つまんない つまんない (MOEのえほん)

  • 306人登録
  • 3.87評価
    • (13)
    • (28)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 27レビュー
  • 白泉社 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762102

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つまんない つまんない (MOEのえほん)の感想・レビュー・書評

  • MOE4月号付録絵本から早くも単行本化。
    わがやでいちばん人気はなんといっても「つまんない遊園地」のページ。

  • つまらないことがこんなにも揃うと、かなり面白くなってしまう。

  • 何をやってもつまんないって思ってた頃ってあったけど、つまんないを解決する術、いつ身につけたのかなぁ。ちょっとなつかしい感覚が蘇ってきた。

  • 自分も小学校低学年くらいまで、母親に「つまんないつまんない!」って言ってたなあ。でも本やマンガを読むようになって好奇心が芽生えたら、つまんないなんて思うことがなくなった。現在に至るまで、我が辞書に「暇」という文字は存在しません。作品中でお父さんが言った「自分次第」はまさに至言です。つまんない人は永遠につまんないんだと思う。自分で楽しいことを見つけなくちゃね。まぁ先ずは図書館にでも行って、本を見繕ってみたまえよ、と思います。相変わらず可愛い絵本です。

  • つまんないについていろいろ

  • 図書館より。

    可愛い!そしてつまんないのが面白い。
    子どもっていいよね~。
    改めて、子どもと一緒に楽しみたい絵本です。

  • 『「つまんないこと」をいっぱいかんがえるのっておもしろい!』確かに。

  •  つまんない、てことについて、これだけ書けるてすごい。
     何でつまんないのかを、こんなに掘り下げられるてすごい。
     最後のオチがおもしろかった。

  • この絵本を読んで 思い出した!!
    子どもが 小さい頃、「なんかすることない~?」って よく 聞かれた!!
    私は いつも 忙しいのに、この子は!! って 思っていた…懐かしい!!
    ヨシタケケンスケさんの 着眼点が すばらしい!!

  • 内容はもちろんだけど見返しが最高におもしろい!そういえば子供のころ言われたなぁ。「「つまんないつまんない」って思うのは自分がつまらない人間だからだよ。おもしろい人間はなんでも自分でおもしろくしちゃうものだよ」 ヨシタケさんの絵本は色も好き!

  • つまんないことってこんなにあるのか!
    とびっくりしました
    ヨシタケさんワールド
    つまんないことを考えるのって面白い
    って時のイラストが可愛い〜

  • つまらない、の本質を探る哲学絵本。つまんなーいを連呼する児童らに贈りたい(たまに大人にもいるけどね)。

    つまらない人が300人集まったら、ちょっとは楽しくなるのか、それとも300倍つまらなくなるのか、という命題は、家族間でも議論が分かれるところ。

  • 元同僚のお嬢さんにプレゼントした本。
    試しに読んだら、何故か涙腺が緩んできたんですが、私疲れてるのかしら…

  • 新刊が出ると必ず見たくなるヨシタケシンスケさん。
    子どもより大人の方がこの絵本の良さは理解できると思いました。
    仕事帰りにとても癒されたし、考えようによってはなかなか深いこと言ってるな〜と思いました。

  • つまんない日々だと思っていた。「これはどうだろう?」「あれはどうだろう?」と想像すること、最近していなかった。

  • 「つまんない」を追究する少年。つまらないことを面白くするためには何が必要なのか。それは変化でありヴァラエティであり、はたまたインヴォルヴメントであり、満足感や達成感である。様々に思考をめぐらすことの喜びや楽しみを教えてくれる絵本である。以上、つまんない感想でした(笑)。おじいちゃんの昔あったつまらないことが何なのか気になる。

  • なんて可愛い絵本…!しかし深い。

  • 本屋さんで
    ヨシタケシンスケさんの本は、シリーズが出たら読んでしまう。今回は「たいくつ」について考察してある、大変面白いえほんです。

  • つまんないってなんだ???

    ヨシタケさんのイマジネーションが今回も爆発していてたのしい〜〜〜

    300人のつまんない人たちのページとっても◎

    つまんないことも時がたてば面白くなったり、自分次第で面白くできたり、つまんないことがあるから面白いことがたのしい

    ハッピーな絵本をいつもありがとう〜〜という気持ち!

  • ヨシタケさんの絵本は新作が出ると読んでいるのだけれど、今回は「つまんない」ことにフォーカスした絵本。
    今色々「つまんない」自分にはタイムリー(笑)
    なんだけど、うーん、ちょっと今回は思弁的すぎるというか、考え過ぎというか、頭が先に走っちゃってる感じで、ヨシタケさんの絵で伝える魅力みたいなのがあまり出てないように感じられた。ちょっと、テーマが難しかったかも。子供は読んでどう思うかな。

  • つまんないことをよくこれだけ考えたもんだ.なるほどと思うものや,思いもしなかったものや,見ているだけで楽しい.

  • つまらないを楽しむ絵本。普段からこんな風に考えることができたら、毎日が面白くなりそうです。

  • やっぱりものすごく深いのね、このシリーズ。ちょっと展開が同じ感あって、はじめのりんごかもしれないから衝撃は少ないけど、それでもこんな風につまんないことを考えられるって素敵だなと思った。発想の連続。

  • ☆5.0
    悔しいけど面白いと思った内容だった。

    “「日本一つまんない遊園地」を考える”のは面白い。

    ってわかる。

全27件中 1 - 25件を表示

つまんない つまんない (MOEのえほん)に関連する談話室の質問

つまんない つまんない (MOEのえほん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つまんない つまんない (MOEのえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つまんない つまんない (MOEのえほん)の作品紹介

ユニークな発想の作品の数々で、日本中が注目する絵本作家・ヨシタケシンスケの新作が登場。誰もが経験するタイクツな気分を、とことん考え抜いたらこうなった!? 面白さ満点の「つまんない」絵本!
2017年5月刊。

ツイートする