i(アイ)

  • 1843人登録
  • 3.71評価
    • (117)
    • (201)
    • (194)
    • (37)
    • (3)
  • 209レビュー
著者 : 西加奈子
  • ポプラ社 (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153093

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

i(アイ)の感想・レビュー・書評

  • アイとは“i(私)”であり“identity"なんだろうなと勝手に解釈する。
    西さんの本を読むのは「サラバ」に続いてまだ2冊目だけれど、世界観というか自己肯定感というか共通するテーマが根底に感じられた。他の作品もそうなのだろうか。

    この本を読んで、以前にNYで知り合ったネパール系アメリカ人の女性から聞いた話を思い出した。
    彼女の妹も、もちろん生まれも育ちもアメリカ。医師の資格を持ち、NYで揺るぎない生活を送る未来があった。しかし自分の中にぽっかりと空いた穴(彼女はemptinessと表現した)を埋められずネパールに渡ったと。

    おそらく、多民族国家や、大陸においては養子にかぎらずとも自分の出自、アイデンティティについて考える人は多いのだろう。
    日本が特殊なだけで。

    そう言った意味で、このようなテーマをストレートに投げかける西さんは今までにない新しい作家という気がしてならない。
    ぜひ若い人に読んでほしい。
    自分を見つめることは世界に目を向けること。
    いい作品でした。

  • ワイルド曽田アイ。
    アイはシリアで生まれ、ハイハイを始める前にアメリカ人の父と、
    日本人の母の養子となった。
    小学校卒業まで住んで居たのはニューヨークの高級住宅街。
    「この世界にアイは存在しません。」高校の入学式の翌日、数学教師は言った。
    その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続ける事になる。
    ある「奇跡」が起こるまではーー。

    アイはシリアからの養子で、裕福なアメリカ人と日本人の夫婦の元で育ち、
    その恵まれた環境にいる自分と世界で起こる事故や事件や天災や紛争の犠牲者の
    ニュースを見聞きしながら、安全な場所に居て自分の身には何も起こらない
    ことへの罪悪感に負い目を感じている。
    「何故私が選ばれずに、彼らが選ばれたの…」どこか後ろめたく思って成長していくアイ。

    子供を子供扱いしないこと、一人の人間として接する事。
    アイを深く深く慈しみ愛してくれる両親なのに自分の意見を言えないアイ…。
    シリアで生まれて、養子という複雑な心境が理解出来ず、
    繊細で聡明なアイの事を何て暗く欝々としてるのだろうかと、最初は反感すら抱いてしまった。
    しかし、何だろう読み進めていくうちに、現実に起こった
    紛争や天災や事件や戦争が沢山登場する。
    その時、自分が何を想い感じたのか…。
    遠い異国で日々起こっているそれらがニュースで報じられると可哀相…痛ましい…。
    それが自分自身に起こったらと考えもせず深く想いを馳せる事も無く忘れていってた。
    日本で起こった東日本大震災を始め、天災の数々は身近に感じられる分
    自身に置き換え、苦しくなって報道や映像を観る事すら出来ず、逃げてしまっていた。
    最初反感すら抱いていたのに、読み進めるにつれ物語に引き込まれていった。

    アイの考え続ける事、想い続けることの凄さ!
    今、世界で起きていることに目を背けないで出来る事はなくても、
    考え続け、想像する事をやめてはいけない。
    自分の存在に感謝しながら生きていきたいって思った。
    誰かを想う事、誰かに想われる事の尊さが詰まっていました。

  • 日本人の母とアメリカ人の父、そしてシリア人の養子として迎えられたアイ。本書は、「なぜ、自分が紛争国のシリアで養子として生き残ってしまったのか」、「自分が生き延びていることで死んでしまった人がいるのではいか」と、生きていることへの罪悪感を強く感じるアイが主人公である。

    想うことの強さを描いた小説で、ものすごく心に残ったフレーズがある。
    「自分に起こったことではなくでも、それを慮って、一緒に苦しむことはできる」
    このフレーズを読んだ時、思わず涙が溢れそうになった。
    それは、このフレーズが私の職場の同僚を想起させたからだ。
    彼女は、上司との関係性がうまくいかず、仕事へのストレスを抱えていた。上司は階級も高く誰も文句を言えず、かといって、自分が人事異動をする予定はないため、現状を変えられないため、苦しんでいた。そんな彼女の話を聞くと、胸が張り裂けそうになると同時に、ただ彼女の窮状を憂うことしかできない自分が傲慢だと思っていた。
    しかし、本書のフレーズに出会い、「想うことで何かが変わるわけではないけれど、それ自体に価値はあるのではないか」と思えるようになった。自分1人の力で変えられないことがあまりにも多くて落胆することも多いが、まずは、相手に共感することが大切ではないだろうか、本書は教えてくれたような気がする。

  • サラバに引き続き良かった。「被災地」を思う時なんとなく座りの悪い感じを抱いていたのだけれど、こういう事だったのかもしれない。そして、被災地を思う事を申し訳ない、嘘っぽいと思わなくてもいいのかもしれない。そう思った。

  • 「ヤイコ シラム スイエ」アイヌ語で
    「私の心をあなたの心に寄り添わせてください」
    という意味になるそうです。

    この作品の中に、何度も出てくる
    「この世界にアイは存在しません」
    この言葉の重低音に導かれて、
    そこにまとわりついてくる
    さまざまな人、
    さまざまな考え、
    さまざまな思い、
    その それぞれが物語を紡ぎだしていく

    読んでいる途中で
    「ヤイコ シラム スイエ」を何度も想いました
    世界を変え始めるのは、
    一人から始めるしかない。
    そんな強い自己肯定感を感じました。

  • 大きな言葉を怖れずに用いれば、この作品は「悪」の問題を扱い、対峙している、と思われた。世界に産み落とされた私たち各々は、こうした様々な悪との態度を迫られる。主人公の苦悩と克服の過程は、この物語と私たちの課題に他ならない。神なき世界で、悪に対峙する私の、そして私たちの物語。

  • アイ(I)はユウ(you)から人を愛することを学び、ミナ(all)からどんな自分でも受け入れることを学んだのかな、と思う。

    それにしても本筋とは違うけど、親が子どもに「○○と比べてあなたは幸せ」と言いすぎるのはよくないのかもしれない。
    親の方は、世界の中には戦争や貧困に苦しんでいる国も少なくなく、日々の生活を平和に営むことができている自分の置かれた状況をありがたく思いなさい、というつもりで子どもに説明しているのだと思うけど、子どもはそうは受け取らないということか。
    自己肯定感を下げてしまうのかもしれない。

  • 自分の存在意義。 日本人とアメリカ人の家庭に育つシリア人の養子の女の子、アイ。 もし自分が養子の両親だったら愛する事は出来ただろうか。もし自分が養子だったら、産みの親と義理の親、どちらが本物なのか。

    世界各地で起きている悲惨な事件や出来事をアイは日記に書いている。 なぜ自分はシリアで行われているテロがあるのに、裕福に過ごしているのだろう。 なぜ自分ではなかったのだろう。 アイってなに。i ってなに。愛ってなに。

    色んな事を考えさせられました、でもこの時間はとても有意義でした。

  • シリアで生まれ、養子としてニューヨークの恵まれた家庭で育ったアイ。
    アイは世界の片隅で命を落としていく人々のことを知っては、いつでも心の中で、自分だけ幸せになるなんて…と悲痛を抱えていた。

    アイが自己肯定できなかったらどうしよう…となんだかハラハラしながら一気に読んだ。
    アイは存在する。

    西加奈子さんの本は、オリジナリティあふれる主人公だから、一見感情移入できないか、と思うけど、なぜか気づけばハマってしまってる。。

  • アイの考え方に中学生くらいまでの自分が重なって、共感した物語でした。本当に重なるところ多かったなー。笑
    出会えてよかった類の本。

    1人の人間の静かな物語。そんな1人がこの世界にたくさんいること、いたことを、抱きしめるような気持ちになった。

  • 私の中で、西加奈子が人間の本質について初めて鋭く突く作品となったのが、この作品ではないかとの認識をまず初めに持ったことをここに記しておきたい。

    自伝的小説ともいえる『サラバ』が、西加奈子作品の完成形だと思っていたが、それをさらに進化させ発展させたといっても過言ではないと思う。

    人間としての深みをこの作品で体現しているようで、私と同い年ということもあって、ほんと心強いというか、こういった人がいてくれるだけで、さらには、こうやって小説という形で表現し続けてくれているという事実が、私自身を大きくエンパワーしてくれているし、きっと、多くの同世代の心ある人たちをもエンパワーしていると確信している。

    これからの作品も楽しみに、私自身も自分の人生を重ねていきたいと思う。

  • シリアで生まれて、アメリカ人の父と日本人の母に養子となったアイ。自分の存在を肯定していく物語。
    なぜ自分が選ばれてしまったのか、他の人が選ばれたのではないか…賢すぎて繊細なアイはずっと悩み続ける。
    ミナの登場により、アイの考えていることもだんだん分かりやすくなった。
    時事問題、国際情勢、性、災害…さまざまなテーマが盛り込まれていた1冊でした。

  • 何か賞を獲らなかっただろうか?~アイはシリア生まれでニューヨークに住むダニエル・ワイルドと綾子の養子としてアメリカ国籍を持って育ち、日本に移住した。両親は何事も秘密にしない。日本の私立中学では個性を持つことを強要されず居心地が良いが、自分が存在して良いのかは考え続ける。自分は何故、選ばれたのか。選ばれなかったら、どうしているのか。進学校として知られる大学付属の高校に入り、最初の授業で数学の教師は「アイは存在しない」と虚数の説明をし、その言葉が耳に残る。入学早々近づいてきたのはレズビアンのセクシャリティを持つ権田ミナだった。互いを評価しない二人は親友となった。数学に興味を持ったアイは成績をどんどん上げて学年トップとなり、国立大学の数学科に入学するが、一番の注目を集めたのはウッドベースでプロ・ジャズプレイヤーになるという内海義也だった。気になるアイにとっては初恋だったかもしれない。受験勉強を進める中で菓子を食べ過ぎて太ったアイだったが、数学科では気にとめる人間もいない。黒い服ばかりを着てノートには世界各地で起きた事故や事件、災害での死者数を書き綴る。父が仕事をリタイアし、シリアの悲惨な状況を気にする余り、NGOに加わり本部のあるニューヨークに移っても世界に没頭できる数学に浸り、当然のように院に進む。一人で暮らす日本で地震が起こり、汚染されている怖れのある食品を口に出来ず痩せていって街で声を掛けられたのは原発反対のデモへの参加だった。何となく参加している内にカメラを向けてきたのは、中年に差し掛かるカメラマンの佐伯祐だった。肌を合わせて結婚を意識し、自分が存在しても良い証しとして子どもを持つことを希望し、結婚・休学を選んだが妊娠はせず、PCOS・多嚢胞性卵巣症候群という診断を受け、人工授精で妊娠したが間もなく小さな命は心拍を止め、掻爬手術を受けざるを得なかった。ニューヨークからロサンジェルスへ帰ってきたミナは妊娠しミラという恋人と別れたが、内海と再会して避妊せずに性交して妊娠したが、堕胎すると言う。アイは流産したことを言い出せず、ミナの中絶は許せない。両親が日本に来てアイのルーツのあるシリアの情勢をダニエルとユウは議論し、綾子もシリアや実の両親の事を知りたくないかと聞いてくる。ミナに遭いたくて飛行機に乗ってるとシリア難民の男の子が密航船の沈没で死んだニュースに接し、再会したミナと抱き合って泣く。遠く繋がっている未明の海で花束を捧げ、出産を決意したミナが見守る中、裸で波で揉まれるアイは存在することを強く意識する~まぁね…設定は面白いのだけど、テーマが絞り込まれていない気がするなぁ。ま、存在して良いのだという結論で良かったけど、困難に直面している子供たちを養子として育てるアメリカ人セレブの事は変だなぁと確かに思う。子どもに気を遣い、一人前の人間として扱う態度も不自然。容姿が異なる人に対する日本人的な気遣いも理解できるし恥ずかしいし。不妊に悩むカップルがいる一方で、妊娠を避ける人間も沢山いる理不尽。LGBT・セクシャリティ…。どれも現代的な話題ではあったが…どうもモヤモヤが残る

  • アメリカ人の父、日本人の母、シリア生まれの養子のアイ。虚数のiとともに「この世界にアイは存在しません」という言葉がイヤというほど出てくる。自分の存在を肯定できない自分。世界で多くの人が亡くなっていて、そして今、生きている自分と何が違うのかがわからない。存在価値を見出すために自問自答していく。
    ここまで深い自己否定に共感できずに、もやもやとしてしまった。

  • 2017年17冊目。

    はじめて西さんの本を手に取った。

    能天気な自分とはかけ離れた、繊細で聡明な主人公の物語だったためか、あまり響くものはなかった。
    また、主人公をとりまく人物たち(両親や親友、夫)が皆一様に出来すぎていてイマイチ人間味にかけているように感じ、誰にも感情移入できず。

    恵まれていることを、そうでない人と比較して罪悪感を得ること自体が、勝手に比較された方からしたら怖ろしく傲慢かつ失礼だと思うのだが、作中でも語られているように、辛い状況にある人々を思い胸を痛めて涙を流すこと、真剣に考えることは失礼だとは思わない。なんと優しく、あたたかく、聡明だろうとさえ思う。

  • 「この世界に、アイは、」

    アイのような気持ちで日々を過ごすってどんな感じなんだろう。

    自分の悩みがちっぽけに思えてくる。
    同時に世の中に関する知識のなさに愕然とする。

  • 「サラバ!」に続き、読んだら止まらなくなる一冊。

    自分の存在意義を世の問題と重ね合わせながら生きるってしんどいけど、マイノリティに生まれてしまうと考えがちなのかなって思う。

    それでも、そういう人たちが真の自分を確立して、自分を受け入れられた時、誰よりも輝ける人生を創れるのかなぁと思いました。

  • 良かったー…
    とにかく良かったー…
    西さんの書くパワーが本のページを突き抜けてこっち側まで伝わってきた。
    愛は存在するんだ!!と、大きな声で叫びたい!!
    当たり前に昔から言われている愛についての話とか、正直今更感がどうしてもでてしまうことが多いけど、このiは、そんな当たり前の愛の存在についてを凄いパワーで叫んでいる。だからこそ一瞬で引き込まれた。
    2016年の締め本はまさにこの一冊だな。

  • 初西さん。

    アイは1988年シリア生まれ。アメリカ人の父と日本人の母を持ち、彼らの養子だ。高校の数学の授業で耳にした「この世界にアイは存在しません。」という言葉と、親友・権田美菜との関係、「アイとは何か」を問いかける彼女の人生。
    アイは世界で起きた災害・事件などで死んでしまった人の数をノートに書き留めている。「なぜ自分ではなかったのか」「彼らと自分は何が違っていたのか」
    レズビアンだと告白したミナは外国へ渡り、パートナーと暮らしている。
    アイは初めて付き合った年上の男性と結婚。不妊治療を受け、妊娠したが流産。そのタイミングでミナの妊娠が発覚した。中絶しようとする彼女にアイは怒りをぶつける。

    「この世界にアイは、」
    問いかける。

    不妊治療・中絶の描写が・・・・痛い痛い痛い。
    実際どちらか(あるいは両方)受けている人にはつらいかもしれません。

    「僕はここにいてもいいんだ!」と叫ぶシ●ジの姿が浮かんでしまう。

  • 西加奈子には何度も打ちのめされてきた。何度も何度も心を打ちぬかれ、叩きのめされ、そしてしなやかで強い心を育てられてきた。だからもうちょっとやそっとじゃ打ちのめされない自信はあった。あるつもりだった。なのに、そんな自信はあっけなく崩れ去った。
    いままでも「この本で救われる人がいるだろう」と思うような小説はたくさんあったけど、この「i」は「いるだろう」や「いればいいのに」ではなく、まちがいなく「救われる人がいる」そう確信する。
    アイが自分自身の存在に、その養子になった境遇に、そして育った環境に、ずっと抱いていた違和感。自分が今、享受している幸せは、だれかほかの人から奪い取ったものなのではないかという思い、自分が本来受けるべき不幸から逃れてしまっているんじゃないか、という不安。
    幼いころからそんな中で生きて来たアイの、その絶望の中の幸福が胸に刺さる。敏感で繊細で、そしてあまりにもまっすぐなそのこころが壊れてしまわないか、心配で不安で仕方がなかった。
    そんな中での二つの出会い。ミナとユウ。2人がアイにもたらしたものは「自分の存在に対する絶対的な祝福を受け入れること」。自分が自分であること、今ここに生きていることの意味、そして
    それを幸せだと素直に感じる素晴らしさ。
    ラスト、海でアイは再び生まれた。新しい自分(I)が愛するすべてへの祝福とともに。
    この圧倒的な力で迫って来る壮大なラストに、私もまた新しく生まれ変わった気がする。
    「この世界にはIもアイも愛もある」

  • 設定を変えれば桃尻娘の話を思い出した。

  • 2017.9 自分には観念的すぎる小説だったかな。

  • 「サラバ!」は全く想像できない話だったが、「i」は人を作るアイデンティティについて、普遍的な友情の話を絡めてハッピーエンドで安心して一気読み。久しぶりに後味の良い小説で良かった。

  • はじめて!初めて西加奈子で泣いた!感動した!西加奈子の書く女書く女世界に愛されすぎて鈍感で不思議ちゃんで乙女ゲーのヒロインなのかな?と思って読むたびイラついてたけど、そして今回も割とヒロインちゃんなんだけどテーマと葛藤がとても良かった!足掻いていく姿と世界との折り合いのつけかたが芸術的で美しい。
    マクベス読んでるみたいなポエティックな文体も良い!良いじゃん西加奈子〜

全209件中 1 - 25件を表示

i(アイ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

i(アイ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする