i(アイ)

  • 2080人登録
  • 3.70評価
    • (129)
    • (230)
    • (213)
    • (44)
    • (5)
  • 237レビュー
著者 : 西加奈子
  • ポプラ社 (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591153093

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

i(アイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイとは“i(私)”であり“identity"なんだろうなと勝手に解釈する。
    西さんの本を読むのは「サラバ」に続いてまだ2冊目だけれど、世界観というか自己肯定感というか共通するテーマが根底に感じられた。他の作品もそうなのだろうか。

    この本を読んで、以前にNYで知り合ったネパール系アメリカ人の女性から聞いた話を思い出した。
    彼女の妹も、もちろん生まれも育ちもアメリカ。医師の資格を持ち、NYで揺るぎない生活を送る未来があった。しかし自分の中にぽっかりと空いた穴(彼女はemptinessと表現した)を埋められずネパールに渡ったと。

    おそらく、多民族国家や、大陸においては養子にかぎらずとも自分の出自、アイデンティティについて考える人は多いのだろう。
    日本が特殊なだけで。

    そう言った意味で、このようなテーマをストレートに投げかける西さんは今までにない新しい作家という気がしてならない。
    ぜひ若い人に読んでほしい。
    自分を見つめることは世界に目を向けること。
    いい作品でした。

  • ワイルド曽田アイ。
    アイはシリアで生まれ、ハイハイを始める前にアメリカ人の父と、
    日本人の母の養子となった。
    小学校卒業まで住んで居たのはニューヨークの高級住宅街。
    「この世界にアイは存在しません。」高校の入学式の翌日、数学教師は言った。
    その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続ける事になる。
    ある「奇跡」が起こるまではーー。

    アイはシリアからの養子で、裕福なアメリカ人と日本人の夫婦の元で育ち、
    その恵まれた環境にいる自分と世界で起こる事故や事件や天災や紛争の犠牲者の
    ニュースを見聞きしながら、安全な場所に居て自分の身には何も起こらない
    ことへの罪悪感に負い目を感じている。
    「何故私が選ばれずに、彼らが選ばれたの…」どこか後ろめたく思って成長していくアイ。

    子供を子供扱いしないこと、一人の人間として接する事。
    アイを深く深く慈しみ愛してくれる両親なのに自分の意見を言えないアイ…。
    シリアで生まれて、養子という複雑な心境が理解出来ず、
    繊細で聡明なアイの事を何て暗く欝々としてるのだろうかと、最初は反感すら抱いてしまった。
    しかし、何だろう読み進めていくうちに、現実に起こった
    紛争や天災や事件や戦争が沢山登場する。
    その時、自分が何を想い感じたのか…。
    遠い異国で日々起こっているそれらがニュースで報じられると可哀相…痛ましい…。
    それが自分自身に起こったらと考えもせず深く想いを馳せる事も無く忘れていってた。
    日本で起こった東日本大震災を始め、天災の数々は身近に感じられる分
    自身に置き換え、苦しくなって報道や映像を観る事すら出来ず、逃げてしまっていた。
    最初反感すら抱いていたのに、読み進めるにつれ物語に引き込まれていった。

    アイの考え続ける事、想い続けることの凄さ!
    今、世界で起きていることに目を背けないで出来る事はなくても、
    考え続け、想像する事をやめてはいけない。
    自分の存在に感謝しながら生きていきたいって思った。
    誰かを想う事、誰かに想われる事の尊さが詰まっていました。

  • 2017年59冊目。

    非当事者は、当事者のことをどう想い、想像し、考えるべきなのか。
    そんなテーマを考えさせられた。

    罪悪感を持つと、罪悪感を持ってしまっていること自体にまた罪悪感を持ってしまう、というメタな苦しみ。
    世界のあらゆる痛みに対して、「それらに対して心を痛めていないといけない」という脅迫感。
    だから幸せを心から享受することに躊躇ってしまう。
    (読みながら天童荒太さんの『悼む人』を思い返した)
    「自分も苦しい立場にいないと」、というのはとてもわかる気持ちでありつつ、同時に、それは自分を納得・安堵させたいだけの手段になっていないか、という疑念も起こる。
    大きな世界の中であれ、身近な人間関係の中であれ、様々な痛みと、どう共存していくべきなのか。

    西加奈子さんの作品はこれが初めてだったが、文体がすごくシンプルで、読みやすさに驚いた(最近昔だったり海外の作家さんの本を読む機会が多かったのもあるかもしれない)。
    仕草含めた心情描写もよくて、肌感覚で伝わってきた。
    あと、数々のセリフの、優しくもありつつの、「潔さ」がよかった。

  • 最近は新書や脳科学の本ばかり読んでいたので久々に小説を手に取ってみた。前から読みたいなと思っていた西加奈子のi。西加奈子を読むのは、サラバ!、舞台に続いて3作目。面白くて二日で読んだ。

    主人公のアイはシリア生まれで、アメリカ人と日本人夫婦に引き取ってもらった養子だ。そんな彼女の半生が一冊の本に凝縮されている。自分の出自、他者との違い、格差、世界の死、なぜそれぞれの人に不幸が訪れたのか、なぜ不幸は彼らを選んだのか、思慮深い主人公は自分の人生と世界の流れを相対化してそれが遠いことに苦しみ、また近いことにも苦しむ。

    話の舞台は現代でアイの人生28年(1988〜2015)までの様々な出来事が描写される。特に世界で起きた悔やまれる「死」については詳細で、911テロ、311震災、この数年日本で起きたデモ、ヨーロッパのテロ、そして未だに続くシリア内戦とISとの戦いなどは自分もああこんなことあったなあ。あの時こんなことしてたわ〜。と読みながら自分の人生も重ねてしまった。筆者は人の長い長い人生をよくこんなに滑らかに、あたかも濃密にかけるなと驚かされる。サラバ!もたしかこんな感じだったような…。

  • 「この世界にアイは存在しません。」
    から始まる、アイの存在意義を探るはなし。
    アメリカ人の父と日本人の母をもつ、シリア人養子のアイ。
    両親には愛されて不自由なく育ってきたが、自分が裕福で、愛されていい存在なのか、という考えを心底に抱えながら大人になっていく。

    東日本大震災のとき、自分が東京を離れなかったのは、悲劇を被ったものとして、悲劇を語る権利を得たかったからだ。というのが、なるほどと思い、納得がいった。
    自分を含め、無意識にそうなっている人は多いのではないか。
    想像力が乏しく、平和ボケしている私には、ノンフィクションっぽい作品でありながら、完全にフィクションでしか入ってこない話ではあったが、西さんの作品は文章が豪快で臨場感があるので、本当に好き。
    優しくも強い小説。
    自分の考えを改めて見直すことができる小説。

  • 戦争、震災、LGTB、家族、貧困、友情、そして、愛。多くの要素が詰まった作品。にも関わらず。いやらしさも違和感もなくすんなり読めるところが、さすが西加奈子さん。登場人物たちがそれぞれに抱える苦悩や憂鬱が少しずつ出てくるのも、秀逸。素直に感動できました。

  • 主人公アイは1988年生まれ。自分と同い年だった。
    アイがノートに書き留める災害や事件のいくつかは自分も覚えていたし、知らなかった出来事もたくさんあった。災害や事件の当事者ではないアイの苦しみ、読みながらすごく共感した。

    -----------------------------------

    2011年3月11日の地震で日本は変わった。
    あの大きな地震と"想定外"の津波は多くの人たちの命と暮らしを奪った。原子力発電所から漏れ出た放射能は今も土壌を汚染し続けている。
    当時与党だった政党は対応のまずさを非難され、その後の選挙で大敗した。当時、バイパスを走るどのトラックの背面にも『がんばろう日本』のシールが貼ってあった。
    被災の苦しみを乗り越えるために日本がひとつになろうとしている、そんなふうに期待した人も多かったと思う。自分もその一人だ。

    2017年現在、未だに仮設住宅で暮らす方々がいるのに、東京では多くの資材や資金を使ってオリンピック会場の準備が進められ、その準備に追われた労働者が過労死している。
    なんなんだろうこれは。ずっと、ずっとずっと思っている。こんなのおかしい。
    だけど、自分は当事者じゃないから、被災者じゃないから、怒れる立場ではないと思っていた。圧倒的に無力だ、と。

    この小説で、アイはそのことについてはっきりと答えを出してくれた。
    ”渦中の人でなくても、その人たちを思って苦しんでいい”、”その苦しみが広がって、知らなかった渦中の苦しみを想像する余地になる”、”それに実際の力はないかもしれないけど、想像するってことは心を、想いを寄せること”。
    想像すればいい、想いを寄せればいいのだ。


    Yahoo!ニュースにはコメント欄があって、一般の人が気軽に感想や意見を書き込める。ネットでニュースを見る時、ついついコメント欄を見てしまうのだけど、だいたいが心無いコメントばかり。
    原発事故で避難されている方々のニュースに対して、『被災者ビジネスは儲かると思う人はクリック』、『いつまでも賠償金せびってないで働けよ』なんてコメントを見たとき、本当に悲しい気持ちになった。
    がんばろう日本、だよ。
    当事者でなくても想像するんだよ。

    -----------------------------------

    アイの精神的成長。親友ミナとの繋がり。パートナー、ユウの気遣い。養子として自分を愛してくれる両親、シリアへの想い。

    養子、外国人扱い、災害や事件について当事者以外が語るということ、性的マイノリティ、出産と中絶、血縁関係。
    多くのテーマを掲げて、それら全てに答えを出したこの小説は超名作。『サラバ!』が直木賞にならなかったとしたら本作が受賞作になったと思う。

    -----------------------------------

    とんねるずが数十年ぶりにテレビで披露したキャラクター『保毛尾田保毛男』が賛否両論で盛り上がっている。
    同性愛者をバカにしている、と。

    フジテレビはLGBTに対しての配慮が足らなかったとして謝罪文をホームページに記載した。配慮ばかりでテレビがつまらなくなったという人もいる。
    自分は気にしない、というLGBTの人の意見もネットで見た。ハゲやデブは言っていいのになぜホモは駄目なんだとツイッターに書いているひともいた。

    デリケートな問題だから謝って終わり!じゃなくて、色んな意見を出し合えばいい。当事者じゃなくても想像すればいい。みんなで苦しんで答えを探していけばいい。配慮する、想いを寄せるっていうのはそういうことだと思うんだよ。

  • これまでいくつもの小説を読んできたけれど、過去の自分を見ているような気持になった小説は初めて。

    出自も、悩んでいる内容も違うはずなのに。

    内へ内へと籠っていって、それでいて外の世界の人たちがどう思っているか気になる。そして自分だけが何か間違っているような気がして、自分自身を恥じて生きている。
    そういった姿が、なにか昔の自分によく似ていると思った。
    大学時代に、容姿を整えて外の世界と繋がりだすところも何か通じるところがあって、この物語がどう着地するのかとても気になった。

    私の場合、「死んだらどうなるのか」「生まれてきた意味は」「正義と称して人を倒すことは正しいのか」「存在ってなんだろう」なんてことを堂々巡りのように考えるタイプだった。
    だから、外の世界との繋がりに興味が持てず、年頃の女の子のように、かっこいい男子にも興味がないと思っていた。

    主人公アイの苦悩は、本当にごく一部の人たちが抱える悩みだと思う。
    外の世界に悩まされるのではなく、自分自身の内面と対話して苦悩する。
    恵まれているのに孤独だし、恵まれているからこそ苦悩する。

    誰かのために悩む、世界の自分とは関わりのない人のために苦しむ。
    もしかしたら自分が死んでいった人だったのではないか。

    そんなことを考えてどうするんだろう?
    そんなふうに思わないでもない。
    でも、そんな悩みを持つアイに、たった一人の親友ミナが言った言葉は、私の中にもなにか突き刺さるものがあった。

    考えてしまうのなら、それはなにかに繋がる大切なこと。

    多くの人は目の前で起こっているいろいろなことに思い悩んで生きている。
    それが建設的かもしれないが、人間が人間らしいのは「想像」の力だ。
    その力を使って、会ったことのない人に思いをはせる人もいてもいい。
    そういった人たちを必要とする人もいる。

    内へと籠っていくと、自分自身がどこにいるのか、自分の存在そのものがつかみどころのないものに感じることもある。
    「この世にアイは存在しません。」
    という言葉の「アイ」は含蓄があって、「愛」という目に見えないものも指している。
    人間の「想像」の力とは、「虚構」を作り出したり、それを存在させる力でもある。
    誰かが強く「思う」ことで、それは「存在する」。

    アイデンティティの確立の物語でもあり、自分自身でもあるのかどうかつかみどころがないような「愛」の存在を確立させる話でもある。
    それを数学を使って暗示的に示して見せた。

    つかみどころがない物語だけれど、自分の中で忘れられない特別な本になりそうだ。

  • 日本人の母とアメリカ人の父、そしてシリア人の養子として迎えられたアイ。本書は、「なぜ、自分が紛争国のシリアで養子として生き残ってしまったのか」、「自分が生き延びていることで死んでしまった人がいるのではいか」と、生きていることへの罪悪感を強く感じるアイが主人公である。

    想うことの強さを描いた小説で、ものすごく心に残ったフレーズがある。
    「自分に起こったことではなくでも、それを慮って、一緒に苦しむことはできる」
    このフレーズを読んだ時、思わず涙が溢れそうになった。
    それは、このフレーズが私の職場の同僚を想起させたからだ。
    彼女は、上司との関係性がうまくいかず、仕事へのストレスを抱えていた。上司は階級も高く誰も文句を言えず、かといって、自分が人事異動をする予定はないため、現状を変えられないため、苦しんでいた。そんな彼女の話を聞くと、胸が張り裂けそうになると同時に、ただ彼女の窮状を憂うことしかできない自分が傲慢だと思っていた。
    しかし、本書のフレーズに出会い、「想うことで何かが変わるわけではないけれど、それ自体に価値はあるのではないか」と思えるようになった。自分1人の力で変えられないことがあまりにも多くて落胆することも多いが、まずは、相手に共感することが大切ではないだろうか、本書は教えてくれたような気がする。

  • サラバに引き続き良かった。「被災地」を思う時なんとなく座りの悪い感じを抱いていたのだけれど、こういう事だったのかもしれない。そして、被災地を思う事を申し訳ない、嘘っぽいと思わなくてもいいのかもしれない。そう思った。

全237件中 1 - 10件を表示

i(アイ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

i(アイ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

i(アイ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする