですが、人間関係を築く上で改めて本当に大事なものだと感じた次第です。
    雑談は無駄じゃない。数十秒の雑談を大切にしよう。

  • 雑談によって見られ方が変わる。確かに。。意識しよっ。

  • 雑談に結論はいらない/結論はいらないけれどサッと終わらせる/見えるところをほめる/否定ではなく、肯定・同意/相手:自分=8:2が理想/雑談は一問二答以上で返す

  • とにかく見えているところを褒める
    8対2で相手を中心
    話題をどんどん派生させて行く
    1問2答
    最新ニュースは雑談の種
    人の話をストック
    年寄りは意外にも若者の話すことが好き

  • 英会話には何万円もお金をかけるのに、なぜ日頃の会話を磨かない?
    あなたを引き立たせるのは雑談力。
    すぐに身に付いて一生モノ。

  • 悪口ネタは笑い話や芸能ネタにすり替えるというのは良いことを教えてもらいました。

  • 雑談に対する苦手意識を無くしてくれる本です。私はまさに人と何を話せばいいのか分からないという人間でした。ですが、この本を読んで、雑談はそんなに深く考えず、ただ見て思った何でもないことを話せばいいのだと知り、気持ちが軽くなりました。この本で学んだことを今後実践していきたいと思います。

  • 面白かった!ためになった!

    人の雑談をする能力としての「雑談力」というより、雑談そのものが担う力、役割についての「雑談力」について説かれており、そういった意味での雑談力を最大限に活かすための雑談能力の上げ方が本書の内容となっています。

    たとえば仕事中に雑談をする・・というのが好ましくないと考えられていた世代であり、人に何かを伝えるときは結論があって然るべきと思っていたので、本書を読んで雑談に対する考え方が180度変わりました。

    雑談は、相手との距離を縮め、場の空気を作る。
    雑談力のある人は、人間関係における間口が広く人望が厚い。
    他、集中力を高める、英語力のアップに雑談の要素を活用できる・・など、雑談が発揮する力が齋藤孝先生の視点で紹介されており、とても面白く、雑談が大切なものであるという認識に変わった。

    何故「雑談力」が必要なのか・・というところから入って話が進んでいくところは、さすが齋藤先生!分かりやすいなーと思う。
    他の齋藤孝先生の本、もっと読みたくなってきた。

    雑談が特に必要なものでもないと感じている方にお勧めの一冊。

  • 雑談というものの敷居を大きく下げてくれる一冊。既知の事実もあったが、よく考えるとあまり意識していなかった事柄も多く書かれていてとても参考になる。雑談は決して無駄なものではないと気づかせられる。

  • 生活の中で、人との会話について何となくそうなんだろうなと感じていたことについてまとめられた感じ。まずは、飲み会などであった人の一言をメモしておくことから始めたい。

  • 正直、自分は雑談がとても苦手である。
    前書き書いてある、「エレベーター内で気詰まりで、つい携帯をいじってしまう人」そのまんま。

    なんとか改善できないかと本書を手にとってみたが、非常に良い内容だった。


    まずそもそも、雑談はトーク術ではない、とのこと。
    上手く話そうとしたり、オチをつけたりする必要はなく、ただ中身のない話をすれば良い。
    議論ではなく雑談なので、話に結論が出なくても、何か得られるものがなくても全然問題ない。
    ただ相手との空気が和めば、それでOKなのである。

    そのための要点は、挨拶にプラスアルファすること。
    「寒くなりましたね」「そうですね」だけではただの挨拶で終わってしまう。
    そこで、その時・その場の話題を何か一つ付け加えてみる。
    「あそこのパン屋閉まりましたね」「そのネクタイ似合ってますね」「今日は電車が混んでますね」などなど。
    たったこれだけで、立派な雑談になっている。

    また雑談ネタの見つけ方の基本としては、相手の見えるところを褒めるのが良い。
    やはり誰しも褒められて嫌な気はしないもので、そこから話が拡がっていく。
    ただし、身分や経歴など「見えない所」を褒めてはいけない。急におべんちゃら感が上がってしまう。

    なお、話の主導権は相手に握らせたほうが会話は盛り上がる。
    「うちで犬を飼い始めたんですが」と言われて、「ウチでは猫を飼ってましてね」などと自分の話題に切り替えてはいけない。
    「どんな種類なんですか?」と、相手の興味のある話題で質問していく。
    ここは自分の話す場ではない、と割りきって、8割を相手に喋らせるくらいでいい。


    現在、教えの通り「挨拶プラスアルファ」「相手の興味があることを話題にする」ことを心がけている。
    少しづつだが、他人と話すことができるようになってきた気がする。
    今後も意識して改善していきたい。

    本書に「雑談ほど社会に出て役に立つ技能はない」という記述があるが、まさにその通りだと思う。
    とても役に立った一冊。

  • 表紙がきれいだったので読んでみた程度なのですが、普段やってることがそのまま書いてある感じでさほど参考にはならなかった。読みやすすぎて薬にもならない内容ですが、それでも実体験などを取り入れている部分は面白く読めたと思う。
    内容としては、「方法論」というよりも、雑談の有効性を説いたものだと思います。コミュニケーションの一角としての役割についてわかりやすく平易な文章で書かれていて、雑談力入門書的な位置。

    落語家の話の導入部分とか、授業に雑談を取り入れているということ、雑談があると授業に入る体制になる、という点は教員をやっているので参考になったと思う。悪口を流す方法なども書かれていたし・・・。

    オチは必要ないということ、どんどん話が変わっていいこと、などは普段の雑談でもやっていることだったので、後押ししてもらえたようで安心しました。

    内容は45分程度でさらっと読むくらいでちょうどいいもの。奥行がなくて、ほんとに意味のない雑談のような内容でしたが、まったく話ができないという人、頭が凝り固まってしまっている人には読みやすいと思います。

  • 雑談しづらいタイミング、状況があるので、読了。

    雑談は結論づけたり、まとめに入ってはいけない

    で、何の話をしてたんだっけ?が理想形
    →連想力

    相手のいった内容がわからなくても
    自分なりに考え、なんでもいいからパスを返す
    →相手の教えたい気持ちを誘えばオーケー

    一問一答は拒絶と同じ
    →最低一問二答で返す

    感じたこと、思ったことはもっと口に出していい
    →自意識、プライドのハードルを下げる

    多数派の中にいる少数派は打ち解けやすい

    今が旬のリアルタイムの情報は仕入れたらすぐ使う

    ちょっとした雑談の、スキマ時間には
    フリスクがいい

    拝借したネタの伝言が上手い人は雑談上手
    →これ、誰々に聞いたんだけど
    →~が言ってたんだけど

    日常生活の中で、自分とは違う世代をターゲットにした情報にも目を向ける
    →ほかの世代の人と話す時のストック

    雑談とはその人をニュートラルな存在たらしめる知性
    →どのグループともニュートラルな雑談が楽しめると非派閥を貫ける

  • ・雑談に結論はいらない。
    ・雑談は一問二答以上で返す。

    くらいか、参考になったのは。

  • 「話し上手と雑談上手は違う」
    さくっと読めて面白かったです。以下、備忘録。
    ・雑談は中身がないことに意味がある。
    ・結論は要らない。話が飛んでズルズル続くほうがいい。
    ・サクッと切り上げる。
    ・見えているところを褒める。
    ・1問2答以上。
    ・小ネタのストック。あの人にはこのネタ、日々の疑問、フリスク、誰かが言ってた話、タクシー。1つの映画からたくさんのネタ。
    ・流行りはとりあえずキーワードだけ押さえとく。
    ・雑談力はニュートラルな(派閥にならない)人間関係力。
    ・雑談力はビジネスに生きる。
    ・喋らない雑談(イチローとグリフィーのくすぐり)
    ・英会話力も雑談力。me tooとby the way
    ・雑談力=雑草力。どこでも生きていく力であり周りの人々を生かす力。

  • 色々しこんでおくといいよと

  • 請求記号: 809.4/Sai
    資料 I D : 50058256
    配架場所: 図書館3階西 学生選書コーナー

  • 感覚的には雑談の重要性は分かっているつもりだが、本書を読んで具体的に何故重要なのかを考えるきっかけになった。
    積極的に色々な人に雑談を仕掛けるモチベーションが上がった。

  • 読みやすい本でした。
    肩肘張らずに、まずは発信するって意識が大切かな。
    思ってたより内容が浅かったかも。

全358件中 1 - 25件を表示

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールはこんな本です

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルールのKindle版

ツイートする