ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)

  • 31人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小宮山ゆき
制作 : 陸裕 千景子 
  • 白泉社 (2014年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592877295

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 教授×ピアニストを目指す音大生
    クラシックたまに聴くので、読んでて楽しかった。…でも、気難しい俺様攻めの人格形成のにもう少し踏み込んでもらわないと、ただの嫌な奴で終わってしまう。というか受けは何でこんなにほだされ安いの?簡単に許しちゃうの?自分的に攻めの俺様行為がセクハラに及んだ時点でアウトでした。

  • ★3.5 話の流れがおとなし目なのですが登場人物の行動がちょっと変わっていて面白い。フィナンシェを渡したり、カップル観察したり、なんか変。
    しかし楽譜をめくる人がいるなんて気が付きませんでした。

  • 2作目です。どちらも挿絵様に恵まれていますね。1作目はあまり好みではなかったというかあまりストレートな感じがしなかったんだけれど、 こちらはわかり易く不器用な攻が良かったですね。 "ふめくり"なるものをはじめて知ったんですけれど、それを題材っていうのも面白かったです。 あとがきにもありましたが、華やかな世界のお話なんだけれど、地味~というか庶民的で 私として好みのお話でした。

  • ■若きピアニストな口の悪い大学教授・黒田と、悩める大学三年生・史樹の意外と初心な恋模様。黒田は冒頭こそ傲慢で手厳しい印象を与える男ですが、意外と性根は優しくて臆病なことが次第にわかり、とてもかわいいです。警戒心の強い捨て猫みたいな? 結構糖分の高い物語でした。
    ■物語は音大ということで、クラシックの描写がたくさん出てきます。実在するクラシックの曲が何曲も登場して、それがどんな曲かが地の文で瑞々しく解説されています。そうした情緒的な描写が個人的にとても好きなのですが、物語の本筋(恋模様)の引き立てという点では少し不足に感じるところもあり残念です。

    ■物語終盤で、史樹が約50ページに渡り思い込みで突っ走って傍目には滑稽な一人芝居をするので、そういうのが苦手な人は終盤で萎えるかも。私はかなり苦手でした……。
    ■黒田はすごくかっこいい!

全4件中 1 - 4件を表示

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)の作品紹介

ピアニストを目指す生真面目な音大生の史樹は、あこがれの若きピアニスト黒田の講義に参加するが、黒田はとんでもなく傲慢な男で、さらにはコンサートで無理やり譜めくりをさせられることになって!?
2014年8月刊。

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ふめくりすとの恋 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする