星界の紋章1 (メテオCOMICS)

  • 113人登録
  • 4.22評価
    • (15)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 森岡浩之
制作 : 米村孝一郎 
  • ほるぷ出版 (2013年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593857326

星界の紋章1 (メテオCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • なんか説明じみたセリフで情報量が多いって感じがするが。原作で地の文で描写されてる部分の解説なんだろうか 漢字でも意味が良くわからない上に妙なカタカナルビ付いてる単語が多くてなんとも…。特に、カタカナ名+殿下とかそういうのにもこのカタカナルビついてるのにちょっと違和感感じてしまう。 絵は原作の気持ち悪いヲタ向け絵に比べるとだいぶマシかな。

  • 大変に良いコミカライズで満足です。

  • 正直絵にやられた。流石は…という感じ。
    基本的に根性の悪そうな表情とか悩んだ表情とかの色っぽさが凄い。
    願わくは、ちゃんと終わるまで出してね、的な。

  • なかなか読み応えのある。安定の今ひとつ表情のバリエーションが少ない米村漫画。ラフィールが可愛すぎるでしょう?

  • 星界の紋章のコミカライズ。記憶してる範囲では二度目だけど、他にもあるかもしれません。
    小野敏洋先生版はかなりギャグタッチでしたが、こちらはなるべく原作通り展開させようと頑張ってる感じです。
    原作の雰囲気が出てるのでこの先をどう描いていくのか楽しみです。

  • 原作の「戦旗」5巻、積読になってます。
    なにぶん間隔があいているので、4巻と5巻の。

    復習をかねて、買ってみました。

    いやー、懐かしいわ。

  • 昔の漫画版は未読。アニメ版と比較して絵が違うので違和感。読み進めれば慣れるかな?でもジントがちょっとイケメン過ぎる気がします。どこまで描くのか知らないけど、この調子だと長い道のりだなあ。とりあえず昔のアニメ版見直す( ̄Д ̄)

  • ちょっと読みづらい。情報量が多すぎるんだろうなあ……。

  •  アニメを見たのが数年前でしょうか。そのときからラフィールには惚れっぱなしな自分だったので今回のコミカライズは大変満足いくものでした。

     ラフィールと呼ぶがよい。あぁ川澄さんのボイスが脳内再生されてしまいます。このセリフを言ったときのラフィールの表情もいいですか、アーヴとしての表情も捨てがたいですな。クーデレというとなにかそういうものに当てはめるのも恐れ多い気がしますが、そういった面では自分の中で1位にラフィールがいます。マンガではアニメより表情が生き生きしている分愛の娘の下りシーンは最高でした。

     他戦艦や宇宙シーンなど作画面でも大変満足いくというか大変すぎるだろと思うクオリティでした。星界の紋章全部やるのかな?出来れば星界シリーズ全部やって欲しいですけど原作が・・・もうそろそろ観念して原作買うかー

  • 星界の紋章のコミカライズが今になって出るとは。戦艦も今風になっててかっこよかった。ラフィールかわいいよフィール

  • 再度のコミカライズ、、、これは何処までやるのかな?

  • アニメ版がベースらしいです。<キャラとかメカ設定のことかな?
    原作は読んでいますが、アニメは観ていないのでどんな風に描かれるのか、今度の展開が楽しみです。

  • 涙流して読むレベル。
    米村孝一郎さんの絵で森岡浩之さんの物語を読める時代が来るとは!
    星界の紋章を、また新鮮な気持ちで楽しめるし。

    星界の紋章の小説、最初から読みなおそうかな。
    そして、ポゼッショントレーサーとか米村さんの漫画も読みなおそう。

  • 実に美しいコミカライズです。キャラクターもメカニクスも。ため息が出るわ。
    ラフィールかわいい。

全14件中 1 - 14件を表示

星界の紋章1 (メテオCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星界の紋章1 (メテオCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする