かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

  • 3071人登録
  • 3.90評価
    • (423)
    • (555)
    • (393)
    • (71)
    • (9)
  • 639レビュー
著者 : 万城目学
  • 筑摩書房 (2010年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480688262

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の感想・レビュー・書評

  • 小学1年生のかのこちゃんは、明るく活発で聡明な女の子。
    外国語も話せる優雅な猫のマドレーヌ夫人。
    彼女らを取り巻く日常の機微を描く。


    かのこちゃんは、優しく大らかなお父さんとかしこく思いやりにあふれたお母さんの3人家族。
    気品すら感じさせるマドレーヌ夫人のご主人は、徳があり犬仲間から一目置かれる柴犬の玄三郎。
    この家族に起こる日常の出来事が温かい目線で、軽やかに綴られる。

    かのこちゃんはすずちゃんに出会い、ふんけー(刎頸)の友となる。
    2人が赤毛のアンをまねて、大人のように振る舞うお茶会を催す場面がなんともかわいらしく、愉快。
    想像上の大人の世界は、子どもにとって現実と地続きではないようだ。
    「~でござる」と話す2人には裃姿がはっきりと見えてくる。

    一口に子どもと言っても、赤ちゃんから幼児、園児、小学生と確実に成長しているわけで、幼稚園から小学校に上がるあたりの背伸びしたがる様子は本人たちにとっては真剣で、大人には微笑ましく笑いをこらえたり、あまりの賢さに舌を巻いたり、驚きの連続でしょう。

    かのこちゃんが「知恵が啓かれ」て、最も適切な表現ができる新しい言葉を獲得していく様子や、玄三郎夫妻の気持ちを汲み取り大人顔負けの提案をお父さんにするあたり、小さな人ではあるけれど、「子供」などと一方的に庇護されるだけの存在ではないと再認識させられる。

    後半の大人らしくお別れしようする2人のシーンでは、やっぱり「~ござる」となる。
    でも、それが本当にぴったりくる。
    「さらばでござる」と未練を断ち切り、精一杯笑顔で、最後の一瞬をお互いに焼き付けようとするあたり、まるで武士のよう。
    「蝉しぐれ」のような切なさと、愛らしさと。
    とにかくたまりません。

    また、マドレーヌと源三郎のお互いを慈しむ愛情の深さや、
    猫の集会での様子などは
    人間達のそれ以上で、なんだか「大差ないのね」などと
    妙に納得してしまう。
    庭先に我が物顔で出没するノラ猫にも、そのような世界が実はあって、大物だったりしてと想像して不思議な気分にさせられた。


    万城目さんの「プリンセストヨトミ」を途中でやめてしまって、
    映画をTVで観て満足していたけど、
    こういうのを書く人だったのねと大変得した気分です。
    もう一回、「トヨトミ」読んでみようかな。

    今、かのこちゃんは何に興味があるんだろう。
    どんな毎日をすごしているのかしら。
    近所のおばさんが家族ぐるみで応援しているような気分になっています。
    気になって仕方がありません。
    もちろん、マドレーヌのことも。

    万城目さん、また、かのこちゃんのこと、書いてくれないかしら。

  • 世界の不思議に瞳をキラキラさせている少女、かのこちゃんと
    彼女をゆったりと温かく見守る両親、
    そして日本語も外国語(?!)も堪能な気品溢れる猫、マドレーヌ夫人と
    種の壁を超えてマドレーヌを優しく包む愛妻家の犬、玄三郎が
    繰り広げる、いとしい日々。

    ヘレン・ケラーが冷たい井戸水に触れた瞬間、雷に撃たれたように
    物と名前との結びつきを悟ったように
    かのこちゃんの「知恵が啓かれた」瞬間を導いたのが
    かのこちゃんがしゃぶり続けた親指の、あまりの臭さに
    のけぞったマドレーヌの反撃のひと噛みだったり

    究極のワザ「鼻てふてふ」を編み出したすずちゃんと
    意気投合するきっかけが、トイレの中で作成する〇〇〇柱だったり

    猫の集会で尊敬を集める原因となっている
    マドレーヌが操る「外国語」の正体が、なんと犬の言葉であったり

    1年生の教室での「難しい言葉」合戦で
    「シーラカンス」とか「コエンザイムQ10」とかの名詞が飛び交う中、
    答えに詰まったすずちゃんのために
    戦いに乱入したかのこちゃんの武器が
    「いかんせん」とか「たまさか」とか、妙に古めかしい副詞だったり

    綴られるエピソードがどれもこれも素敵すぎます♪

    普段は優雅で物静かなマドレーヌが
    「猫股」となってひとたび人間に化けた途端、
    愛する玄三郎やかのこちゃんのためになりふり構わず奔走する姿に
    お腹を抱えながら、やがて涙を誘われます。

    図書館から借りて読んだけれど
    ぜったい手許に置いておきたい、珠玉の名作です!

  • 小学1年生のかのこちゃんと猫のマドレーヌ夫人の日常で起こる不思議で思いがけない出来事。

    ほのぼのとした気分になれるお話でした。

    マドレーヌ夫人と犬の玄三郎夫婦の愛には思わず涙しました。
    最後、かのこちゃんとマドレーヌ夫人がお互いに真摯な決断、行動をしていて素敵だなと思いました。

    かのこちゃんとすずちゃん、2人のやりとりもかわいくて楽しい。お茶会の場面がお気に入りです。お別れの場面はやっぱり寂しくて切ないのだけれど、不思議とからりとした気持ちになりました。「さらばでござる」がとても素敵。

    猫たちの話し方の上品さや気品あるたたずまいがすごく自然に描かれていておもしろかったです。

    小学1年生の行動や考え方の等身大さに(かのこちゃんとすずちゃんは少し変わった子ではあるけど)懐かしさを覚えました(笑)

    あと、かのこちゃんのお父さんがとても素敵!

  • 元気いっぱいな小学生の女の子かのこちゃん。
    かのこちゃんちにふらっとやって来て住みついた猫のマドレーヌ夫人。
    かのこちゃん目線、マドレーヌ夫人目線で物語が絡み合って、
    不思議な出来事も起きて、とっても心温まる話。

    読んで驚いたのが、これってあれの密かな続き?
    かのこちゃんのお父さんは鹿と話せる。
    そしてかのこって名前を付けたのも鹿。

    万城目さんの本を久しぶりに読みました。
    もっともっと万城目ワールドの本、出ないかな~

  • 小学1年生の女の子・かのこちゃん。
    かのこちゃんのおうちで暮らすアカトラ猫のマドレーヌ夫人。
    1人と1匹の目線から進む物語はちょっと不思議で、ちょっと切なくて、でもたくさんの発見とどきどきに満ちている。
    読み終えると、近所の風景がきらきらしたみずみずしさをたたえて見えてきます。
    子供向けの装丁でも刊行されていますが、個人的には大人の夏休みにぴったりの作品だと思いました。

    万城目さんは関西方面を舞台にした意外な設定の物語や歴史を題材にした小説を書く印象だったので、こんな作品も書けるのかとうれしい驚きを感じました。
    特に猫のしぐさや表情の描写が猫好きにはたまりません。
    ふげ、とあくびするマドレーヌの姿が我が家のにゃんことかぶってにんまりしてしまいました。

    かのこちゃんの名前の由来によると、彼女のお父さんはどうやらあの人らしい…ということで『鹿男あをによし』の再読を決意。

  • かのこちゃん、可愛い。
    自分が小学校一年生の頃の、友だちが出来た時の嬉しさや、毎日が発見のワクワクした気持ち、うまくいかない不安な気持ちを、かのこちゃんの毎日に映して読み、懐かしく切なく幸せな気持ちになった。

    童話的なお話かと思いきや、「夫婦」「友」「出会い」「別れ」など、ほっこりとした中にもシンと考えさせられるテーマが散りばめてあって、不覚にも泣いてしまった。特に、犬の玄三郎と猫のマドレーヌ夫人の夫婦愛、
    かのこちゃんとすずちゃんの別れの場面は心に沁みた。

    かのこちゃんを見守るお父さんとお母さんも素敵。
    相手を想うことの温かさに溢れている本。

    マドレーヌ夫人はその後どうしたのか、かのこちゃんは成長してどんな大人になるのか、読後も読んだ人それぞれが想像の翼を広げて楽しめると思います。

  • 子供が少しずつ友達と、現実と、触れあって、経験して
    自分の肌でいろんなことを感じて成長していく様子を
    同じく体験するかのように感じられる文章がとても魅力的でした。

    学校のざわついた音、匂いを感じたり、
    たくさんのことにキモチがどんどんと飛んでいくけど
    子供なりにとっても真剣に1つ1つが不安だったり不思議だったり
    興味を持ったり、喜んだり、悲しんだりしていたあの頃に
    タイムトリップできたかのような時間でした。

    後半からはひたひたと近づいてくる別れの匂いと
    それを受け止めていく家族の一員になったキモチがして
    静かにでも着実に色濃くなっていく悲しい予感に涙が止まらなかった。

    それとは対照的に、かのこちゃんの日常はイキイキとしていて
    日々のリアルと生きることの輝きと、さよならの時間が
    すぐそこまできている切なさのコントラストがとても印象的でした。

    すべての出逢いに別れは必ずつきもので、
    生を受けたものすべてがそこから逃げることも抗うこともできないけど
    別れるために出逢ったんぢゃなく、出逢うために生まれてきたんだと
    泣きながらも静かに思えた読後感でした。

    買ったまま、早く読みたいなぁと思いつつもずっと積読していた
    本の1冊だったけど、今読めてよかったなぁと、心から思いました。

  • 児童向けかのような易しく優しい文章。
    いつものマキメさんっポくない、
    でも『現実』と薄皮一枚離れているような
    なんとも不思議さ漂うあたりはしっかりマキメさんの本。
    それが嬉しいマキメ作品ファンには
    「お もしかして♪」と
    ちょっとウキウキな設定かも って思わせる記述があったり。
    なんてたって主人公の一方は「かのこ」ちゃんだも。
    ■ ■ ■ ■ ■
    この本、好き。すんごい好き。
    ■ ■ ■ ■ ■
    切なさとあたたかさってさ、
    脳の司ってる部分が超ご近所なんじゃね?って思う。
    これって、この文章だからこそ受けられる感覚かも。
    こどもに向けて書かれたかのように思ったけど
    何事にも「終わり」があって
    でも生きてれば「終わり」は「区切り」にできることを知っている、
    そんな大人こそ胸のなかのなにかを味わえるお話。

  • 結構好きな感じ。
    児童書なのかファンタジーなのか
    ジャンル分けは難しいですが、
    子供が読んでも大丈夫だけど、
    大人にしかわからない感情がある本って感じです。
    マドレーヌ夫人、素敵だなぁ。
    帰ってきてほしいなぁ。
    あと、万城目ファンには
    「かのこちゃん」の名前の由来は嬉しい設定です。

  • 大震災の日に読了したという意味でも、忘れがたい一冊。
    残った10ページがあまりにも気がかりで、停電のさなかろうそくの灯りで読み終えた。
    ああ、前髪が焦げなくて良かった(笑)

    泣けるような種類の本ではないのに、何故か涙がしみじみと湧いていくる。
    小学校低学年の頃の女の子って、ああそう言えばこんなことを考えているのかな。
    その年齢で何が一番大事だったか、作者さんは実によく記憶していて驚いてしまう。
    クラスでの様子、友だちとのこと、家族のこと、懐かしくも甘酸っぱい。
    そしてそれを一切否定せずに受け止める父と母の存在がとてもいい。
    友だち(作中では刎頸の友、と言っている)との別れと、飼い猫・マドレーヌが夫である玄三郎との永久の別れとシンクロする。
    途中様々な逸話があったけど、まさか最後になって泣かされるとはね。


    西加奈子の「きりこについて」と同じような話かしらと思っていると、はずれます。
    こちらは、かのこちゃんとマドレーヌの話がそれぞれ並行して進み、ラストでぐっとふたりの心が接近するという仕掛け。
    賢く魅力的なマドレーヌには、してやられますよ。

    可笑しくて、甘くて切なくて、そして泣ける。今年一番の(笑)おすすめです。
    猫がおうちにいるひとと、小さな女の子のお母さんには特に。

  • 小さな子どもが主人公の物語を読むと、いつもなぜか照れくさいような、くすぐったいような気持ちが湧いてきます。
    これがもしも、かのこちゃんだけのお話だったら、私には少し眩しすぎたかもしれません。せわしなく変化する少女の日常、そこへ大人の女性として(メス猫ですが)マドレーヌ夫人の視点が加わったことで、ストーリーに落ち着きが生まれたように感じます。
    クスッと笑える万城目さんらしいツボも随所に散りばめられ、真骨頂のファンタジー的要素を絶妙に絡ませて物語は進みます。
    やがて、避けては通れない悲しい別れを経験する、かのこちゃんとマドレーヌ夫人。そのやさしさと潔さに目頭が熱くなりました。
    万城目さんが子どもたちの眼差しにしっかり向き合って取り組んだ、意気込みが伝わってくる作品です。

  • 猫の集会から始まる小さな物語。
    冒頭部分の物語の導入がうまい。
    小さな友情、子供を見つめる両親の目が温かい。

    ふきだしたり、うるうるしたり、どきどきしたり、子供の頃にタイムスリップするようだ。
    断片的に自分の子供の頃を思い出す、幸せな時間を思い出す。ちょっぴり悲しかった別れを思い出す。

    ジブリで映画にしてくれないかしら、、、、、、アニメという形でも見てみたい作品。

    今日は帰ってから猫にうんと話しかける。
    そしていちごに牛乳をかけて潰して食べるのだ。
    大人だから自分で潰すけれど、大人なのに未だ知恵が啓かれていないけれど。

  • 子供向けのお話なのかなぁと読み始めましたが、
    とても心にグッとくる素敵なお話でした。
    子供から大人まで楽しめるお話。
    猫好きなので、より楽しめました。

  • かのこちゃんは小学1年生。
    名前の由来は、お父さんが鹿に「かのこという名前がいい」と言われたからだとか。
    親指しゃぶりをずっとやめられなかったが、ある日、ふとやめる。「親指を離したらどんないいことがあるの」と聞いたらお父さんが「きっと世界がグンと広くなるんじゃないかな」と言っていたように。そのときから知恵の栓が抜けたように「これ、なあに?」と質問を始める。
    そして、すずちゃんという友達が出来る。
    転校してきたすずちゃんとはすぐには親しくなれず、ついに親しくなるきっかけが面白い。
    マドレーヌ夫人は、猫。
    どこからともなく現れ、雷の日にかのこちゃんの家の犬小屋に入って震えていたのだ。その犬小屋の主、年とった犬の玄三郎と夫婦になっている。
    名前はかのこちゃんがつけた。お母さんの焼く自慢のお菓子マドレーヌと色が似ているから。
    玄三郎と仲がいいのは知っていたが、ある日ふと本当に夫婦なのだと実感するかのこちゃん。
    普通は外国語のようにわからないはずの犬と会話が出来るマドレーヌ夫人。
    猫の集会で、信じられないと話題になり‥
    もっとも二人の間だけの会話で、他の犬とは話せないのだ。「それは愛の話ということ?」と言われて「まあ!そういうことになるかしら」とマドレーヌ夫人。
    ファンタジックで可愛らしく、子供のやることには大笑い。素直な気持ちを思い出すよう。
    出会いと別れがちょっとだけ哀しく切ない。
    ほのぼのとした展開。装丁やイラストもいいですね。

  • 万城目学に望んでいるのはこんなんじゃない!ってのが正直なところ。
    別に悪いわけじゃないんだけど、もっとこうバカっぽくて笑えてちょっぴり切なくなるような話が読みたい。

    こういうほのぼのな話なら違う作家さんでもいいかなぁー。

  • マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦愛。「だって君は僕の妻じゃないか」とか、もう涙腺が・・・。かのこちゃんも最初は不思議な子なのかと思いきや、とても聡明で好奇心旺盛で可愛い女の子。旅立つ気配のマドレーヌ夫人、待とうと決めたかのこちゃん。その後の二人の思いはどう交錯したのかとても気になります。刎頸の友、すずちゃんもとても可愛らしくて、見守る大人達の優しいまなざしが心地良かったです。猫が喋る時点でファンタジーなんだけどそれだけじゃありませんでした。かのこちゃんの名前は鹿に聞いたとか。もしや、そこリンクですかね?

  • 児童書。
    何気に、「鹿男あをによし」にちょっとだけリンクしていますが、
    直接的にストーリーが関係しているわけではないので、
    それを期待しないほうがいいです。
    (万城目ワールドを楽しむというスタンスで。)

    やさしい内容で、いつもの万城目節はありません。
    女の子がみる不思議と猫がみる不思議が
    やさしく交錯するちいさな出来事を描いています。
    出会いと別れ、どんなに小さくたって訪れるその時を
    おそれずに素直にすごしていくかのこちゃんが
    少し羨ましく思えました。
    児童書として良書。
    大人が読むと、ボリューム的にはものたりない気持ちがしますが、
    読後さわやかです。

  • 友達からのお薦めで手にした本です。何とも心温まるお話です。
    万城目さんの本は2冊目。鹿男のお話は未読ですが、かのこちゃんのお名前からして、ふぅーんと何となく通ずるだねとつい微笑んでしまった。
    小学1年生の かのこちゃんとニャンコのマドレーヌやワンコの玄三郎が何とも温かくワンニャン大好きな方には、優しい気持ちで読み進められるそんな1冊です。

  • 小学校に入学したばかりのかのこちゃんと、彼女の家に住む猫のマドレーヌ夫人(夫は同じくかのこちゃんの家で飼われている犬の玄三郎)を中心とした優しい日々。

    身近に小学校低学年の子がいないので、果たしてこの作品で描かれているかのこちゃんと、そのお友達のすずちゃんの会話がリアリティがあるのかどうかは分からないけれど、でもふたりの何気ないやり取りや友情にはノスタルジーがあふれていて、ほろ苦く優しい気持ちになる。最後の二人のシーンはジンワリ来てしまった。こうやってみんな、キラキラ輝く思い出を一つずつ積み重ねて成長していくんだよね。

    そして流れ者の猫であるマドレーヌと、老犬の玄三郎の夫婦愛も穏やかで素敵。

    途中の「猫股」のところはなかなか展開についていけず「えー…」って感じだったけど最後にまたそのエピソードが効いてきて良かった。

  • 小学校1年のかのこちゃんと外国語を話せる猫のマドレーヌ夫人の物語。

    かのこちゃんがとても魅力的に描かれていると思った。
    私の中では「窓際のトットちゃん」みたいな子だなぁという印象。
    好奇心が旺盛で、それを探求する努力も忘れない。
    また周りの大人たちにも恵まれていて、きちんと付き合ってもらっている。

    マドレーヌはアカトラなのだけれど、「夫人」と付くからか、どうしても シャムやペルシャなどの洋猫を想像してしまった。

    種を越えた愛、また儚く見えるものの実は固く逞しかったりする部分に触れて、ちょっと勇気を貰う気がした。


    「何で?」を繰り返す娘にもうちょっと丁寧に対応したいと反省もした。

  • ちくまプリマー新書として発行された万城目氏5作目の小説。主人公の小学1年生(6歳)のかのこちゃんと猫のマドレーヌ夫人とのお話。

    これまでの作風とは少し違って若年齢層向けの作品ですが、万城目ファンとしては全部目を通しておきたいところ。人の言葉が理解できる動物たちが出てくるなど、相変わらずの突拍子のなさではありますが。

    うちの娘(5歳)は小学生になっても、ここまでしっかりしたことができる感じはしないけど、でも「知恵が啓かれる」瞬間があって一気に成長するのかなあ。
    などと、かのこちゃんと娘を重ねて読み進めてしまいました。

    うちもそのうち引っ越しもあるし、すずちゃんとの別れみたいに小さいながらにもいろいろ思うんでしょうね。強い子になってほしい。

  • かのこちゃんとすずちゃんの「ふんけいの友」コンビが最高!
    男子対女子の難しい言葉対決は楽しい
    「鹿男あをによし」のエピソード2みたいな感じですかね、お父さんは鹿と話が出来たり、かのこちゃんはきっと鹿子と書くんだろうしね

  • いつもの作風とは少し趣が変わっていて、子供向きに書かれた
    ような文章の造りなのだが、大人でも十分に楽しめる。
    というか私の中ではかなりの名作の香り漂っている(笑)

    小学一年生のかのこちゃんの家にやってきた野良猫の
    マドレーヌ婦人は外国語を話す事ができるマダーームな猫。

    難しい言葉を意味も解からず覚えるかの子ちゃんの最近の
    お気に入りは「刎頸(ふんけい)の友」という言葉。

    お転婆な小学一年生の女の子が日々経験する様々な事。
    そういえば小学一年生の頃ってこんなこと考えていたのかも?
    と記憶の彼方にある自分の幼いころの日々を思い出したり
    個性的で魅力的なマドレーヌ婦人とその周りの猫達との日々。

    どちらも生き生きと描かれて、楽しんだり胸を掴まれたり。
    不思議で奇妙な独特な感じはいつもの万城目ワールドなのだが
    もう少し優しくて読みやすいお話になている。

    成長していく中で経験する別れの寂しさや切なさもユーモア
    の中にうまく盛り込まれている感じ。

    で、かのこちゃんのお父さんは実はあの人?な展開も
    万城目ファンには嬉しい限り。

  • かのこちゃん&すずちゃんかわいい!実際あんなに語彙の豊富な小学1年生がいたらちょっとブキミかもだけど^_^;、これは物語だから(笑)
    子どもたちの様子がとてもいきいきと描かれていて、クスクス笑っちゃう感じでした。
    そして最後のほうではやはりほろっときました。
    笑って泣けてほのぼのして終わる、とってもやさしいファンタジー。
    登場する大人たちがまたステキでした。

全639件中 1 - 25件を表示

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)に関連する談話室の質問

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)に関連するまとめ

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)はこんな本です

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の単行本

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)のKindle版

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)の文庫

ツイートする