かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

  • 3065人登録
  • 3.90評価
    • (422)
    • (554)
    • (393)
    • (71)
    • (9)
  • 637レビュー
著者 : 万城目学
  • 筑摩書房 (2010年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480688262

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の感想・レビュー・書評

  • 小学1年生のかのこちゃん、とても心が綺麗な子だなぁと思います。
    とにかく優しい人たちばかり。
    それぞれの大切な存在を想う気持ちがそれぞれの立場で描かれています。
    かのこちゃん、マドレーヌ夫人、和三盆などネーミングセンスが小洒落てて好きです。

  • かのこちゃんの、マドレーヌ夫人への接し方がとても素敵。

  • なんだかふわふわしていて不思議な感じ。とても良い。

  • 茶柱、刎頸の友、鼻てふてふ、大人のお茶会などなど、かのこちゃんとすずちゃんのやりとりはかわいくて面白い。クスッと笑って、ちょっぴり泣ける。
    だけど、読後に心に残ったのは、やはり猫のマドレーヌ夫人と夫である犬の玄三郎の愛情物語。玄三郎に寄り添って最期を看取るシーンは胸が熱くなった。
    万城目さんにしてはおとなしめのファンタジーかな。

  •  小学校1年生になったかのこちゃんとその飼い猫・マドレーヌ夫人のお話。
     猫はだんだんと人間の言葉は覚えるけれど、犬の言葉だけはどうしても理解できなくて、『外国語』なんだけれど、マドレーヌ夫人は、夫である犬の玄三郎の言葉だけは理解できる。

     かのこちゃんとすずちゃん。マドレーヌ夫人と玄三郎や他の猫たちの出会いや別れ、日常がすごくよかった。

     裏表紙にあった『その毎日は、思いがけないことの連続で、不思議や驚きに充ちている』ていうのは、単にかのこちゃんがまだ子どもで、見るものがみんな目新しい、てことなのかと思ったら、それだけではなかった。
     マドレーヌ夫人と玄三郎さんに泣いた…。

     話の終わり方がよかったです。

     ところで私は前に万城目さんの『悟浄出立』という本を読んだことがあって、その際、他の方のレビューで、普段の万城目さんの書き方と違う…ていうのがあったんですが、この本はどうだったんでしょうかね。

  • 2016/8/22
    物足りない。

  • 小学1年生の女の子・かのこちゃん。
    かのこちゃんのおうちで暮らすアカトラ猫のマドレーヌ夫人。
    1人と1匹の目線から進む物語はちょっと不思議で、ちょっと切なくて、でもたくさんの発見とどきどきに満ちている。
    読み終えると、近所の風景がきらきらしたみずみずしさをたたえて見えてきます。
    子供向けの装丁でも刊行されていますが、個人的には大人の夏休みにぴったりの作品だと思いました。

    万城目さんは関西方面を舞台にした意外な設定の物語や歴史を題材にした小説を書く印象だったので、こんな作品も書けるのかとうれしい驚きを感じました。
    特に猫のしぐさや表情の描写が猫好きにはたまりません。
    ふげ、とあくびするマドレーヌの姿が我が家のにゃんことかぶってにんまりしてしまいました。

    かのこちゃんの名前の由来によると、彼女のお父さんはどうやらあの人らしい…ということで『鹿男あをによし』の再読を決意。

  • とてもよかった…
    かのこちゃんとすずちゃんの"大人"の友情や、マドレーヌ夫人と玄三郎の温かい夫婦愛に涙腺がゆるんだ。刎頚の友って、いいなあ。万城目学さんの本、他にも読んでみたい。

  • じわじわと泣ける。かのこちゃんとの心温まる話かと思ったらマドレーヌ夫人(猫)と玄三郎(犬)の夫婦愛だったのが余計に泣ける。

  • 外国語を話す猫というあらすじから、主人公の女の子かのこちゃんとお喋りが出来る猫のマドレーヌ夫人のお話かと思っていました。
    主人公は外国語(犬語)のわかる猫のマドレーヌ。
    飼い主はかのこちゃん(小学校1年生)
    猫の視点から見た日常です。
    たまに犬と仲良しの猫がいますが、あれ、夫婦って可能性もあるのかーと不思議な気持ちになりました。

    一番印象に残ったのは、乳歯の生え変わりの描写。
    大昔に体験した感覚、忘れてるもんですね。
    あの急にグラグラしだして、気になって気になって舌で触りまくる。
    ちょっと血が出てしょっぱい、取れるの怖い。でも気になる。
    抜けるの怖くて舌で歯茎に押し付けてみたり・・・。
    かのこちゃんとすずちゃんの行動が懐かしかったり、感覚がよみがえって気持ち悪かったり。
    誰もが体験しているはずなのに忘れていく。
    その思い出をリアルに描写されていることにビックリ。
    抜けた歯は屋根と軒下に投げる地域でした。
    きちんと歯並び良く育ってくれましたよ。

  • 猫のマドレーヌと犬の源三郎のやりとりに後半つい涙がでてしまった。
    こういうお話はあまり読んだことなかったけど好き。心が温まるお話。自分が忘れかけてた何かを思い出させてくれる。

  • 猫ちゃんと女の子、という組み合わせは、以前読んだ『きりこについて』(西加奈子・著)を思い出させます。
    でも、ほのぼのとした空気の中に強いメッセージ性を感じさせた『きりこ』とは違い、こちらは、最初から最後までハートフルでした。
    猫ちゃんかわいい♡

  • かわいく、たのしく、なごむ。最後まで飽きずに読めた。
    玄三郎の最期、マドレーヌとのやりとりが、ほんとに仲の良い老夫婦のそれで、なんかいいなあって泣きそうになった。

  • 万城目さんこんな可愛いお話も書くんだ。
    想像してたのと違う世界観だった。小学生だった頃の自分も思い出した。ちっちゃなことだけど大切にしてたものを大切にするのって素敵なことだな〜なんて思った。
    玄三郎ってしゅららぼんで速瀬さんが散歩してた犬と同んなじだ

  • かのこちゃん、可愛い。
    自分が小学校一年生の頃の、友だちが出来た時の嬉しさや、毎日が発見のワクワクした気持ち、うまくいかない不安な気持ちを、かのこちゃんの毎日に映して読み、懐かしく切なく幸せな気持ちになった。

    童話的なお話かと思いきや、「夫婦」「友」「出会い」「別れ」など、ほっこりとした中にもシンと考えさせられるテーマが散りばめてあって、不覚にも泣いてしまった。特に、犬の玄三郎と猫のマドレーヌ夫人の夫婦愛、
    かのこちゃんとすずちゃんの別れの場面は心に沁みた。

    かのこちゃんを見守るお父さんとお母さんも素敵。
    相手を想うことの温かさに溢れている本。

    マドレーヌ夫人はその後どうしたのか、かのこちゃんは成長してどんな大人になるのか、読後も読んだ人それぞれが想像の翼を広げて楽しめると思います。

  • 奇想天外、奇天烈な作品が楽しい万城目学さん、こんなメルヘンの世界も描いていただきました(^-^) わんことにゃんこの物語、もうたまらないです(^-^)
    6歳で小学校1年生のかのこちゃんの家で暮らしてる今年14歳になる柴犬の老犬、とても賢くて思いやりのある玄三郎、そして大雨の日に玄三郎の犬小屋に避難に来たアカトラの猫、とても可愛くて心やさしいマドレーヌ夫人。玄三郎とマドレーヌ夫人のお互いを気遣う思いがギュッと詰まった感動の名作です! 3度目の再読です。

  • かのこちゃんが我が家の子供達と重なって、微笑ましくて、小さい頃はこんな風に毎日がキラキラして新鮮で時間がゆっくり流れていた様な気がしたなぁと思いながら読みました。

  • うっかり泣いた。

  • マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦愛がとっても素敵。彼女の気高さは、夫の深い愛ゆえ。互いを思いやるベストカップル。
    かのこちゃんの渋い無邪気さは、大人の理想像が濃すぎる感あり。

  • ほんわか、優しい気持ちになる本

  • 「プリンセストヨトミ」「偉大なるしゅららぼん」に続き
    3作目の万城目作品でした。
    この作品は,今までの2作とは違い
    ただ日常を描いた感じのものかと思いきや
    最後に「こんな風につながってたのか」と
    思える展開になりました。
    ところどころに万城目さんらしい笑いをはさみつつ
    ほのぼのとしたお話でした。
    登場人物の「その後」が気になります。

  • ひさしぶりにげらげら笑った。最後は涙が出そうになった。なんて愛しいお話だったか。読み終わったのがもったいなかった。

  • 冒険譚ではなく、小学生かのこちゃんと猫のマドレーヌ夫人、その家族、友達との何気ない毎日を切り取った一冊。

    児童書としても出ているようだけど、多分わたしは小学生の時に読んでいたらさらっと読んで終わりだっただろうなあ。
    今だからこそ、かのこちゃんのきらきらした一日や、マドレーヌ夫人の優しさと気取らなさ、別れの儚さと美しさ(と書いていいのか分からないけど)が胸に残ったのかなあと思ったり。
    自分の視点を変えて、生活を少し豊かにしてくれるような一冊でした。

  • マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦愛。「だって君は僕の妻じゃないか」とか、もう涙腺が・・・。かのこちゃんも最初は不思議な子なのかと思いきや、とても聡明で好奇心旺盛で可愛い女の子。旅立つ気配のマドレーヌ夫人、待とうと決めたかのこちゃん。その後の二人の思いはどう交錯したのかとても気になります。刎頸の友、すずちゃんもとても可愛らしくて、見守る大人達の優しいまなざしが心地良かったです。猫が喋る時点でファンタジーなんだけどそれだけじゃありませんでした。かのこちゃんの名前は鹿に聞いたとか。もしや、そこリンクですかね?

全637件中 1 - 25件を表示

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)に関連する談話室の質問

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)に関連するまとめ

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)はこんな本です

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の単行本

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)のKindle版

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の文庫

ツイートする