いとの森の家(一般書)

  • 198人登録
  • 3.59評価
    • (12)
    • (23)
    • (34)
    • (4)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 東直子
  • ポプラ社 (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591142073

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いとの森の家(一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の小学生時代のことを思い出して、あたたかな気持ちになった。
    小学中学年の少女のわずか1年間の田舎での暮らしの物語。
    春夏秋冬、四季折々の自然と触れ合いながらの生活、
    ハルおばさんとの交流にほっこりする。

    のどかな時間が流れている。
    「となりのトトロ」的な田舎の何気ない日常生活。
    そこに生きている実感、楽しさを感じる。

    小学4年生の少女・加奈子。
    福岡県の都会から「糸島半島」の田舎に家族ぐるみで引っ越ししてきた。
    その「いとの森」の家で暮らし。
    著者の体験を元にした物語。
    初めての田舎暮らしで、戸惑うものの、すぐに友達もできて馴染む。
    都会以上に充実した毎日だった。

    オケラ遊び、ホタル観賞、海水浴、きのこ狩り、雪合戦。
    四季折々の自然を感じる生活。
    不便なことも多いけれど、充実感ある生活。

    そして、ハルおばあさんの存在。
    優しく包み込んでくれるハルさんは、ちょっと村でも浮いているところがあった。
    それは、死刑囚を慰問するから。
    そして、太平洋戦争時代、アメリカでの民族差別を受けた苦労人でもあった。
    そんなハルおばあさんが教えてくれた、生きていく大切なこと。
    「ただただ、にこにこしていること」

    ギスギスした現代日本に求められるのは、
    こんな自然の恩恵や不便さ、そして、あたたかく包み込んでくれる人
    ではないだろうか?
    「猫と子どもは出入り自由、遠慮なんてしなくていいの」
    ほっこりした。
    あたたかい気持ちになった。
    他人に優しくなれそうな気がした。
    第31回坪田譲治文学賞受賞作

  • 「あなたには残酷なできごとが起こりませんように。しあわせな人生でありますように」
    おハルさんは、私の頬を両手で包んで微笑んだ――。

    福岡市内の団地暮らしだった加奈子は、父の突然の思いつきで、山々に囲まれた小さな村に引っ越すことになる。
    都会とのギャップにとまどいながらも、すぐに仲良しの友達もでき、自然の豊かな恵みに満ちた田舎の暮らしに魅了されていく。

    中でも特別な存在はおハルさんだ。
    童話に出てくるような家に住み、いつもおいしいジャムやクッキーを作ってくれるおばあさん、おハルさんは子どもたちの人気者。
    だが、大人たちの中には彼女を敬遠する人もいた。それはおハルさんが毎月行っている死刑囚への慰問が原因だった。
    なぜおハルさんは、死刑になるような人に会いに行くの……?

    そんな素朴な疑問から、加奈子はおハルさんからさまざまな話を聞くようになり、命の重みや死について、生きていくことについて、考えるようになっていく――。
    福岡・糸島の地を舞台に、深い森がはぐくんだ命の記憶を、少女のまなざしで瑞々しく描いたあたたかな物語。

  • 小学四年生の六月。福岡市内のしずかな住宅街に住んでいた加奈子は、福岡県西端の「いと」と呼ばれる田舎の田園地帯に引っ越した。
    そこで出会ったおハルさんと呼ばれる優しいおばあさんは、たびたび死刑囚の慰問に出かけているらしい。
    さまざまな人との出会いや、経験を経て、加奈子は命や死ぬことについて考えるようになる。

    筆者の実体験や、実在した人物がモデルになっている。
    『西の魔女が死んだ』みたいなお話かと思いきや、死刑囚の慰問というまさかの展開におどろき、どういうことだろうと思いながら読み進めた。
    おハルさんが住む可愛らしい家に行ってみたい。

  • 170831

  • 糸島の自然がムンムンと感じられた。
    はるさんのおおきなあたたかさ。
    そしてツライ体験。
    全てが重なって、今のはるさん。
    はるさんの死刑囚の人の慰問…。それは子供達にとってショッキングな事なのに、ちゃんと受け止めていた咲子ちゃんとかなちゃん。すごいって思う。

  • 福岡の田舎町に家族で引っ越してきたかなこ。

    慣れない環境に
    転校初日から保健室に行くはめになったかなこが
    その土地に徐々に親しみを覚えていくまで。

    近所に住むおハルさんというおばあさんは
    可愛いものが大好きで、
    時々、死刑囚の慰安に行っていること。

    咲子ちゃんとの思い出。
    みんなで行った海水浴。
    死刑囚に会いに行くおハルさんへの気持ち。

    実在したおハルさんはどんな人だったのだろう。
    少女時代に著者が経験した短いけど濃厚な雰囲気が、かなこを通じて伝わってきた。

  • ジブリあたりでアニメ化してほしいような、独特の雰囲気を持ったお話。

    自然ゆたかな森のなかの家と、滋味あふれるごはん、のびのびと育つ子供ら。
    死刑囚へ差し入れを持っていくハルさん。

    装丁も素敵であたたかく、染み込む。

  • ちょうど「センス・オブ・ワンダー」ということについて考えていた。
    いろんな考え方や捉え方があり、選択肢がある、そういうことって本当に大事。

  • 図書館で借りたもの。
    初めての作家さんだったけど、読みやすかった。
    著者が小学生の時に1年ほど住んだ福岡県糸島郡。そこに住んでいた「死刑囚の母」と呼ばれた白石ハルさん。その「おハルさん」と糸島の風土をモデルにしたフィクションの物語。
    おハルさんの暮らしぶりが素敵。
    四季折々の生活。
    どことなく「赤毛のアン」を感じた。

  • 糸島の話。実際にいらしたという、死刑囚の母、白石ハルさんが、とてもとても、魅力的に描かれています。

全40件中 1 - 10件を表示

いとの森の家(一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いとの森の家(一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いとの森の家(一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

いとの森の家(一般書)の作品紹介

「あなたには残酷なできごとが起こりませんように。しあわせな人生でありますように」
おハルさんは、私の頬を両手で包んで微笑んだ――。

福岡市内の団地暮らしだった加奈子は、父の突然の思いつきで、山々に囲まれた小さな村に引っ越すことになる。
都会とのギャップにとまどいながらも、すぐに仲良しの友達もでき、自然の豊かな恵みに満ちた田舎の暮らしに魅了されていく。

中でも特別な存在はおハルさんだ。
童話に出てくるような家に住み、いつもおいしいジャムやクッキーを作ってくれるおばあさん、おハルさんは子どもたちの人気者。
だが、大人たちの中には彼女を敬遠する人もいた。それはおハルさんが毎月行っている死刑囚への慰問が原因だった。
なぜおハルさんは、死刑になるような人に会いに行くの……? 

そんな素朴な疑問から、加奈子はおハルさんからさまざまな話を聞くようになり、命の重みや死について、生きていくことについて、考えるようになっていく――。
福岡・糸島の地を舞台に、深い森がはぐくんだ命の記憶を、少女のまなざしで瑞々しく描いたあたたかな物語。

【著者プロフィール】
東 直子(ひがし・なおこ)
1963年、広島県生まれ。歌人、作家。1996年『草かんむりの訪問者』で第7回歌壇賞受賞。2006年『長崎くんの指(のちに『水銀灯が消えるまで』)』で小説家としてデビュー。歌集に『青卵』『東直子集』『十階』、小説に『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『らいほうさんの場所』『私のミトンさん』『トマト・ケチャップ・ス』『いつか来た町』、エッセイ集に『耳うらの星』『千年ごはん』『鼓動のうた』、絵本に『あめ ぽぽぽ』『ぷうちゃんのちいさいマル』など著書多数。

いとの森の家(一般書)の単行本

ツイートする