新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)

  • 299人登録
  • 3.65評価
    • (28)
    • (9)
    • (51)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
制作 : 増沢 和美  新美 美葉  塩野 未佳 
  • パンローリング (2005年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775970492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ベンジャミン・グ...
デイル ドーテン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 株式投資の教典と言える本。
    将来の為に資産運用するなら、読んでおくべきでしょう。
    特に世界一の投資家であるウォーレンバフェット氏の師匠というべき方。
    企業は価値で買うもの。どんなに良い業績の会社でも実際の会社の価値以上に値を付けていたりすれば、買わない。
    本源的な企業の価値を見極める大切さを説いた本です。

  • 投資には人それぞれやり方がある。
    デイトレーダー、ミセスワタナベ、バリュー投資家など。

    中でも僕はバリュー投資家を目指そうと考えた。
    なぜならウォーレン・バフェットがそうであり、
    成功している人に学ぶのが一番重要だと思ったからだ。
    そして色々勉強しているうちに彼の師匠、
    グレアム氏の名著「証券分析」を読んでみたのだが、
    全くわからなかったので初心者でも読みやすい本書を購入した。

    投資家には防衛的投資家と積極的投資家がある。
    防衛的投資家とは日々の仕事以外の時間を投資の勉強などに
    あてることが出来ない人である。
    彼らには債券の比率を25-75%とし残りを株式での運用が好ましい。
    一方で積極的投資家は自分の時間にも積極的に株の勉強に当て、
    いわゆる相場が低迷したときに株を買い、
    上昇したときに売ることができる人である。

    僕はどうだろうと考えたところ、やはり防衛的投資家から始めるべきだと感じた。
    なぜならリーマンショックやついこの間まで
    日経225が8000円代前半をつけていたとき、
    株の買い増しを検討しなかったからだ。
    あの時に株を買い増し出来るほどの、勇気がなかった。
    日本株が長期的に停滞するだろうと思っていて、
    とてもじゃないけど強気になれなかった。

    でも積極的投資家はあの時に動けていた。
    市場が弱気になっているときこそ最大のチャンスだと捉えている。
    僕が一番反省しているのは正にこのこと。
    世間の行動に流されるのではなく、自分の信念を持って投資をすることだ。

    一方で僕のポートフォリオ、債券の比率が25%以下なのよね。
    主に投資信託やETFを中心にやっており、それらは株に特化している。
    普通株は1銘柄持っているが、これは勉強のために購入した。
    今の僕がやらないといけないのは、優良銘柄を見つけることと、
    軍資金をためることだ。

    優良銘柄といっても、一言で言うと簡単だが実際はものすごく難しい。
    本著では比較的人気のない大企業を勧めている。それだとわかりやすい。
    東電、パナソニック、シャープといったところか。
    もう一つは割安証券を見つけること。バフェット氏はこれのプロだ。
    将来の収益を予測して、現在の価値が著しく低く見積もられている銘柄を見つける。
    簡単に書いているけど、これが非常に難しい。

    お金に働いてもらうというのは、
    すごく大変な作業ではあるがやる価値がある。
    僕は投資を究めれば究めるほど、それは人生を豊かにするのではないかと思っている。
    だから今は防衛的投資家でもいずれ積極的かつ
    賢明な投資家になってみせます。

  • 投資家の心構えとはこうあるべき、を教えてくれる。アメリカの市場を中心に書かれているため多少理解しづらい部分はあるが、あまり気にならない。

    注解も理解を深める上で役立つ。何度も読み返したい本です。

  • 20世紀最大の投資アドバイザー、ベンジャミン・グレアムによるバリュー投資哲学を説いた本。防衛的投資家の章と積極投資家は必読。「投資とは他人のゲームで他人に勝つことではない。自分のゲームで自制することなのだ」は名言。インデックスファンドに投資するか、割安な二流株に投資するかを選ぶべし。後者は、企業の有形資産価値と極めて近似した価格の株に投資(プレミアムが付いてもその1/3以下に)すべし。

  • 投資の心得やバリュー投資のアドバイス。ベンジャミン・グレアム氏の教えに、別の人物が注解をいれている。グレアムはバフェットが推奨。

    注釈・注解もおもしろい。
    ところで、数値がおおいのなら横書きがよい。せめて英数字がよい。

    C2033

  • 和図書 338.1/G76/1
    資料ID 2012102695

  • アメリカの話に終始しているので、日本の株式市場でもうまく生かしていかなくてはならないと感じた。

  • バフェットの流儀を理解する上で、グレアムとフィッシャーは避けて通るわけにはいかない…ということで読んだ。「現代に合わせた注釈」が無いバージョンで充分だったかも知れない。

  • バリュー投資のバイブルと言える書籍。これを知らない投資家とか・・・。新版は注釈が色々ついてます。

  • 2012/10/06
    再読。昔読んだ時よりよく意味が分からなかった・・。こんなによく分からない本だったかなぁ・・。

    2009/07/26
    部分的に再読。

      株式市場との付き合い方を学ぶにはこれ以上の本はないでしょう。

      株価が大幅に下がったときは様子を見る投資家が多いけれど、財務諸表が読めてその企業の本当の価値を認識している投資家にとってはこの上ない買い場になる。株価がグンと下がったときのほうがリスクは少なく大きなリターンが望める。悲観主義者から買って楽観主義者に売る、という言葉がとても印象的。


      まぁ・・それは分かっていても企業の実際の価値がどれくらいかを算定する方法がよく分からないです・・。


      グレアム、バフェットなどの長期バリュー投資全般に言えることですが、投資資金が多くないとメリットは少ないように感じます。例えば5年で100億が倍の200億になることには意味がありますが、10万円が5年で20万円になっても・・。

    ----
    2009/03/22
    再読

      バフェットのお師匠さんであるベンジャミン・グレアムの投資の名著。

      投資と投機の違いを明確に定義し、投資を成功させる方法を書いている。株式市場を”躁鬱病のミスターマーケット”という人物にたとえている部分は秀逸だと思います。

      最近の出来事と関連して印象に残った部分があったので引用して残しておきます。

    以下引用p255
    ----
      こうした要因から結論はこうなる。上昇相場の中ごろから新規公開が始まり、その価格はそこそこ魅力的なものであり、初期の公開株式を買った人は大きな利益を手にすることができる。相場上昇が続くと、この種の株式が相次いで公開され、それにつれて上場する企業の質が次第に下がってくる反面、公開示の売り出し価格は法外なほどに高くなる。上昇相場の終焉を示す確かな兆候のひとつとして、得体の知れない小企業の株式が、株式市場において長い歴史を持つ中堅企業の株価よりも高値で売り出されることが挙げられる(特筆すべきは、この種の株式の公開には一流の投資銀行は通常関係しないことである)(注10)。
    ----
    引用終了

      何度も読む価値のある良書です。

      なお、私は投資をするためというよりは、投資家から見たよい経営を知りたくて本書を読んでいます。私は株式投資の経験はありません。

  • ●未読
    「お金は銀行に預けるな」(勝間和代)p.189【投資に関する名著×10】でも紹介。

  • 20世紀最大の投資アドバイザー,グレアムのバリュー投資がわかる一冊である。(上下巻)

  • 20世紀を代表する投資アドバイザー・ベンジャニン・グレアムの投資哲学は時代を超えてバリュー投資の教科書となるだろう
    。それも理論偏重の教科書ではなく、長年
    の市場でのパフォーマンスによって証明されている教科書として。

  • バリュー投資といえばこれでしょう!さあ、みなさんここからはじめましょう!めざせ投資マニアへの道!

  • バリュー投資を行う上でバイブル的な書籍でしょうか.まだまだ投機家なKAYですが、いつかは「賢明なる投資家」になりたいものです.

全22件中 1 - 22件を表示

ベンジャミン・グレアムの作品一覧

ベンジャミン・グレアムの作品ランキング・新刊情報

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)を本棚に登録しているひと

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)の作品紹介

20世紀最大の投資アドバイザー、ベンジャミン・グレアムは世界中の人々に投資教育を施し、インスピレーションを与えてきた。グレアムがその「バリュー投資」哲学-投資家が大きな過ちから身を守り、長期的な戦略を立てるよう導くもの-を明らかにした『賢明なる投資家』は、1949年に初版が出版されて以来、株式投資のバイブルとなっている。グレアムの投資戦略の英知は、長年の市場の動きによって証明されている。この改訂版は、グレアムの原文を完全な状態で残し、著名な金融ジャーナリストであるジェイソン・ツバイクが今日の市況を視野に入れつつ新たな注解を加え、グレアムの挙げた事例と最近の事例とを対比させる形をとっており、読者がグレアムの原則をどう応用したらいいのかがより深く理解できるようになっている。

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)はこんな本です

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)のKindle版

ツイートする