ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 151人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (23)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Michael Connelly  古沢 嘉通 
  • 扶桑社 (1995年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594018184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー ディ...
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
ジェフリー ディ...
ジェフリー ディ...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • ハリー・ボッシュシリーズ第三弾。
    第一弾の「ナイトホークス」でほんのちょっぴり触れられていた『ドールメイカー殺人事件』がいよいよ主要事件として扱われるので、否が応でもワクワクしてしまう。

    強権的警察捜による人権侵害の問題に踏み込み、辣腕女性弁護士ハニー・チャンドラーが法廷でジリジリとボッシュを追い詰めていく裁判劇は迫力満点!

    新たに起こったコンクリート・ブロンド事件がドールメイカーの仕業なら、ボッシュは間違いを犯したことになり、裁判に負けてしまう。
    ボッシュが4年前に射殺したチャーチは、ドールメイカー殺人事件の犯人ではなかったのか?

    ドールメイカー殺人事件の真相にボッシュが近づいていくスリルにのめり込み、あっという間に上巻終了。

    下巻への期待大!

  • ハリー・ボッシュ・シリーズ第3作。

    4年前の連続殺人事件において、過剰な暴力により犯人を死に至らしめたとして、犯人の遺族から訴えられたボッシュ。その裁判が始まると、過去の事件と同じ手口で殺された新たな死体が見つかる。真犯人はほかにいるのか?

    裁判での息詰まるようなやりとり、最後に明かされる意外な犯人。著者の術中にまんまとはまってしまった。

  • ボッシユシリーズ第三弾。
    面白かった。
    だんだん面白くなってきた。

    法廷、シリアルキラー、主人公の過去と現在が交差しながら進む。
    しかも二転三転しながら、ページ数が足りるのかハラハラしながらラストへ。

    プチハッピーエンドで良かった。

  • ハリーボッシュシリーズ第3弾。

    第一弾のナイトホークスで出てきたそもそもボッシュがハリウッド署に飛ばされることになった殺人事件の民事訴訟がもちあがるところから始まる。
    今回も一気読み。難解な単語、翻訳にもかかわらずぐいぐいと最後まで読ませてしまうのはさすが。

    最後の犯人は意外すぎてちょっとこじつけに近い感じもしないではなかった。
    その人犯人にしちゃうの?!って感じ。残ページ数からしてもうひっくりかえることはないとはいえ本当にこの人が
    犯人かどうか納得できないまま終わった。

  • 8月16日読了。3作目。1、2作からとても気になってたドールメイカー事件の話。

  • ボッシュシリーズ3作目。前2作に比べてエンジンがかかるのが早い。裁判のパートもいい。原告側の弁護士チャンドラーの戦術がいちいち狡猾で読み応えがある。

  • ボッシュ・シリーズ第三弾。法廷シーンが多く、これまでのシリーズとは違った印象がある。と同時に、コナリーがリーガル・ミステリにも秀でた書き手だということがよくわかる。

    容疑者は無実だったのか? という設定はよくあるが、コナリーはそこに緊迫した法廷劇と主人公の葛藤をうまく絡ませることによって、吸引力の強いストーリーに仕上げている。どことなく派手がシーンが多いせいか、いつもの重苦しさは多少軽減されている。謎解きへの興味が強くなる展開のため、ページを繰る手はさくさく進む。しかし多くの読者は、コナリーが巧くコントロールしているプロットにハマり、ミスリードされてしまうのではないだろうか。

    クライマックスは衝撃的。その後の推理のプロセスから伏線回収の一連の流れは手際良し。最後までリーガル・ミステリのエッセンスを詰め込み、きりりと引き締める手腕はお見事。でも結局、ボッシュの人生を見つめなおす作品なんだよなあ。

  • ボッシュ第3弾。コナリー3作目。

全9件中 1 - 9件を表示

ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする