近代都市の下層社会: 東京の職業紹介所をめぐる人々 (サピエンティア)

  • 20人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 町田祐一
  • 法政大学出版局 (2016年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588603495

近代都市の下層社会: 東京の職業紹介所をめぐる人々 (サピエンティア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「格差」について興味が出だしたため読んでみたものの、明治から昭和初期の話題であるため、目的にはあまり役立たず。すごく学術書なので、内容も固めです。

    ひとつ、ピンハネのあたりは今のIT業界然り、長年の課題なのだなと改めて気付かされました。

全1件中 1 - 1件を表示

町田祐一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
エイミー・E・ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印

近代都市の下層社会: 東京の職業紹介所をめぐる人々 (サピエンティア)の作品紹介

明治から大正にかけて、近代化の進む東京には全国から人が集まってきた。彼らは住居近くの職業紹介所を利用してより良い仕事を探すが、技術を持たない人々が就けるのは、ほとんどが日雇労働や女中などだった。江戸時代の流れを組む口入屋から、宗教団体による慈善事業、西欧を手本とした公立の紹介所まで、各事業の成立と展開、国や自治体の政策などを体系的に検討し、下層社会が拡大した経緯を追う。

近代都市の下層社会: 東京の職業紹介所をめぐる人々 (サピエンティア)はこんな本です

ツイートする