美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Book

  • 40人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 北川フラム
  • 現代企画室 (2014年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773813180

美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Bookの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日ファーレの記念イベントでアートディレクターをつとめた北川フラムさんの話を聞いて、興味を持って読んでみた一冊。大地の芸術祭のコンセプトブックとして越後妻有アートトリエンナーレの作品それぞれの紹介や背景、注目すべきポイントなんかが書かれていてとても興味深く読めました。パブリックアートの先駆けとなったファーレ立川アートのことも書いていて、立川から越後妻有に持ち込まれた思いがあることを初めて知って、こういった本が一冊ファーレ立川を題材にしてあったりすると、興味を持ってくれる人はいるんじゃなかろうかと思えたり、なにはともあれ大地の芸術祭に出掛けてみたいと思えた一冊でもありました。

  • 2000年から新潟県の十日町市・津南町で3年に1度開催されている「大地の芸術祭〜越後妻有アートトリエンナーレ」その総合ディレクター、北川フラム氏が自ら紐解く芸術祭のこと。
    第5回(2012年)までに至る、アートという異質なものを、高齢化が進む中山間地に届けるまでのエピソードが興味深い。
    先日終わった、第6回の名残を惜しむのと、縁あって1回目から足を運び、今では地元住民となった自分にとっての、今の地域の積み上げた風土の理解として手に取る。
    知り得る限り、これだけでは語り尽くせないことも多いだろう。だけど、今度この越後妻有を訪れる時には、一読していただけると、きっともう少しアートとこの土地が素敵に見えると思う。そう、アートの向こうに地域と集落があり、そこには来る人や作家を楽しみに待つ地域の人がいる。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784773813180

全3件中 1 - 3件を表示

北川フラムの作品一覧

北川フラムの作品ランキング・新刊情報

美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Bookを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Bookの作品紹介

「アートによる地域づくり」のパイオニアとして、
日本のみならず、世界に影響を与えてきた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の全貌

瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターとしても知られる北川フラムがその原点、大地の芸術祭の構想から現在まで17年に及ぶプロジェクトの軌跡、手法を過去5回の芸術祭で生み出された膨大な作品のヴィジュアルと共に、多面的に開示する決定版! 安齊重男、森山大道らによる作品写真を多数収録!

<本書について>
90 年代後半、なにも前例のない構想に地域でとりかかったときの生みの苦しみから、一定の成果を収めたうえでの新たな展開の模索、さらに社会の意識や経済状況の変化、自然災害などさまざまな追い風、逆風にもまれながらプロジェクトが拓いてきた現時点の展望まで、豊富なアート作品写真、実践の紹介とともにディレクター自ら縦横無尽に語り尽くします。

本書目次
グローバリゼーション時代の美術

作品編
Concept 01 アートを道しるべに里山をめぐる旅
Concept 02 他者の土地にものをつくる
Concept 03 人間は自然に内包される
Concept 04 アートは地域を発見する
Concept 05 あるものを活かし新しい価値をつくる
Concept 06 地域・世代・ジャンルを超えた協働
Concept 07 公共事業のアート化
Concept 08 ユニークな拠点施設
Concept 09 生活芸術
Concept 10 グローバル/ローカル

ドキュメント編

アーティストインデックス


<大地の芸術祭受賞歴>
2001年、ふるさとイベント大賞(総務大臣表彰)/2002年、東京クリエイション大賞アートシーン創造賞/2005年、地域づくり総務大臣表彰/2007年、第2回JTB交流文化賞優秀賞/2009年、第7回オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)/2009年、ニューツーリズム開発部門賞及び審査員特別賞(日本旅行業協会)/2010年、「地域づくり表彰」国土交通大臣賞

東の「大地の芸術祭」、西の「瀬戸内国際芸術祭」は、現代美術による地域再生の方程式だ! ―福武總一郎

大地の芸術祭は、アートを通じて未来の“希望のムラ”を構想する社会運動である。一昔前であれば、それは“革命”と呼ばれたものかもしれない。 ―太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター)

創造力の挑戦、野心的な試みの国際展 ―ガーディアン(イギリス)

越後妻有に匹敵する美術展は世界にない。 ―ル・モンド(フランス)

美術は終わったという声は小さくないが、私は妻有で、そんなことはないでしょうという声を聞いたような気がする。 ―中原佑介(美術評論家)

美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Bookはこんな本です

ツイートする