フルトヴェングラー (筑摩選書)

  • 16人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 奥波一秀
  • 筑摩書房 (2011年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480015167

フルトヴェングラー (筑摩選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アーベントロートに関しても色々書かれていて、一部「?」と思う記述もあるが、結構よく調べておられるな~~と思った本。
    奥波一秀氏、あのHermann Abendroth本もちゃんとチェックしてはるし
    (これ今604円で買えちゃうのか・・・)
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/3937939652/abends-22

    アーベントロートが全ドイツ音楽協会(ADMV)の積極的メンバーとして活動してたことや、アデナウアー、ゲルデラーとの話もちゃんと出てる。

全1件中 1 - 1件を表示

奥波一秀の作品

フルトヴェングラー (筑摩選書)に関連するまとめ

フルトヴェングラー (筑摩選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フルトヴェングラー (筑摩選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フルトヴェングラー (筑摩選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フルトヴェングラー (筑摩選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

フルトヴェングラー (筑摩選書)の作品紹介

フルトヴェングラーの生涯の軌跡がわれわれに突きつける問題とは何か-。本書は、ヴァイマル期からナチ期、そして戦後における音楽家の振る舞いと内面を同時代人たちとの関係を通して再検討した渾身の作品である。政治に対する倫理のありようを見定め、さらには、その音楽思想がいまなお投げかけてくるものを考察する。

ツイートする