あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)

  • 216人登録
  • 4.29評価
    • (22)
    • (22)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 高田郁
  • 角川春樹事務所 (2017年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758441100

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 納まるべきところに納まった幸と智蔵。
    いよいよ、幸の胸のすくような活躍が始まる。
    一巻で、四代目徳兵衛に嫁ぎながら夫に愛想をつかし、実家に戻った元ご寮さんの菊栄。その立ち居振る舞いが魅力的で、一巻だけでこの物語から姿を消してしまうのは残念に思っていたら、前巻で幸と5年ぶりの再会。この巻では、幸にとってさらに貴重な役割、重要な存在になってくる。
    今後も、この二人、様々な関わり合いになっていきそうな予感。
    一気に第四弾まで読んでしまったが、第五弾は未刊行。
    今までの刊行間隔からすれば、次巻は来年の2月?
    楽しみに待つとしても、なるべき早い刊行をお願いします、高田郁様。

  • 幸が、四代目五代目そして六代目にも嫁ぐ事になる。
    人形と人形遣いの様な関係の夫婦は、知恵を働かせて商いを大きくしていこうとする。
    幸がお家さんとなって本格的に商いに邁進。
    この先、繁栄ばかりではないだろうが、どう大きくなっていくのか楽しみ。

  • もはや目が離せない。
    いわば職人としての
    ものつくりの矜持を持っていた澪とは違い、
    幸はまさしく商人。

    その天性は、自らがよしとするところに向かい
    おのずと解き放たれてきた。

    さらさらと流れていた小川は
    いまや周囲をも巻き込む奔流となり
    さらにその力を増すばかり。

    掛け値無しに面白い!

    大坂が舞台であり、史実も下敷きにあることが
    大阪に生まれた者の親しみと誇りにつながり
    これから起こるはずの
    天地鳴動(を起こしかねない幸の活躍)を
    期待してしまう。

    本当に面白い!

  • 高田郁『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』ハルキ文庫。

    シリーズ第4作。『女名前禁止』という掟のある江戸時代中期の大坂で、主人公の幸が商いの道をひたすら突き進む。幸の知恵と勇気と決断力。そして、商人としての心意気。何とも爽快で、感動的な物語が展開する。

    大坂天満の呉服屋・五鈴屋の五代目店主は隠居を申し出て、幸のもとから姿を消す。店主不在の危機にお家さんの富久は意外な決断を下す。

    次々と五鈴屋を襲う様々な危機を、持ち前の知恵と勇気と決断力で乗り越えていく幸の生きざまが清々しい。ラスト1行の幸の決断に心の中で拍手した。

  • なんとまあ、そうなるのね。今回の展開はちょっとやり過ぎかなーという気持ちが否めない。別に養子でもよかったんじゃないかとも思うけれど。できすぎる妻が疎まれるのはしょうがないのかな、もっと陰で守り立てるその能力があれば、話は変わってきただろうけれど。やっぱ夫としては不甲斐ないよねえ。現代ならさちは結婚なんてしないでバリバリ働くキャリアウーマンになるんだろうね。江戸だからムズカシイだけで。しかしこれといった失敗もなく実績を積んでいるさちはすごい。浄瑠璃人形とおなじ出で立ちでの観劇の件はちょっと感動。よく考えた。

  • 購入。

    いや、今回はマジでビックリしたよ!ついに三男と再婚だし(これは嬉しい(笑))、商売は上手くいくし。波乱万丈とはまさにこれだね。ラストの買い取り話もマジで!どうなることか。本当に次巻が気になるよ。早く続き出してください。

  • 4巻も面白かったです。始まりから怒涛の展開でした。去る人もいれば、戻ってくる人もいて、幸は今度こそ幸せになれそうです。やっぱり智ぼんさんはいい人だ。しっかり真摯に人と付き合い、生きていくって大切ですね。五鈴屋さんの、傘もかわいいと思いましたが風呂敷もかわいいな。なんだかとんとん拍子に上手く進んでいて、ちょっとドキドキします。最後の展開に、また続きがとても待ち遠しいです。

  • 今回の幸は、なかなか順調で嬉しい。
    あの人があっさり退場して、戻ってくる人もありで五鈴屋にとっても激動の展開。
    幸は、まっとうに生きているからいざというとき味方がでてきてくれる。
    そして、あの商才は目を見張るばかり。柔軟な発想が素晴しい。
    でも、あのラストは、またまた一波乱ありそうで続きが気になって仕方がない。

  • やっぱり高田郁作品は面白い!ラスト最高でした。早く続きが読みたい。智ぼんと一緒になれてホントよかったー

  • いやー、もう面白い!!
    高田郁さんはどれもいいけど、今の所このシリーズが最高かな。今後もっともっと面白い作品を描かれそうだけど、今の所は。
    三兄弟に嫁ぎ、やっと何もかもしっくり来る旦那さんに巡り合えて、幸の商いの剛腕もうなる、うなる!
    利も上げ、情もある商い。
    自分も見習わないといけない事がたくさんあるなぁ。
    この作品でぜひ直木賞を獲ってほしい!
    ま、受賞しなくても傑作という事実に変わりはないんだけどね。
    早く続きが読みたいー!

  • 想定通りというか、収まるところに収まったという気がする。これからは思うまま力を発揮するのではと思わせて落とすのが、この作家。どうなるのか、次回も楽しみです。

  • 一難去ってまた一難だけど、確実に幸は成長している。とにかく早く続きが読みたい。

  • シリーズ第4弾
    女は日陰の身ゆえに今まで出来ず歯痒い思いをしていた知恵を出して商いをすると言う事への幸の手腕が心地よく発揮できるようになって、見ていて気持ちがよかった。笑って勝ちに行く幸の逞しさは、決して独りよがりに笑っているのではなく関わる人全てに笑みがこぼれるような優しさが基盤になっている。決断力 実行力はお見事で、次なる難題にどう立ち向かうのか、早く次が読みたいな。

  • 最後はそうなるんだろうとは思っていたけど、智ぼんさんと仲良く商いができて、なんだか安心して読めた。

    お家さんが亡くなったのは悲しいし、頼りない気がする。でも、元番頭の治兵衛さんがだんだん元気になってこられたり、元嫁の菊栄さんと仲良く商売の話ができている。

    大店の店主の中にも幸の才を理解してくれる人がいたり、波村の養蚕農家や織子さんにも理解者が増えてきて、何か持ってる人は周りを自然に動かしていくんだと感じた。

    商売がだんだん広がっていくことに少々不安もあるし、隠居した惣ぼんさんがこのままではないだろう…とも思うし、智ぼんさんはこれから先ずっと大丈夫か?など先にまだまだ見えない楽しみがあって、続編を心待ちにするところ。

  • みおつくし料理帖は、ご寮さん、種市さん、おりょうさん、源斉先生、小松原さま、美緒さんといった魅力的な人たちのなかで澪ちゃんが少しずつ成長していくのが好印象でした!

    一方、あきない世傳金と銀の幸さんは結構淡々としていて、旦那さんが変わるたびに「前の旦那さん、これまでありがとうさんでした」と手を合わせ、さぁ次!と案外さっさと気持ちを切り替えていくので、えっ!?早!!と思わず口に出して突っ込んでしまいました。今度こそ智ぼんさんとうまくいってほしいな。。。

    しかし今回も物語終盤の展開はスピード感抜群で、早くも半年後の新刊発売が待ち遠しいです。

  • このシリーズは今までの高田郁作品と違う、登場人物がそれぞれ人間臭いのが良い。
    皆が良い人、ではないところが面白い。
    そして艶っぽいことも少し出てくる。
    高田郁さんの挑戦と幸の成長が楽しみです。
    楽しみなんですが、今回も気になるところで終わってくれて、最低半年待つのが辛いです(泣)
    こんなに早くに智ぼんと結婚するとは思ってなかったけれど、ようよう考えたら幸が商いの道を進むには、確かにそうするのが一番なのかもしれませんね。

    最近、人形浄瑠璃(文楽)を聴き始めたひよっこなので分かる演目と分からない演目があり、それもちょっと楽しかったです。この秋冬2017-2018の文楽地方公演に曽根崎心中があるらしいので、行けそうなところに行こうかな。

  • 旅行中に読んだこともあり
    レビューを後回しにしたんですが……

    ネット上では、予測をしていた方々がおられたようで
    私は、どうなのかな? その通りになるのかな? と思っていたんですけれども……

    やはりそう来たんですね、次男惣次との離縁、三男智蔵との結婚。

    さすがに三人目ともなると(最初の跡取りから次の跡取りというのはあった)
    世間の目も冷たく。
    でもやり遂げようとしたわけですねえ。

    みをつくしと比較なさる方の気持ちも分かるし、
    違いを出さなきゃならないのも分かるかな。
    澪と幸、違うタイプの優等生というか。

    次はどうなるのか。

    追記 本作でも、幸とお竹どんのやりとりを嬉しく読んでいました。
    お竹どんも五十鈴屋に欠かせない人ですよね。

  • 五鈴屋を守り立てようと奮闘する幸のシリーズ4作目。やっと通じあえると信じた夫が失踪。またも窮地に立たされた五鈴屋。幸はどうするのか、そして年老いた富久は、五鈴屋の行く先は。思いつきを形にすることで、女では主になれない大阪の商売に、挑んでいく。あの人はラスボスなのかそれとも白馬の王子になってくるのか。

  • 大阪商人の志す商いには、「利」と「情」の両方が不可欠。両方が揃って初めて、血の通わぬ金銀に息を吹き込むことができる。
    利だけに偏るのも、情だけに偏るのも違う…桔梗屋の救済に名乗りを上げた五鈴屋の行方は。
    超絶続きが気になる終わり方!

  • 思ってたとおりの!!

    ほんにお似合いどすなぁ(にこにこ)

  • 良かった、良かったんだけどさすがに智蔵さんの妻ってはどうよ?
    惣治さん良かったのになぁ。
    相変わらず面白く商売に真摯で熱心な幸を尊敬するするのだけど、なんかちょっとだけ違う気がしてきた。
    「器量良しなご寮さん」なのが読み手に少し反感というか、「みをつくし」シリーズのように、心から応援がしにくくなるというか、共感が覚えなくなるといか、私の心が狭いせいだろうか。
    幸がたんたんとしていて、うーんという気がする。とはいえ次も楽しみに買っちゃうんだけど。

  • シリーズ4冊目。ここまで男で苦労してきた幸がようやく商売に専心できるようになって、店の将来のことを前向きに考えられるようになっていくのが読んでいて嬉しい。智ぼんさんいい男……よかったねえ……(しみじみ)最後の啖呵が小気味よかった。5巻も楽しみに待ちます。

  • 次から次へとまあ。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。二度と戻らない、という惣次の決意を知ったお家さんの富久は、意外な決断を下す。果たしてその決断は五鈴屋を、そして幸を、どのような運命へと誘うのか。大人気シリーズ第四弾!

全26件中 1 - 25件を表示

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする