お任せ! 数学屋さん (一般書)

  • 461人登録
  • 3.46評価
    • (23)
    • (58)
    • (57)
    • (21)
    • (4)
  • 75レビュー
著者 : 向井湘吾
  • ポプラ社 (2013年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591134948

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
辻村 深月
三浦 しをん
三浦 しをん
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

お任せ! 数学屋さん (一般書)の感想・レビュー・書評

  • 私は高校のときに数学で躓きまして、子供がいるこの年になっても「数学赤点で留年の恐怖に恐れおののく」という悪夢を年に何度も見ます。
    それを克服するにはやはり数学を制するしかないと思い、NHKの高校数学を見たりいろいろ手を出している中、この本にめぐり合いました。
    計算用紙を用意して実際に出てきた数式を自分で解きながら読んでいましたが、いやーもう本当にダメ。まず満足に計算さえできない。
    作者の方はすごい経歴で、数学のプロと言って差し支えない方のようですが、割と丁寧に考え方が書かれていて、親切設計といえます。
    しかしそれでも私には苦しい場面がチラホラ。

    P105に出てきた数式
    (台形の土地を半分の面積に分けるとき、どこから線を引けばいいかを求める途中の過程)
    {45+(15n+45)}×AM÷2={(15n+45)+60}×MB÷2
    ただし AM:MB=n:1-n

    これらの式が導かれる過程はわかったのですが、答えがアッサリ書かれているだけで途中式がなかった。
    途中式なんて本当にただの作業・計算だから省かれているのでしょうけど『AM:MB=n:1-n』という比の部分をどう式に代入していくかでちょっと戸惑うレベルの馬鹿な私のために途中式も入れて欲しかったw 
    割とずらずら長い計算になり、何度か間違えてようやく合いました。

    ストーリーとしてはボーイミーツガールというか、割と典型的なお話なんですけど、あれほど数学大好きだった宙が最後で、数学を伸ばすには魅力的な「アメリカ行き」という環境よりも、遥の傍にいたいという正直な気持ちを吐露しているところにぐっと来ました。

    P283
    でも、僕はアメリカになんて行きたくない。
    本当は、君と一緒に数学屋を続けていたかったんだ。

    高校以降の数学、と言うか、数学の本質的な部分と言うのは、哲学や思想に近いものがあるという話をよく聞きます。
    思想や哲学なんて人の数だけ存在するから相容れない人はトコトン相容れないし、数学者同士でも相容れない。
    相手が何を考えているかわからない。
    これは数学者じゃない人同士でも良くあることで、それを自分にわかるように、相手にわかるように一生懸命考える。
    時に、出てきた答えに戸惑う。
    まさに数学は日常なんだと思います。

  • 正直、数学は苦手です。チンプンカンプンです。
    だけど、理系って響きに憧れる(笑)やっぱり数学とかできる人って凄いと思います。

    数学で世界を救えるのかどうかはわからないけど、なかなか可愛いお話しでした。
    宙君を追いかける遥ちゃん、素敵です。

  • これはメモ用紙と鉛筆を準備して、読まなきゃ!(*´∀`)♪とヤル気(?)満々で読み始めたけれど、必要無かった(^^;)「数学で世界を救う」と転校早々に宣言する中学二年生の宙くん(゜゜;)とりあえず数学でお悩み相談をする「数学屋」を開店♪それを手伝う隣の席の遥(^^)数式を使って数々のお悩みを解決!しかし恋愛不等式が出てきたのには驚いたなぁ(*^^*)

  • yー[x]=0
    何この青春素敵すぎるやん

  • 2016.4.26読破。
    ある転校生と数学屋を営むことになった遥。
    問題を解決していくにつれて…

    次作がどうなっていくのか、
    非常に楽しみ。
    来週あたりでも2巻図書館で借りてこよう。
    恋愛の不等式ってなんとなく
    いい響きやなあとおもいました。
    数学が好きな教科だったから
    難なく読み進むことができた。

  • 次女が面白いと読んでいた本。
    中学生が主人公の本。
    恋の話をからめつつ…楽しい本でした。

  • 書店で文庫化されているのを見て、気になってた作品。
    図書館で単行本を発見して、借りてきました。
    軽くて読みやすいのと、休みの日だったこともあり、1日で読了してしまいました。

    私は数学は苦手だけど、興味はある、程度の人です。
    だから、数学を題材にした小説があると読んでみたいと思っちゃいます(「数学ガール」は未読ですが、いつか読んでみたい)。
    この小説は「悩みを数学で解決」「数学で世界を救う」というところが気になり、一体どんな風に描かれるのだろう…と思っていました。

    お小遣いの貯め方やグラウンドの二等分あたりは、数学的なのですが、部員のやる気を出す方法や恋愛相談など、それって数学で解決できるの?ってことまで数学的考え方で解決策を導き出していて、面白かったです。
    特に恋愛不等式は割とお気に入り。

    提示した解決策の方法で、すっきり解決できてるわけでもない(グラウンドの二等分や部員のやる気の話など)あたりも、リアルな感じで良いかなと。
    実際は計算の通りにうまくいかないことって、現実には多いですからね(苦笑)。
    それでも、その解決策を提示したことによって、事態が好転してきてる、というのは、お話として読んでいて気持ちが良かったです。

    ただ、全体のストーリーについては幾分物足りなさを感じました。
    なんだろう…読みやすすぎるからかなぁ。
    続編も出てるようなので、機会があれば読んでみたいです。

  • 先に2を読んでしまってから読んだので、宙くんと遥の出会い、別れがこのようにしてあったのだとわかり、これを先に読めば2ももっと楽しめたのかなぁなんて思う。数学が大嫌いなので数式の箇所は多少読み飛ばしてしまったけれど面白く読めた。

  • 中学生〜高校生向けの数学小説.
    数学で世界を救うことを目標に数学屋を開き,学校の中でおこる様々な問題を数学で解決するというお話.そこに,おきまりの恋愛がからむ.

    ポプラ社小説新人賞の応募作ということで,まだ小説としてはもの足りない面もあるが,難しすぎない数学を上手に料理していることに感心した.

    恋愛不等式に感心した理系の人は「相対論的人生積分公式」もどうぞ.

  • 数学が苦手な中学二年生の遥の前に、不思議な転校生・宙がやってきた。「数学で世界を救うこと」が将来の夢だと語る彼は、ある日突然、どんな悩みでも、数学の力で必ず解決してくれるという、「数学屋」なる謎の店を教室内で開店する。はじめは遠巻きに見ていた遥も、店を手伝いはじめることに…。どんな相談事も華麗に解決していく二人だが、投書箱に届けられたある一通の悩み相談の手紙から、数学では解けそうにない「人の感情」という、超難問にぶつかることに。彼らは果たしてどんな答えを導くのか!? 数学嫌いも夢中にさせる、感動の青春数学小説。

    まさに青春だなあって感じでした。最後の急展開にドキドキ、うるうるしてしまったおっさんです。中学が舞台なので相談に使われる数学自体は難しいものではありませんでしたが、話の縦糸をなすのは素数定理やリーマン予想など難易度超高めです。そして何より爽やかで純粋な主役2人の恋愛が数学とみごとに溶け合って素敵なストーリーになっていました。青春数学恋愛小説、ぜひその後のストーリーも読みたいものです。

  • 青春ミステリになるのかな。多少の数式は出てきたりするけれど軽く読める。数学を使ったストーリー自体は、数式に多少慣れ親しんだ者からすると、それほどのものではないけれど、着想としては面白いかな。ただ、シリーズ化するほどの強さはないと思う。

  • さらっと読める。すかすか。数学で解決する問題がしょぼい。「数学は役に立たないから美しいんだ」という本を最近よく読むので、「数学ってこんなに役に立つんだよ」という本書が新鮮。これを読んで数学の勉強にやる気を出してね、ということかな。

  • 大人が読むにはちょっと…って感じでした。悪くは無いけど心情描写がいまいち。展開にもちょっと無理があるかなぁ。
    そして何より…、数式が難しくて意味がいまいち意味が分からんやった^^;

  • 中学生がいろんな問題を数学で解決する話。
    やや低年齢向けか。

  • 数学好きの天才中学生男子と活発系女子の数学屋が校内の問題を解決。
    数学好きを自認して読んだけど、正直イマイチ。
    というか、ストーリーはわざとらしく無理やりだし、女子はタイプじゃないし、正直がっかり。続編はあるけど、もう読まねーぞって感じ。
    所々でいい事言ってるだけに、残念。

  • 本を読み始めるとすぐにアネから
    「最近読んだ面白かった本」
    の、連絡が来た。^^

    イエアー! ありがとう!!
    (過去に何度も聞いてるので、聞かないでもいうてくれたのが嬉しすぎる。笑)

    オススメ本を聞くのが大好きー!!
    そういえば私も、この作家が好き、と、いうのはなかなか答えられないけど、
    「最近読んだ面白い本」
    やったら確かに挙げられるかもしれへん。
    うまいなー、アネ!! と、思った。

    もしよければ、「最近読んだ面白い本」があれば、教えてください。^^


    …で、この本やけど、大変面白かったのにものすごいバタバタしていて感想を書く気に全くなれず…。
    いい加減返却期間が迫ってきたし、文章のひとつでも書けば気が紛れるかと思い、とりとめもなく書いてみる。簡単に、簡単に書く!!!
    イヤ、反対か。
    何を書くか決めずに書き始めるので、長くなるのか!? 笑

    この本の前に読んだ「空飛ぶ広報室」では、
    フィクションでもそこには必ず人の気持ちがあるんやなあ
    と、思ったのに、この本は、
    数字ですべてが解決する(らしい)
    ちゅうとっかかりで、そのテンションの差がよかったわ!

    まあさわやかな本やったなあ。
    最後の成田空港まで走るシーンなんか、細 田 守氏のアニメのような感じやったけども、とにかくさわやか。

    まさかの恋愛お悩みを宙君が出したなんて予想してなかったけど(なかったよね!? え!? 私だけ!? そういえば、翔くんや真希ちゃんは気付いていたような・・・?)、宙君と遥ちゃんの関係が最終的にはっきり書かれなかった(けれど違和感もなかった)あたりに、中学生らしいさわやかさがあったし、

    「世の中は全部数字で解決は、しないよね」

    と、思ったりもした(ひねくれているわけではなく!)。


    とにかく、今の私にはグッとえぐられるようなお話やったなあ。

    どう見ても「完璧」に、近い人のそばで
    「私なんて、いらないんじゃない?」
    と、思いながらも何かを共有していくときの不安さったら。

    遥ちゃんがそうやって不安に思っていたときに、計らずも宙君も不安やったらしいというのが、可愛い。
    1たす1という数字は確かに裏切らないかもしれないけれど、感情なら1たす1が2にはならないときもある。

    (と、思ってしまうあたりが全然数学脳じゃないんやろうけど)

    裏切らないのもいいし、いい方向になら、裏切ってもらいたいし。
    結局のところ、「世界は広い」っていう結論かな。
    誰を否定するでもないお話で、とってもとっても、よかったです。

    実際、数学で問題が解決する様子を見ているのはまるで手品のようで、小気味よかった。
    きっと遥ちゃんも同じ感覚やったんじゃないかな。

    ただ、グラウンドを二分するあたりですでに私の頭の中は
    「……?」
    と、なりかけたけどね(笑。早すぎるやろ)。

    それにしてもきれいな本で、読んでいて楽しかった(またハード面の感想か)。

    2015.03.27

  • たまにはこんな爽やかな、重くない本が楽しい。渚と空気は似てるけど、オタクな感じは渚より薄くて親しみやすい。

  • とにかく数式が多く出てくるのでそういったものがあまり好きではない方は読んでて???となるかもしれません。個人的には中高生の時に習った数学的知識が思い出されて懐くしい気持ちにもなりました。

  • 数学を身近に感じることはできたかも

  • 数学が大嫌いな中学2年生の遥のクラスに、数学が大好きな少し変わった男の子、宙が転校してきた。「数学で世界を救う」と宣言した宙は、数学でなんでも解決する、「数学屋」を始め、成り行きで遥も手伝う事に…。貯金ができない、グラウンドの取り合いなど解決していくうち、舞い込んだ恋愛相談。二人だけでなく、友が友を呼んで恋愛の公式を作り上げていくのは、なかなかワクワクしました。難しい公式は飛ばし読み、でも、ラストの爆発する青春は中学生らしく、清々しいラストでした。続きがあるようですが、どうやって続くんだろ?楽しみです。

  •  数への苦手意識は拭えませんが,数学がロマンチックで,日常に役立つものだと思えました。

  • 甘酸っぱい学生時代を思い出します。
    数学を絡めたすばらしい作品。

  • 数学好きの転校生とたまたま隣りの席になった女子が数学でお悩み相談する「数学屋」を始める。中学生が主人公。

  • うーーん

    数学もの

    数学ものは数学ガールとか浜村渚とか
    博士の愛した数式とか
    いろいろ読んだけど
    どうにもやっぱり体質的に受け付けないみたいで(憧れはあるけど)
    よくわからないんだよな~~~(苦笑)

    転校生が数学オタクで数学で悩みを解決する数学屋をするって話

  • +++
    数学が苦手な中学二年生の遥の前に、不思議な転校生・宙がやってきた。「数学で世界を救うこと」が将来の夢だと語る彼は、ある日突然、どんな悩みでも、数学の力で必ず解決してくれるという、「数学屋」なる謎の店を教室内で開店する。はじめは遠巻きに見ていた遥も、店を手伝いはじめることに…。どんな相談事も華麗に解決していく二人だが、投書箱に届けられたある一通の悩み相談の手紙から、数学では解けそうにない「人の感情」という、超難問にぶつかることに。彼らは果たしてどんな答えを導くのか!?数学嫌いも夢中にさせる、感動の青春数学小説。
    +++

    転校生、神之内 宙(じんのうち そら)は、どうやらかなり変わった人物のようである。いつも本を読んでいて、友人を作ろうともせず、暑いのに学ランのホックをすべて留め、どうやら本気で数学で世界を救おうとしているらしい。数学で悩みを解決する数学屋を始めた宙に、隣の席になった天野遥は、少しずつ彼に興味を抱き始め、それをきっかけに、遥の友だちとの接点もできるようになり、数学屋にも客が来るようになっていく。中学生活と人間関係に絡めて数学の面白さを描いているのだが、きゅんとさせられる場面も折り込まれ、愉しんで読める。宙くんが駆け抜けるようにいなくなってしまって寂しい一冊である。

全75件中 1 - 25件を表示

お任せ! 数学屋さん (一般書)に関連する談話室の質問

お任せ! 数学屋さん (一般書)を本棚に登録しているひと

お任せ! 数学屋さん (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お任せ! 数学屋さん (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お任せ! 数学屋さん (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする