毎日かあさん カニ母編

  • 1086人登録
  • 3.83評価
    • (206)
    • (159)
    • (291)
    • (6)
    • (5)
  • 170レビュー
著者 : 西原理恵子
  • 毎日新聞社 (2004年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620770543

毎日かあさん カニ母編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「感情で子供を怒っちゃダメ」とか「お母さんはいつもニコニコ」とか・・・そんなのは無理です!母も人間です!と言ってくれる感じ(笑)

    全国のかあさん、がんばろうぜー!!

  • 爆笑8割、切なさ2割。

  • りえぞうセンセは、どんなに攻撃的で毒舌をはいても根っこの部分に大きな愛が横たわっていて大好きです。欧米の個人主義というか、べたべた寄りかからない優しさってお洒落でかっこいいですよね。依存させて相手が持っている本来の力を弱めてしまうのではなく、相手が自立できるように心の底から手放しで笑わせてくれます。人間は笑うと力が抜けて恐怖や不安から手を放します。ニセモノを手放すことはホンモノを受け入れることです。誰にも、何にも、しがみついていない「原点」に戻ります。実際に顔が笑う、笑わないは別にしても、笑っているときの緊張感ゼロが「本当の自分」です。逆に、何かしらかしら緊張しているときは自分じゃない誰かを無意識に演じています。これが自己欺瞞です。そして、社会生活や恋愛や結婚ドラマの大半は嘘で成り立っているのです。笑いながら家計や老後の心配なんてできません。笑いながら喧嘩や戦争なんてできません。「本当の自分」は未来を心配したり、あれこれ悩んだり、闘ったりできないんです。あくまでも、恐怖や不安や心配は妄想でしかありません。妄想するのは個人の自由ですが決して「自分=妄想」ではありません。彼女は対極の磁石のように目いっぱいふところに惹きつけてから、最終的には同極の磁石のように反発させる。相手から必要とされなくなるように、相手が自分の足でちゃんと立って生きていけるように、ひとりでいるときもあるがままの自分に笑っていられるように、魂の成長にお付き合いしてくれる。ほんとうのお母さんです。エロくて、猫バカで、ちんこ好きで、おもしろくて、しかも超美人。心から尊敬する女子です。

  • ほのぼの、元気が出てくる本。
    子供いなくても楽しめる。

  • ヒヨちゃんのとぼけてるんだかしっかり者なんだかわからないキャラと、雁治くんの馬鹿っぷりに笑った。
    「びんぼうかいじゅう」は岩井しまん子ちゃん経由でぜひ京極夏彦さんに見せるべきだと思う。

  • 完結したことで話題のこのシリーズ。昔、いくつか買って置いたことを思い出して手に取った。

     本書で、西原さんは39歳。

     息子さんと娘さんは5歳と3歳。

     今の俺より若いんだ。長男は同い年だし。

     ダンナさんと離婚し、その後、亡くなった話は知っている。最初はいっしょに暮らす父親として出てくるんだなぁ。

     重い現実と、笑いを誘うエピソード。そしてじんとくる話も。

     すべてが等価で並べられている。

     最後の卒母編だけまた買ってこようかな、と思ったけど、このシリーズは最初からたどっていった方が楽しみが増す話だ。子育てって、一足飛びじゃないものね。

  • 他人事だから笑えるエピソードてんこ盛り!…の中にホロッとする話やちょっと考えさせられる話もちょこちょこあって、読みごたえありました。
    お葬式での泣いたり笑ったり、娘さんのおままごと、外国人の里子。印象に残ったエピソードはいくつもあれど、一番ツボだったのは「娘は上手いから気を付けろ!」でした!

  • 決して好きな絵柄ではないが、子育てまんがということで。

  • おもしろいと思った。
    夫婦や家族の話でときどきホロリとくる。

  • 激しすぎる 子育て(^o^;)

全170件中 1 - 10件を表示

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡崎 京子
安野 モヨコ
西原 理恵子
西原 理恵子
西原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印

毎日かあさん カニ母編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

毎日かあさん カニ母編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

毎日かあさん カニ母編のオンデマンド (ペーパーバック)

毎日かあさん カニ母編のKindle版

ツイートする